car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アイシス一部改良でJC08モード燃費向上の最終モデルへ、次期モデルは無し

トヨタ・アイシスが一部改良、最終型へマイナーモデルチェンジ

トヨタのミニバン、アイシスの一部改良が2016年4月6日に実施される予定となっている。

(写真は現行アイシス)
アイシス トヨタ

今回の一部改良はパワートレインの変更も含まれており、FF車のJC08モード燃費は現行15.2km/Lから15.4km/Lへ僅かに向上する。実用燃費ではさほど違いが出そうにないが、2016年4月から改定されるエコカー減税の燃費基準に合わせたものとなる。

アイシス フロントグリル アイシス リアコンビネーションランプ

この他に、インテリアの質感向上や装備の充実が盛り込まれる。エクステリアについては、新型シエンタ風になるという噂もある。

トヨタ アイシス スライドドア

アイシス一部改良で価格設定も見直し、装備充実で若干の値上げ

アイシスは車両価格も見直される。FF 1.8Lのエントリーモデル、L”X-セレクション”は199万145円からとなり、現行から約1万5千円の値上げとなる。続いて、Lが207万2618円、Gが226万5055円、プラタナが220万3200円、プラタナVセレクション233万6727円となる。L、G、プラタナ、プラタナVセレクションには4WDモデルが約24万円高で設定される。

FF 2.0Lモデルも継続され、Gが239万5637円、プラタナが241万9200円、プラタナVセレクションが250万9527円となる。

(写真は新型シエンタ)
シエンタ

現行アイシスは2004年発売の販売期間12年にもなるモデルである。一部改良どころかフルモデルチェンジが待望される時期に来ているが、開発中のモデルで直接的な後継車と思われるものは見当たらない。今回の一部改良がアイシス最終型ということになり、あと数年の販売の後にカタログ落ちとなる見込みだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

アイシス

アイシス

代表グレード

L Xセレクション

発売日

2016年4月

2016年4月

型式

DBA-ZGM10G

DBA-ZGM10G

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

7名

7名

全長(mm)

4635

4635

全幅(mm)

1695

1695

全高(mm)

1640

1640

ホイールベース(mm)

2785

2785

トレッド 前(mm)/後(mm)

1480/1465

1480/1465

室内長(mm)

2705

2705

室内幅(mm)

1470

1470

室内高(mm)

1315

1315

車両重量(kg)

1440

1440

エンジン型式

2ZR-FAE

2ZR-FAE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1797

1797

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

80.5×88.3

80.5×88.3

最高出力

143ps(105kW)/6200rpm

143ps(105kW)/6200rpm

最大トルク

17.6kg・m(173N・m)/4000rpm

17.6kg・m(173N・m)/4000rpm

圧縮比

10.6

10.6

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

60

60

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

15.4

15.4

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

195/65R15

195/65R15

タイヤサイズ(リア)

195/65R15

195/65R15

最小回転半径(m)

5.4

5.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

1,990,145円

2,072,618円

車名

アイシス

アイシス

代表グレード

プラタナ

発売日

2016年4月

2016年4月

型式

DBA-ZGM10W

DBA-ZGM10G

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

7名

7名

全長(mm)

4640

4635

全幅(mm)

1710

1695

全高(mm)

1640

1640

ホイールベース(mm)

2785

2785

トレッド 前(mm)/後(mm)

1480/1465

1480/1465

室内長(mm)

2705

2705

室内幅(mm)

1470

1470

室内高(mm)

1315

1315

車両重量(kg)

1440

1440

エンジン型式

2ZR-FAE

2ZR-FAE

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1797

1797

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

80.5×88.3

80.5×88.3

最高出力

143ps(105kW)/6200rpm

143ps(105kW)/6200rpm

最大トルク

17.6kg・m(173N・m)/4000rpm

17.6kg・m(173N・m)/4000rpm

圧縮比

10.6

10.6

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

60

60

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

15.4

15.4

サスペンション(フロント)

ストラット式

ストラット式

サスペンション(リア)

トーションビーム式

トーションビーム式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ドラム

ドラム

タイヤサイズ(フロント)

195/65R15

195/65R15

タイヤサイズ(リア)

195/65R15

195/65R15

最小回転半径(m)

5.4

5.4

トランスミッション

CVT

CVT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,203,200円

2,265,055円

過去記事(2016/01/27)

トヨタ・アイシス販売続行、4月に一部改良で燃費性能にテコ入れ

アイシスが一部改良、ロングセラーミニバンの販売はまだ続く

アイシスは2004年から販売されるトヨタのロングセラーミニバン。その一部改良が2016年4月6日に予定されている。

(写真は現行アイシス)
アイシス

アイシスは今年で13年目の販売に突入することになる。エクステリアデザインはさずがに古さを感じるが、ノアよりも全高が低く抑えられているため自然な乗車ポジションと、対応できる駐車場が多いというメリットもあってか、これまで販売が継続されてきた。

トヨタ アイシス

助手席側はリアスライドドアとピラーレス構造で後席へのアクセス性が高いのも大きな魅力の一つだ。

新型アイシスは燃費性能向上、数年後はカタログ落ちになることが予想される

アイシスの一部改良では燃費性能の向上が盛り込まれる。現行モデルのJC08モード燃費は15.2km/Lであり、ここから幾らか改善することになる。最新ノアの2.0Lガソリンモデルが16.0km/Lであることを考えれば、基本が古いモデルながらもまずまずの数値となりそうだ。今回パワートレインに手が加えられるということは、まだしばらくはラインアップに残ることになるだろう。

(写真はシエンタ)
シエンタ

ただしトヨタでは、このアイシスを含む2000年前後に投入されたミニバン車種は今後は車種統合されラインアップが減らされる方向にある。次期アイシスの開発は行われておらず、数年後には姿を消すことが予想される。

(写真はノア)
ノア

トヨタのミニバンは、コンパクトクラスのシエンタ、2.0Lクラスのノア&ヴォクシー&エスクァイア、ラージクラスのアルファード&ヴェルファイアと、3つのボディサイズとこれらの姉妹モデルに集約されることになる。

(写真はアルファード)
アルファード

過去記事(2015/02/28)

アイシスは後継モデルなし、ノア、ヴォクシー、エスクァイアに統合される

アイシスはカタログ落ちへ、2.0Lクラスミニバンはノア系統へ統合

(写真はアイシス 2013年モデル)
アイシス

アイシスは2004年にデビューしたトヨタのミニバン車種。既に10年を過ぎるモデルであるが、フルモデルチェンジを受けずに今なお販売が経過されている。

トヨタ アイシス

一方でトヨタでは、ミニバン車種の再編が進められている。かつてのミニバンブーム時には多くの車種がラインアップされたがこれらを整理。特に2.0Lクラスについてはノアとその姉妹車のヴォクシーが昨年2014年にフルモデルチェンジしたことでシリーズが継続されることになり、さらに高級志向の姉妹車としてエスクァイアがラインアップに加わった。実質的には1車種の開発で多くのニーズに応えることになる。

(写真はエスクァイア)
エスクァイア エスクァイア トヨタ

アイシスは受注生産のみによる販売、ノア、ヴォクシー、エスクァイアが実質的に後継

そんな中、アイシスのカタログ落ちが確定的となっており、既に受注生産のみの体制に切り替わっている。アイシスはセダンからの乗り換え需要に応えるためミニバンとしては比較的全高が低く抑えられたモデルである。

ノア、ヴォクシー、エスクァイアらは全高1850mmに設定されることで広いキャビンスペースが優先されたモデル。これらに対しアイシスは全高1640mmに抑えられ、よりセダンに近いドライビングポジションが与えられたモデルとなる。

(写真はホンダ・オデッセイ)
新型オデッセイ ホンダ新型オデッセイ 東京モーターショー

こういった全高の低いセダン寄りなミニバンは淘汰されるトレンドにあり、日産はラフェスタの自社開発生産を止め、現行モデルではマツダからOEM供給されたプレマシーを販売している。さらに最近ではホンダがオデッセイを全高アップさせて、居住性を向上させている。

過去記事(2011/06/03)

ミニバン(2.0Lクラス以下)実用燃費ランキング 1位~5位

小型ミニバンのユーザー投稿による実燃費をランキング

ミニバンは燃費が悪いと言われているが、それでも最近のモデルは改良が進み、燃費が良くなっている。
1.5Lエンジンのミニバンも人気が出てきており、ユーザーの燃費に対する意識が高くなっていることを反映している。

ミニバン(2.0Lクラス以下)実用燃費ランキング6位~

1位:トヨタ ウィッシュ 実用燃費12.33km/L

(10・15モードカタログ燃費 16.4km/L)
1.8Lエンジンながら2位、3位の1.5L車を凌ぐ実燃費性能には驚かされる。
エンジン出力に余裕があるため、無理なアクセルの踏み込みが少なく、結果的にガソリン消費は少なくなった。
3列目シートのある小型ミニバンでは1.8Lエンジンが燃費性能で最もバランスがいい。

2位:トヨタ パッソセッテ/ダイハツ ブーンルミナス 実用燃費12.16km/L

(10・15モードカタログ燃費 15.6km/L)
すこしマイナー車だが、パッソのリアを延長させて、補助席程度の3列目を付けたのがパッソセッテ。
そのOEM姉妹車種がブーンルミナスである。
3列目シートは大人が常用できるものではないが、普段はコンパクトカーに近い取り回しで使い勝手がよく、緊急時には7人まで乗れると利便性は高い。
コンパクトカー並みの車体価格149万円も魅力的だ。

3位:ホンダ フリード 実用燃費12.13km/L

(10・15モードカタログ燃費 17.0km/L)
1.5Lエンジン搭載でカタログ燃費はNo.1だが、実燃費では1.8Lエンジンのウィッシュに負けてしまった。
1.5Lとは言え、ホンダi-VTECエンジンは良く回り、パワーに不足は感じない。
自動車税が安いのも魅力だ。
全高が高いので3列目シートはこのクラスとしては余裕がある。
3列目シートを外して、広いラゲッジルームにした、フリードスパイクも人気がある。

4位:トヨタ アイシス 実用燃費11.75km/L

(10・15モードカタログ燃費 16.4km/L)
パワートレーンに関しては1位のウィッシュと共通となるが、全高がやや高くスライドドアを備えている。
車体重量が重いので、燃費性能に関してはウィッシュに劣る。
助手席側はピラーレス構造になっており、助手席ドアとスライドドアを開くと広い開口面積が取れる。

5位:日産 セレナ 実用燃費11.44km/L

(10・15モードカタログ燃費 15.4km/L)
エコモデルチェンジしただけあって燃費性能は、ステップワゴン、ノア/ヴォクシーのライバルに勝つことができた。
アイドリングストップ機能を装備しているが、一般的なものより低騒音、高速再始動が特徴となっている。
4代目というだけあって、運転のしやすさ、シートアレンジ、収納といった基本性能もしっかり押さえてきている。
セレナぐらいの車体サイズになると3列目シートも大人が座ることができる。

2.0Lクラス以下ミニバン実燃費 1位~5位のまとめ

ミニバンではトヨタ車の燃費の良さが目立つ。
足回りはプアだが、車体重量や転がり抵抗をできるだけ抑えた割り切った設計が燃費の面ではプラスとなった。
そんな中、セレナが健闘したのが印象的だ。
車体重量が重く、風の抵抗を受けやすいミドルクラスミニバンとしては、相当いい燃費性能だ。

ミニバン(2.0Lクラス以下)実用燃費ランキング6位~

過去記事(2011/03/13)

プリウスα/ウィッシュ/アイシス/ストリーム/プレマシーの比較評価

ローハイトミニバン6車種を比較してみる

全高が1700未満のミニバン6車種を比較評価してみる。
比較の対象になるのは、トヨタからはプリウスα、ウィッシュ、アイシスの3車種。
ホンダのストリーム、マツダのプレマシー、そして日産のラフェスタだ。
全高が低いミニバンは、運転のしやすさと、室内の広さのバランスがよく人気の高いカテゴリーである。
プリウスαを除く、5車種は価格が180万円前後のベースグレードで比較してみる。

スペック表

メーカー トヨタ トヨタ トヨタ ホンダ マツダ 日産
モデル プリウスα ウィッシュ アイシス ストリーム プレマシー ラフェスタ
グレード 1.8X L “X-SELECTION” X 20CS JOY X
メーカー希望小売価格 予想300万円~ 1,840,000円 1,887,000円 1,820,000円 1,799,000円 1,793,400円
型式   DBA-ZGE20G-HPXNP DBA-ZGM10G-AWXEP DBA-RN6 DBA-CWEFW DBA-B30
駆動方式 FF FF FF FF FF FF
全長(mm) 4615 4590 4635 4570 4585 4530
全幅(mm) 1775 1695 1695 1695 1750 1695
全高(mm) 1575 1590 1670 1545 1615 1600
ホイールベース(mm) 2780 2750 2785 2740 2750 2700
室内長(mm) 2660 2705 2605 2565 2690
室内幅(mm) 1470 1470 1460 1490 1420
室内高(mm) 1315 1315 1250 1240 1255
車両重量 1340 1520 1360 1470 1410
最小回転半径 5.3m 5.5m 5.4m 5.3m 5.1m
リアドア ヒンジ ヒンジ スライド ヒンジ スライド スライド
サスペンション前 ストラット式 ストラット式 ストラット式 ストラット式 ストラット式
サスペンション後 トーションビーム式 トーションビーム式 ダブルウィッシュボーン式 マルチリンク式 トーションビーム式
エンジン 1.8L 1.8L 1.8L 1.8L 2.0L 2.0L
2ZR-FXE 2ZR-FAE 2ZR-FAE R18A LF-VD MR20DE
4気筒 4気筒 4気筒 4気筒 4気筒 4気筒
DOHC
ハイブリッド
リチウムイオン電池
DOHC DOHC SOHC DOHC DOHC
トランスミッション CVT CVT CVT 5AT 5AT CVT
10・15モード燃費 16.4km/L 13.6km/L 15.0km/L 15.0km/L 15.0km/L
JC08モード燃費 13.4km/L 13.0km/L

車体サイズ

今回の比較車種は全ての全高が1700mm未満である。
その中でもストリームは、多くの立体駐車場(タワーパーキング)での駐車にも対応できる全高1550mm未満を達成しており、他車種よりも全高の低いフォルムが特徴的である。
アイシスの全高は1670mmとやや高い。
プリウスアルファ、プレマシーは全幅が大きいの注意したい。他は5ナンバーサイズの全幅に収まっている。
ウィッシュにも3ナンバーサイズの全幅を持つモデルが存在する。

室内サイズ

ストリーム、プレマシーが寸法上小さい。狭いと言うほどでもないが、ミニバンらしい広々感を求めるなら、ウィッシュ、アイシス、ラフェスタの選択がよいだろう。

スライドドア

リアドアにスライドドアを装備しているのは、アイシス、プレマシー、ラフェスタの3車種。
プリウスアルファ、ウィッシュ、ストリームに関しては、ヒンジドアとなっている。

乗り心地

ユーザーによる口コミで乗り心地に関して最も評価が高いのはプレマシーである。
このクラスの車体サイズになると、コンパクトカーや軽自動車のように極端に乗り心地の悪い車種は無いが、ウィッシュとアイシスに関しては、悪路になると、ボディの大きさを感じるし、揺すられる度合いが強くなる。

タイプごとのお薦め車種

プリウスアルファ

ハイブリッドに憧れる人はプリウスαがお薦め。
2011年4月下旬にデビューが予定されている、7人乗りプリウスは人気を集めることが予想される。
車体価格として300万円以上が予想されており、注目は集めるもののハイブリッドに拘る人でなければ手が出にくい価格だ。
同時期に発売される5人乗りワゴンのプリウスアルファは廉価なニッケル水素電池を採用し、200万円台半ばの車体価格が予想されている。
安いプリウスアルファとエクステリアデザインがほぼ同じになってしまうのは、プリウスαの欠点。

ウィッシュ

燃費と室内の上質さに重点を置きたいならウィッシュがお薦め。
車体重量が軽く、トランスミッションにCVTを採用しているので、ノーマルガソリン車の中で燃費が最もいい。
インテリアもトヨタらしく仕上がりのいいもので満足できる。

アイシス

できるだけ広い室内でスライドドア付きに拘るならアイシスがお薦め。
比較車種の中では最も車体が大きく、室内にも余裕がある。
インテリアの質感も評判がいい。
左側ドアがピラーレスになっているのも特徴。大きな開口面積を確保することができる。
車体重量が1.5tをわずかに上回っているので、重量税が5000円アップするのはデメリット。

ストリーム

ストリーム
走りに拘るならストリームがお薦め。
ウィッシュ、アイシス、ラフェスタはファミリーミニバンとして割り切った走行性能であるのに対し、ストリームは足回りが優秀でセダンに乗っているような運転感覚は評価が高い。
全高が低いため、ステーションワゴンのようなイメージだが、中は意外と広く快適なドライブが可能だ。
タワーパーキングに駐車する機会の多い人は、ストリームしか選択肢はない。

プレマシー

プレマシー
プレマシーはほとんどの人にお薦めできる。
ウィッシュなどに比べて安い車体価格にもかかわらず、2.0Lエンジンを採用している。多人数乗車で出かけるときもストレスのない加速が可能だ。
さらにボディ剛性が高く、サスペンションにはコストの高いものを採用しているので、ハンドリングや乗り心地が優秀だ。
比較車種の中では最もお買い得感がある。
ただし、インテリの質感が他車種に比べチープな感じがするのがデメリット。エクステリアもアクが強く、抵抗感のある人も多いだろう。
見た目で判断できる部分に抵抗がなければ、コストパフォーマンスの高い車種である。

ラフェスタ

価格重視ならラフェスタがお薦め。
ラフェスタはデビューから年数が経っており、やや古い車となる。
古い車種なので大幅な値引きが期待できる。
さらに元々低い価格設定であることも相まって最も安い見積もりになるだろう。
デメリットとしては、今から買う新車としてはエクステリアデザインが古い。人によっては飽きが来るのも早いので注意しよう。
プレマシーと同じく2.0Lエンジンを採用しているのは魅力だ。
低価格のベースグレードJOY Xにも助手席側電動スライドドアが装備される。

過去記事(2011/03/02)

アイシス(トヨタ)の口コミ評価と中古車相場

アイシスはトヨタの5ナンバーサイズ7人乗りのローハイトミニバンとして人気がある。
同じく人気のウィッシュとキャラクターが近いが、ウィッシュはヒンジドア、アイシスはスライドドアなのが特徴だ。
上級グレードのプラタナは全幅1700オーバーの3ナンバー車となる。
2004年のデビューから年数が経過している。中古車でミニバンを探している人にとっても購入候補になるだろう。

アイシスはこんな車

スペック

isis-spec
ノアやヴォクシーなどよりも全高が低い、ローハイトミニバンに属する。ミニバン特有の運転感覚が苦手な人もアイシスなら通常のセダンより少しアイポイントが高くなった程度なので、受け入れられやすい。
ライバルは、同じくスライドドアを持つマツダ・プレマシー、日産・ラフェスタが挙げられる。

実燃費

アイシスは街乗りでは10~12km/L、郊外で12~13.5km/Lぐらいの実燃費報告が多い。
このクラスのミニバンとしてはまずまずの数値である。
トランスミッションにはCVTが採用されている。極端に燃費のいい車ではないが、ライバル車より劣るということはない。
アイシス

アイシスの長所

アイシスはトヨタらしくインテリアの質感がいいのが長所としてあげられる。コストダウンを感じさせない内装の仕上がりは口コミでも評価が高い。
室内は広々として、ミニバンらしい開放感がある。
車体は助手席側がパノラマオープンドア(ピラーレス構造)になっている。フロントのヒンジドアとリアのスライドドアを開けた時に広い開口面積が取れ、後席へのアクセスがしやすい。荷物の出し入れも楽にできる。
左側がピラーレスの構造の割には、走行安定性は確保されている。この手のユーティリティー性の高いミニバンは走行時のふらつきを指摘されることが多いが、アイシスは車体剛性が破綻しているようなことはなく、むしろ高速巡航のしやすさを挙げている口コミも見られた。
全高180cm前後のミニバンから乗り換えた人なら、乗用車らしいしっかりした乗り味に満足を覚えるだろう。
シートアレンジも多彩な設定が用意されている。このあたりはトヨタ車ならではの親切さを感じる部分である。

アイシスの短所、欠点

アイシスの欠点は決してスポーティーとは言えないハンドリングだ。
ノアやヴォクシーでなく背の低いアイシスのようなミニバンを選ぶ理由として、運転のしやすさを挙げる人も多いだろう。そういう人にとってアイシスは少し物足りない車として感じてしまう。
ハンドル操作の少ない高速巡航では、しっかり走れるものの、コーナが続く道路ではステアリングの反応が遅くストレスが溜まる。
大きくて重い車体を引きずっているような運転感覚で、ミニバンそのものの走りだ。このあたりに不満を感じそうな人はマツダ・プレマシーを選択したほうがいい。
インテリアのセンスが少々古臭いのも評価が低い。上質感はあるものの、トヨタ車にありがちな保守的な内装は新しく新調する車としてのワクワク感が足りない。
また、アイシスと同じクラスのミニバンの宿命でもあるが、3列目シートは極端に狭いものになっている。3列目シートは緊急時用で長時間の乗車は子供でも疲れるだろう。
3列目もしっかりしたシートを望むなら、ノアやヴォクシー、ホンダ・ステップワゴンのような全高の高いミニバンも検討したほうがいい。

アイシスの中古車情報

アイシスは人気が高く、中古車の値下がりが少ない。特に上級グレードのプラタナは人気がある。

カーオークション落札相場の中心価格帯

アイシス相場
走行1万~6万キロ、評価点4~5のみ、FF/4WD全グレードの平均値。
業者向けカーオークションの落札相場である。
落札価格に手数料などの諸経費が8~15万程度が加算されて、店頭車体価格となる。

カーオークション落札相場例(2011年1月開催)

アイシス プラタナ ZNM10W 2007年式 走行31,000km 評価点4 落札価格1,330,000円
アイシス L ZNM10G 2007年式 走行32,000km 評価点4 落札価格1,020,000円
アイシス プラタナ ZNM10W 2007年式 走行33,000km 4 落札価格1,340,000円
アイシス L ZNM10G 2007年式 走行36,000km 評価点4 落札価格1,020,000円
アイシス プラタナ ZNM10W 2007年式 走行40,000km 評価点4 落札価格1,220,000円
アイシス L ZNM10G 2004年式 走行35,000km 評価4 落札価格670,000円
アイシス L ZNM10G 2005年式 走行46,000km 評価4 落札価格680,000円

中古車なら何年落ちがお得か?

予算も十分でなるべく新しい状態のアイシスが欲しいなら1年落ち程度の高年式車をお薦めする。
新車登録から1~3年の間は、ほとんど値下がりしないので、どうせなら経年劣化の少ないできるだけ新しい車体を選んだ方が良い。
4WD車の台数もそれなりにあるのが特徴。4WDのミニバンを探してるなら結構見つかりやすい車種だ。
上位グレードのプラタナの台数が多い。ベースグレードのLは少なめだ。プラタナとLの価格差は20~30万円の開きがあるので注意したい。
予算が少ないなら、5~6年落ちの車体を狙った方がお得だ。3~4年落ちは値下がりの真っ最中でお得感がない。
5~6年落ちのグレードLなら70万円前後の落札結果が多い。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先