car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期GSは2018年フルモデルチェンジ、GS FはV6 3.0Lターボ搭載の自動運転車

投稿日:

レクサスGSの次期型はTNGAプラットフォーム採用、LCとLSに続く

現行のレクサスGSシリーズは2012年の発売であった。2018年頃にはフルモデルチェンジを迎える見込みとなっている。

(写真は現行GS F)
GS F

最近のレクサスではTNGA世代の新型車としてフラグシップクーペのLCシリーズが発表され、発売日が待たれる段階にある。そして2017年にはフラグシップセダンのLSシリーズのフルモデルチェンジが実施される予定で、この次に来るのが上級セダンの次期GSシリーズとなる。

GS F リアコンビネーションランプ GS F フロントグリル

上級のGS Fには自動運転システムの装備が予想される、2020年の発売

GSシリーズはトヨタ・アリストを祖とする上級EセグメントFRセダン。LSよりも軽いボディによりラグジュアリーとスポーツが程よくバランスされた大型セダンとしてのポジションが与えられてきた。一方でトヨタが2015年に発表した自動運転車のHighway Teammateは現行GSシリーズをベースとしたものであった。トヨタグループから発売される自動運転車はまずはGSシリーズからスタートされる可能性が高い。

レクサスGS ハイウェイ チームメイト

Highway Teammateは未だ実験段階であるわけだが、2020年の実用化が予告されている。つまりここから想定されるスケジュールとは、2018年にGSシリーズのフルモデルチェンジ、2020年に自動運転システムを装備したGS Fの発売ということになる。

GS ハイウェイ チームメイト

次期GSのパワートレインについては、V6 3.5Lハイブリッド、直4 2.5Lハイブリッドのほか、2.0Lのダウンサイジングターボも用意される見込み。そして次期GS Fには、現在開発中のV6 3.0Lツインターボエンジンの搭載になり、最高出力は400ps超クラスとなるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

次期GSは2018年フルモデルチェンジ、GS FはV6 3.0Lターボ搭載の自動運転車

レクサスGS200tが10月に日本発売、マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

GS Fは2015年後半に発売、デトロイトに続きジュネーブで欧州初公開、画像

レクサス・GS Fがデトロイトでワールドプレミア、5.0L V8エンジン搭載セダン

レクサスGS Fがワールドプレミアの可能性、新たなV8搭載の”F”がラインアップ

レクサスGSに5.0L V8のGS Fと2.0L ターボのGS200tが追加発売される計画

レクサスGSがフルモデルチェンジ、2012年1月26日発売

レクサスGS450h、GS350、GS250が2012年1月に発売、東京モーターショー画像

新型レクサスGS シリーズの発表、発売スケジュール

ハイブリッドカー実用燃費ランキング11位~