car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

GS Fは2015年後半に発売、デトロイトに続きジュネーブで欧州初公開、画像

GS Fがジュネーブモーターショーで欧州プレミア、自然吸気V8エンジン搭載

レクサスは1月に開催された北米国際オートショー2015でGS Fをワールドプレミアさせていたが、その車体は3月のジュネーブモーターショー2015でも公開された。

(写真は新型GS F)
GS F

GSシリーズは2012年にフルモデルチェンジされた4代目モデル。そのボディにV8 5.0Lの2UR-GSE型エンジンを搭載させたのがGS Fということになる。

GS F リアコンビネーションランプ

かつてのレクサスのラインアップで、この2UR-GSE型エンジンを搭載していたのは、GSシリーズよりワンサイズ小さなISシリーズであった。現行ラインアップでは、セダンのISに代わり、クーペの新型RCシリーズが2UR-GSE型エンジンを引き継ぐことになり既にRC Fとして市販化されている。そして、セダンモデルとして2UR-GSE型エンジンを引き継ぐのがGSシリーズということになる。

GS F マフラー

NAエンジン搭載のGS Fは控えめの最高出力、軽量ボディがアドバンテージ

軽量セダンにハイパフォーマンスエンジン搭載というIS Fのコンセプトは、GS Fにおいても引き継がれ、その車体重量は1830kg。他のV8エンジンを搭載するプレミアムセダンと、車体重量を比較すると、BMW M5が1980kg、メルセデス E63 AMGが1940kgということで、GS Fにアドバンテージがありそうだ。ただし、これらドイツ勢はいずれも過給器を備えており、サイズの近いV8エンジンながらも最高出力560psクラスとなっている。NAエンジンを搭載するGS Fの最高出力は473psにとどまる。

GS F フロントグリル

新型GS Fの発売は2015年後半としており、日本市場についても同時期の発売が予想される。

#1 匿名さん2019/08/26(Mon)19:32:56ID:FlMTk5ZmDN
欧州市場での販売が終了した。
後継モデルは、駆動方式が全く異なるESとなる。ちなみに、ESは欧州初上陸。

名前(任意)
コメント

車名

GS

GS

代表グレード

GS300

GS300 Iパッケージ

発売日

2019年10月

2019年10月

型式

DBA-ARL10

DBA-ARL10

ボディ形状

4ドア セダン

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4880

4880

全幅(mm)

1840

1840

全高(mm)

1455

1455

ホイールベース(mm)

2850

2850

トレッド 前(mm)/後(mm)

1575/1590

1575/1590

室内長(mm)

2025

2025

室内幅(mm)

1535

1535

室内高(mm)

1180

1180

車両重量(kg)

1650

1650

エンジン型式

8AR-FTS

8AR-FTS

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1998

1998

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

86.0×86.0

86.0×86.0

最高出力

245ps(180kW)/5800rpm

245ps(180kW)/5800rpm

最大トルク

35.7kg・m(350N・m)/1650〜4400rpm

35.7kg・m(350N・m)/1650〜4400rpm

圧縮比

10.0

10.0

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

66

66

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

13.2

13.2

サスペンション(フロント)

ダブルウイッシュボーン

ダブルウイッシュボーン

サスペンション(リア)

マルチリンク

マルチリンク

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/50R17 94W

225/50R17 94W

タイヤサイズ(リア)

225/50R17 94W

225/50R17 94W

最小回転半径(m)

5.3

5.3

トランスミッション

8AT

8AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

5,888,056円

6,291,388円

車名

GS

GS

代表グレード

GS300 Fスポーツ

GS300 バージョンL

発売日

2019年10月

2019年10月

型式

DBA-ARL10

DBA-ARL10

ボディ形状

4ドア セダン

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4880

4880

全幅(mm)

1840

1840

全高(mm)

1455

1455

ホイールベース(mm)

2850

2850

トレッド 前(mm)/後(mm)

1575/1560

1575/1590

室内長(mm)

2025

2025

室内幅(mm)

1535

1535

室内高(mm)

1180

1180

車両重量(kg)

1680

1690

エンジン型式

8AR-FTS

8AR-FTS

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1998

1998

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

86.0×86.0

86.0×86.0

最高出力

245ps(180kW)/5800rpm

245ps(180kW)/5800rpm

最大トルク

35.7kg・m(350N・m)/1650〜4400rpm

35.7kg・m(350N・m)/1650〜4400rpm

圧縮比

10.0

10.0

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

66

66

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

13.0

13.0

サスペンション(フロント)

ダブルウイッシュボーン

ダブルウイッシュボーン

サスペンション(リア)

マルチリンク

マルチリンク

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ(フロント)

235/40R19 92Y

235/45R18 94Y

タイヤサイズ(リア)

265/35R19 94Y

235/45R18 94Y

最小回転半径(m)

5.3

5.3

トランスミッション

8AT

8AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

6,732,407円

6,913,704円

過去記事(2015/01/20)

レクサス・GS Fがデトロイトでワールドプレミア、5.0L V8エンジン搭載セダン

レクサスGSシリーズにV8モンスターエンジン搭載のGS Fが追加ラインアップ

レクサス・GS Fがデトロイトで開催された北米国際オートショー2015でワールドプレミアを迎えた。

(画像は新型GS F)
GS F

レクサスは新型クーペのRCシリーズを昨年2014年に発売しており、そのトップモデルとして5.0L V8エンジン搭載のRC Fを設定していた。この5.0L V8エンジンは、それ以前のラインアップではIS Fとして、4ドアセダン車へ搭載されてきた経緯を持つ。
当然、V8セダンを待ち望む声もあるわけで、今回の新型GS Fの発表に至ることとなった。

GS F マフラー GS F レクサス

5.0L V8の2UR-GSE型エンジンは、直噴化と定常走行域のアトキンソンサイクル化により、高い環境性能と出力パフォーマンスを手に入れてきた。ただしGSシリーズの搭載ということで、これまでのISシリーズ、RCシリーズと比較してもボディサイズが大きくなる。最高出力として500ps超えなどが期待されていたわけだが、実際には473ps、最大トルクは53.7kgfmとなり、これはRC Fの477ps/54.0kgfmより僅かながら小さな数値に留まった。あり余る出力パフォーマンスは、環境性能へ配分されたと想像する。

GS F V8エンジン GS F インテリア

GS Fはレクサスの新世代型フロントグリル、ヘッドランプを採用、通常GSにも採用か

GS Fの発売は、2015年後半になると公式発表されている。

GS F フロントグリル GS F リアコンビネーションランプ

GS Fのエクステリアはフロントデザインが現行GSから大きく変わっており、細いヘッドライトと分離型のLEDポジションランプを採用。フロントグリルもバンパーラインがメッシュパネルとブラックアウトにより隠された最新のデザインに切り替わっている。

GS F デトロイト2015 GS F フロントデザイン

通常GSシリーズもこれに準じたレクサス最新のフロントデザインに切り替わることが予想される。

過去記事(2014/12/20)

レクサスGS Fがワールドプレミアの可能性、新たなV8搭載の”F”がラインアップ

GS Fの可能性、レクサスがRC Fに続く2つ目のハイパフォーマンスモデル”F”を追加

レスサスGS Fが北米国際オートショー2015でデビューする見通しとなった。

レクサス GS F

写真はレクサスが公開したティザー画像である。これがGSシリーズであることは、まだ公式に発表されていないが、V8 5.0Lを搭載するGS Fである可能性が高い。

レクサス GS F ヘッドライト

フロントは専用デザインとなり、LEDポジションランプがヘッドライトから分離されたタイプとなる。エアインテーク形状もスポーツモデルらしく大きく、メッシュガードがはめ込まれる。

RC Fに搭載される新世代V8 5.0Lが、GS Fとしてセダン車にも搭載

レクサスはV8 5.0Lエンジンを搭載するモデルとしてRC Fを2014年10月に発売したばかりであった。V8 5.0LエンジンはこれまでIS Fとしてセダンボディに載せられていたわけだが、RCシリーズの追加によりクーペボディに鞍替えされている。

(写真はRC F)
RC F

そしてIS Fがラインアップから外されたなか、新たなV8 5.0Lセダンとして噂されていたのがGS Fの追加投入である。

(写真は現行GS)
GS350 GS350 ニューヨークオートショー2014

2011年に発売された現行GSのエンジンラインナップはV6 2.5L、V6 3.5L、V6 3.5Lハイブリッド、直4 2.5Lハイブリッドとなっている。先代モデルではGS460としてV8 4.6Lエンジンを搭載するモデルがラインアップされていたことを考えると、GSシリーズにおいてもやはりダウンサイズとハイブリッド化のトレンドに従ったことになるが、一方で純ガソリンエンジン搭載のハイパフォーマンスモデルを待望する声もある。

V8 5.0Lエンジンの仕様は、RC Fのスペックシートによれば、最高出力477ps、最大トルク54.0kgmfとなる。

過去記事(2014/07/20)

レクサスGSに5.0L V8のGS Fと2.0L ターボのGS200tが追加発売される計画

レクサスGSシリーズ、2015年の改変でシングルフレームスピンドルグリル化

レクサスのGSシリーズが2015年マイナーモデルチェンジを受け、V8 5.0Lを搭載するGS Fと、直4 2.0Lターボを搭載するGS200tが追加ラインアップされる計画となっている。

(写真は現行GS350)
GS350

現行レクサスGSは2012年に発売した北米では4代目にあたるモデル。トヨタ・アリストを祖とする系統で、中型のプレミアムセダンとしてのイメージを確立してきた。現行GSは比較的新しいモデルでフロントはスピンドルグリルが採用されているものの、その中にバンパーラインが見えるダブルフレームグリルとなっている。

GS350 スピンドルグリル GS350 ニューヨークオートショー2014

2015年が予想されるマイナーモデルチェンジでは、GS FとGS200tの追加に加えて、シングルフレームから成る最新型スピンドルグリルの採用が予想される。

GS350 ニューヨーク国際オートショー2014

GSシリーズに追加されるユニットは、新型RCシリーズのV8 5.0Lと直4 2.0Lターボ

GS Fに搭載されるV8ユニットは、既に発表のあった新型RC Fと同じ2UR-GSEの改良版ということになる。パワーが必要とされない走行域ではアトキンソンサイクルに切り替わることで、燃料消費量を抑制する新技術が導入されており、大型ユニットながらも燃費性能に優れる。

(写真は新型RC F)
RC F

RCシリーズは元々GSをベースに開発されたということで、RCシリーズのパワーユニットをGSに搭載させるのは比較的容易であると考えられる。GS200tについても同様のことが言える。レクサスでは新開発2.0Lターボエンジンを搭載するNX200tを発表しているが、このエンジンは縦置きされることでRC200tに搭載されるだけでなく、GS200tとしてGSシリーズにも導入されることになる。

過去記事(2012/01/21)

レクサスGSがフルモデルチェンジ、2012年1月26日発売

次期GSが発売間近、既にレクサスディーラーで予約受付中

レクサスGSがフルモデルチェンジする。
新型のボディサイズは全長4850mm×全幅1840mm×全高1455mm、ホイールベースは2850mm。
現行モデル比で全幅が2cm広がり、全高が3cm高くなった。
全長、ホイールベースは現行モデルと共通で、モデルチェンジごとに大型化する流れの中において、ボディサイズは現行GSの水準を維持したと言える。
新型GSは、寸法上は旧モデルとなる現行GSとほとんど変わらないわけだが、その骨格となるプラットフォームは新開発されたものになる。
これまでの歴代GSシリーズは、トヨタ車種との共通プラットフォームとなっていたが、この新型GSからは新開発された専用設計のプラットフォームの採用となる。

新型は、GS250、GS350、ハイブリッドGS450hの3タイプ

次期GSに用意されるエンジンは3タイプ。
V6 3.5LのGS350、それのハイブリッド版となるGS450hは、現行モデルを引き継ぐ形で再び採用される。
ただし、どちらもトルクが向上し、よりエンジンの力強さを感じるものにブラッシュアップされる。
また、ハイブリッドのGS450hは燃費も向上する。
これらに加えて、新しくGSに導入されるのが、2.5Lの4GR-FSEエンジンだ。
2.5LながらV6であり、高級車らしい上質感がある。
新型GSの中で最も排気量の小さいエンジンであるものの、スポーティーなセッティングになっており、非力さは感じないという。
これまでのGSシリーズはラグジュアリーなイメージが強かったが、新型では押しの強いスピンドルグリルが導入されることでスポーティーな雰囲気も加わる。
新型デザインのGSであれば、2.5Lエンジンもイメージに合うはずだ。

残念ながらV8 4.6Lモデルについては、新型GSでは廃止となることが決まっている。

まずはGS250とGS350が先のデビューとなり、発売日は2012年1月26日。
既にレクサスディーラーにて予約受付が開始されている。
ハイブリッドのGS450hは、少し遅れてのデビューとなり、3月から4月頃の発売となりそうだ。
また、3タイプそれぞれにFスポーツも設定される。

価格は、GS250が510万円からで、そのFスポーツが590万円から。
GS350は580万円からで、Fスポーツが590万円から。
ハイブリッドのGS450hは700万円からで、Fスポーツが800万円からという設定になる。

GS350
レクサスGS350
写真は2012/1/20~1/23開催の大阪モーターショーで公開されたGS350 Fスポーツ。

GS450h
レクサスGS450h ハイブリッド
ハイブリッドのGS450hは3月発売。

過去記事(2011/12/06)

レクサスGS450h、GS350、GS250が2012年1月に発売、東京モーターショー画像

レクサスGSが発売間近、Fスポーツ四輪操舵の設定も

新型レクサスGSの発売日が迫っており、2012年1月のデビューに向けてのプロモーションが東京モーターショーで行われている。
新型GSからは、スピンドルグリルと呼ばれるフロントフェイスが採用される。
これまでのレクサスは高級感、上質感を感じさせるものであったが、特徴の無い無難な所にデザインが落ち着いてしまっていた部分もあった。
従来と比較して、新型GSのスピンドルグリルは攻めのあるデザイン。
これからのレクサスブランドを支えるフロントマスクになるものだ。
このスピンドルグリル、既にCT200hで採用されているが、GSではより強く強調され存在感を高めている。

GS450h、GS350、GS250と3タイプのパワーユニットが採用され、それぞれに特徴のある走行感がキャラクター付けされている。
また、これらすべてのタイプに、スポーツグレードのF SPORTが設定され、4輪操舵システムが採用されるモデルも準備されている。

(写真は東京モーターショーにて出展されたGS450h)
gs450h スピンドルグリル

gs450h

GS450hはハイブリッドシステム採用

レクサスGS最上級モデルにあたるGS450hは、V6 3.5Lのハイブリッドエンジンが搭載される。
エンジンの最高出力は295ps、モーターの最大出力は200psとなっており、かなりのパワー感と加速が期待できる。
ハイブリッドだけでなく、トランスミッションにCVTが採用されているなど、他のGSシリーズよりも環境性能に優れる。

GS350はドライバーズカーとしてこだわった

GS350はGSシリーズの中で最も走りに拘ったモデル。
エンジンは、V6 3.5Lが採用され最高出力は318ps。
ガソリンエンジン単体での出力はGSシリーズで最高になる。
G450hと違い、重量増となるハイブリッドシステムを持たないため、車体が軽く最もスポーティーな走行が可能だ。
サウンドジェネレーターを装備し、エンジン音をあえて車内に取り込むシステムも刺激的。

GS250はクセの無い自然な乗り味で使いやすい

GS250はエントリーモデルに相当する。
排気量は2.5Lながら、V6エンジンが採用されており、上質感は十分。
GS250はフロントが軽いため、前後重量配分が最も良好とされる。
刺激的な加速感は少ないものの、自然な乗り味で普段使いのドライブには最適。

過去記事(2011/09/21)

新型レクサスGS シリーズの発表、発売スケジュール

レクサスGSがフルモデルチェンジ

現行のGSは2005年にデビューしてから来年で7年目になるモデル。
フルモデルチェンジの計画が進んでいる。
実は当初の予定では、2011年の夏にフルモデルチェンジが予定されていたが、震災の影響もあり遅れているのだ。
仕切り直して、来年2012年の1月には一般発売できる予定。
当初の計画より半年遅れのデビューとなる。

既に公開されているスピンドルグリル

次期レクサスGSのプロトタイプと言われるLF-Ghが2011年4月のニューヨークモーターショーで出展され、さらに8月にはアメリカ、カリフォルニアで2012年モデルのGSが公開されるなど、一般発売に向けて着々とプロモーションが進んでいる。
その中で、話題になっているのが、レクサスの新しい顔となるフロントグリルのデザインだ。
それはスピンドルグリルと呼ばれる特徴的なもので、これまでのレクサスから考えれば、挑戦的なデザインと言えるだろう。
ただし、このスピンドルグリルはどうも個人的には好きになれない。
コンサバティブなボディラインとのマッチングがいまいちで、大袈裟に悪く言えば妙な改造エアロバンパーを付けられたクラウンやアリストを思い出してしまう。
実車を見る機会があれば、また感想をレポートしたい。

エンジンは2グレード構成

新型レクサスGSは、ハイブリッドの有無で2タイプのエンジンが採用予定となっている。
基本はV6の3.5Lが採用されるGS350。
これに電気モーターを追加したハイブリッドバージョンがGS450hとなる。
V8エンジンモデルの採用は今のところ情報がない。
これ以上の高出力エンジンを採用したスポーツモデルのGS Fも計画されている。

新型レクサスGS Fも計画されている

次期レクサスGSのスポーツバージョンにあたるGS Fは2012年の秋頃に一般発売が予定されている。
採用されるエンジンは現在のところ3種類が候補にあがっている。
そのなかで最も可能性が濃厚なのが、IS Fと共通のV8の5LのNAエンジンである。
ただし別チューニングは施されようで、IS Fの423psからGS Fでは474psあたりにまで上げられられ、出力重視のセッティングに。
燃費はJC08モードで、IS Fの8.1km/Lに対してやや落ちるが、それでも8.0km/Lは維持するという。
このエンジンの他に、LFAに採用されているV10の4.8L、LS600hのV8の5Lハイブリッドも候補としては残っている。

このレクサスGS F、価格は1000万円前後になる見込み。
新型レクサスGS Fは2012年12月の東京モーターショーで披露される可能性が高い。

過去記事(2011/06/08)

ハイブリッドカー実用燃費ランキング11位~

ハイブリッドカー実用燃費ランキング1位~5位
ハイブリッドカー実用燃費ランキング6位~10位

高級車がそろうランキング11位~

11位:レクサス RX450h 実燃費12.03km/L

(10・15モードカタログ燃費19.4km/L)
SUVタイプの車種でレクサス版のハリアーとも言われているが、中身は結構違う。
RX450hはFF仕様がメイングレードになる。
エンジン排気量は3.5Lと大きいが、FFであることが効して、四駆のハリアーより燃費はいい。

12位:トヨタ クラウンハイブリッド 実燃費11.80km/L

(10・15モードカタログ燃費14.0km/L)
ノーマルエンジンのクラウンの実燃費は9.47km/Lであるから、ハイブリッド化による燃料削減は20%。
RX450hと共通のエンジンであるが、モーター出力が少ない。
その分、燃費の面ではマイナスとなった。

13位:トヨタ ハリアーハイブリッド 実燃費10.56km/L

(10・15モードカタログ燃費17.8km/L)
フロント123kw、リア50kwとモーターアシストも四駆仕様。
ノーマルエンジンのハリアーの実燃費は8.34km/Lである。
10・15モード値には結構ばらつきがあるが、このあたりの大排気量クラスのハイブリッド化による燃料削減効果は、概ね20%前後といったところのようだ。

14位:レクサス GS450h 実燃費10.24km/L

(10・15モードカタログ燃費14.2km/L)
3.5L V6エンジンの2GR-FSEに147kwのモーターアシストを追加させた大型セダン。
レクサスブランドではさらに大排気量の5.0LのV8エンジンと165kwモーターを組み合わせたLS600hがより上級なクラスに用意されている。

ハイブリッドカー実用燃費ランキング11位~ まとめ

11位以降は高級車クラスがラインナップしてきた。
何れもTHS系のハイブリッドシステムで、ノーマンエンジン車よりも約20%の燃費削減効果がある。
車体の大きい高級車は元々燃費が悪いので、こういった車こそハイブリッド化の意義がありそう。
ただ、本当に環境の事を考えているのなら、小さな車に乗るのが正しい。