car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

日産・デイズが2019年春にフルモデルチェンジ、三菱自動車と協業

軽自動車デイズが2代目モデルへ来春FMC

日産の軽自動車デイズ シリーズがフルモデルチェンジを受けて2019年春に発売される見込みとなっている。

(写真は現行デイズ ハイウェイスター)
デイズ ハイウェイスター

次期型も軽自動車専業のNMKV社によって開発製造される。三菱ブランドの姉妹モデル、eKワゴンも同時デビューとなるだろう。

日産デイズハイウェイスター デイズ ハイウェイスター nissan

NMKVの次世代プラットフォームは、新開発ハイブリッド、EVにも対応

次期デイズは、プラットフォームから新開発となる。他社ライバルモデル同様に、モノコック構造の最適化や超高張力鋼など最新素材の採用による、大幅な軽量化およびボディ剛性アップが期待される。

DAYZ ハイウェイスター

パワートレインの一つには、アシストモーターと駆動用バッテリーを備えた、新開発のハイブリッドシステムが採用される見込み。ただし、これはコストアップを抑えたマイルドハイブリッド方式になるだろう。

(写真は現行eKカスタム)
eKカスタム 三菱 eKカスタム

この新型軽自動車向けプラットフォームは、EVパワートレインにも対応するとのこと。これは、デイズEVとしての発売よりも、むしろ三菱・i-MieVの後継モデルとして、独立した車種で登場する可能性が高い。もちろん日産ブランドからも姉妹モデルが設定されるはず。

この次期型デイズの最新プラットフォームをベースに、デイズルークスやeKスペースといったスーパーハイトワゴン軽自動車の後継モデルも開発され、これらは2020年頃のフルモデルチェンジ発売が見込まれる。

NMKV社への出資比率は日産と三菱自動車が50%ずつとなっている。しかし、実践的な部分は、軽自動車で長年の生産実績がある三菱自動車がこれまで主体としてやってきた。新プラットフォームからは日産の関与も増やされる。

#1 南 祐斗2018/12/17(Mon)21:33:46ID:NkYTBjNzWZ
現行の 日産 デイズ と 三菱 ekワゴン は 来年の1月で 生産 販売 は おしまい です
#2 匿名さん2018/12/17(Mon)23:34:26ID:MxOTg0MDWM
ワゴンRやムーヴの燃費を越えられるかどうかだな。
#3 匿名さん2018/12/18(Tue)21:30:14ID:c4ZmVmNWWZ
ホンダNシリーズに勝てるはずがないだろう

値引きで勝負するしかなくなるはず
#4 匿名さん2018/12/18(Tue)21:42:42ID:MwYjQ0MDDM
ゴーン元会長の1件以降、日産三菱自動車のイメージが……ね。
ルノーとの主導権争いはフランス政府を巻き込み混沌としてるからな。
今こそ、応援!とはならないだろ?
#5 匿名さん2019/01/05(Sat)02:05:59ID:NmYmRjZDTN
燃費がトップクラスじゃなくても良いです
クラストップの燃費なのに、以前ほど売れないワゴンR
カタログ燃費は大したことなくても、圧倒的人気の N-BOX

新型はどんな特徴を訴求してくるのでしょう?
#6 匿名さん2019/01/08(Tue)21:03:01ID:JiNDcwMjDM
会社の営業車がデイズだが結構いい
ミラよりこっちのほうが出来がいいわ
#7 匿名さん2019/02/05(Tue)23:27:47ID:g5ZTUwM22M
いいですよ
#8 匿名さん2019/02/17(Sun)21:08:59ID:I4NDcwODGN
三菱の超絶なダイナミックシールドを期待しています。
#9 匿名さん2019/03/14(Thu)23:30:49ID:JmZWNiMjWO
新型デイズ、画像見ましたがなかなかいいですね。これは売れると思う。

名前(任意)
コメント

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先