car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダMPVが販売中止予定、後継3列シートモデルとしてCX-9が発売か?

MPVは在庫販売のみ、現在のところ後継モデルの設定は無し

マツダの3列シートミニバン、MPVが2016年3月中にも販売中止となる見込みだ。既に生産は終了しているようで、在庫分のみの販売に切り替わっている。

(写真はマツダMPV)
MPV

マツダは近い将来にすべてのミニバン車種を廃止していくと見られ、このMPVだけでなくプレマシー、ビアンテも次期モデルは開発されず、カタログ落ちとなる見込みだ。

今後はCX-で始まるクロスオーバーSUVモデルのラインアップを充実させ、これらに3列シート搭載モデルを設定することで、ミニバン需要に応えていくことになる。

(写真はCX-9)
新型CX-9

特にMPVの後継モデルとされていたのが、昨年2015年11月にロサンゼルスオートショーで初公開されたCX-9である。既に2016年2月から広島の宇品第1工場にて生産がスタートしており、今春の北米発売に向けて準備が進められている。

CX-9は東京モーターショーで出品されなかった、日本発売は本当にあるのか

ただし、このCX-9が日本発売されるということはまだ決定事項では無いようだ。まず、ワールドプレミアとなったロサンゼルスオートショーと近い時期に開催された東京モーターショーではCX-9は出展されておらず、この段階ではCX-9の日本発売はあくまで可能性の一つに過ぎなかったと判断される。

CX-9 マツダ CX-9 リアコンビネーションランプ

また、正式発表されたCX-9のボディサイズも気になる。全長が5mオーバー、全幅も1969mmと2m近いサイズに仕上げられており、北米だけでなく日本で併売するモデルとしては大きすぎる。一回り小さい次期CX-7が開発中であるという情報もあったから、こちらが日本販売モデルの本命かもしれない。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2016/02/17)

マツダが新型CX-9の生産開始を発表、フラグシップSUVがフルモデルチェンジ

マツダ・CX-9の生産が宇品第1工場で始まる、北米向けに2016年春から発売

マツダの新型クロスオーバーSUV、CX-9の生産開始が2016年2月12日に公表された。

(写真は新型CX-9)
CX-9生産開始

CX-9はこれまで北米を中心とする海外市場向けに設定されたモデルで2007年から販売されてきた。今回のフルモデルチェンジで2代目となる新型CX-9は、北米での先行発売の後、2016年内の日本発売が計画されており、国内メディアでも紹介される機会が多くなっている。

CX-9 マツダ

新型スカイアクティブG 2.5Tも生産開始、CX-9は日本発売される見込み

CX-9は昨年2015年11月のロサンゼルスオートショーでワールドプレミアされたモデルであった。搭載されるパワーユニットは新開発のSKYACTIV-G 2.5Tということで、直4 2.5Lのガソリンターボエンジンとなる。

スカイアクティブG 2.5T

エクステリアデザインは他のマツダ新世代モデルと同様にKODOコンセプトに基づくものとなる。特にフロントデザインは、一回り小さいクロスオーバーSUVのCX-5の印象を引き摺っている。新鮮さには欠けるが、CX-5は評価の高いモデルであったためむしろ期待を煽る仕上がりとなった。

新型CX-9

CX-9のボディサイズは全長5065mm×全幅1969mm×全高1716mmとなり、3列シートを装備しする。マツダではミニバンのMPVがカタログ落ちする予定となっており、その後継モデルとしての役割も兼ねる。

cx-9

新型CX-9は広島にある本社宇品第1工場で年間5万台規模で生産される計画となっている。この内、4万台程度が北米向け輸出に充てられる見込みだ。

過去記事(2016/01/15)

マツダは2016年内に新型車(CX-9)と派生車(アクセラSUV)を市場投入

CX-9とアクセラSUVが2016年内に発売、マツダの2016年の計画

新年を迎え、マツダの動きが活発化してきている。1月4日、小飼代表取締役は記者会見を開き、2016年の抱負を発表。そこでスカイアクティブの新型車と派生車の市場投入が明言された。これはCX-9とアクセラSUVの発売が2016年年内に実施される計画であることを意味する。

(写真はアクセラSUVのコンセプトモデル越)
越KOERUコンセプト ワールドプレミア マツダ KOERU コンセプト ハッチバック

KOERUはアクセラベースのSUV、CX-9はMPVとの車種統合によりSUVミニバンとなる

マツダはクロスオーバーSUVの越 KOERUをフランクフルトモーターショー2015でワールドプレミアしていた。そのモデルは東京モーターショー2015でも出展され、アクセラをベースとしたクロスオーバーSUVの派生モデルが開発中であることが明らかとなっていた。スカイアクティブの派生車とは、そのボディサイズとホイールベースからアクセラSUVに相当するモデルと考えていいだろう。その発売時期については明言が避けられていたが、2016年内にも実現されることになる。

KOERUインテリア 越 KOERU

またCX-9については昨年のロサンゼルスオートショー2015で市販型がワールドプレミアされている。

(写真は新型CX-9)
CX-9 CX-9 リアコンビネーションランプ

これまでCX-9は北米を中心とする海外市場でのみ販売されてきたモデルで日本国内での市販実績は無い。しかし次期CX-9はミニバンのMPVと車種統合されることになり、日本発売が確定的となっていた。これも2016年内に実現されることになるだろう。

スカイアクティブG 2.5T

新型CX-9に搭載されるエンジンは、新開発の直4 2.5LガソリンターボのSKYACTIV-G 2.5T。この他に日本仕様ではSKYACTIV-D 2.2の採用も予想され、人気モデルとなりそうだ。

過去記事(2015/11/24)

マツダ・CX-9がLAオートショーでワールドプレミア、MPV後継として日本発売か?

CX-9をフルモデルチェンジ、3列シート装備のフラグシップSUVが北米デビュー

マツダはCX-9のフルモデルチェンジ発表をロサンゼルスオートショー2015で行った。

(写真は新型CX-9)
CX-9

CX-9はマツダのフラグシップSUVとして北米市場を中心に販売されるモデル。販売期間8年となる今回のタイミングで2代目となる次期型が発表された。北米市場での発売は2016年の春頃となる見込みだ。

CX-9 リアコンビネーションランプ CX-9フロントグリル

CX-9は新型から日本発売が期待される、ミニバンMPVと車種統合

CX-9シリーズはこれまで日本市場で正規販売されることがなかったモデルである。しかし、新型CX-9からはミニバンのMPVと車種統合されることになり、日本市場での販売が期待される。

CX-9 3列シート

CX-9は3列シートが装備される。

CX-9 インテリア

新型CX-9のエクステリアデザインはKODOコンセプトに基づくものとなる。既に先代CX-9において、マイナーチェンジ時のフェイスリフトでKODOコンセプトの要素が取り入れられていたが、今回のフルモデルチェンジで完全な姿となった。

マツダCX-9

新型CX-9のホイールベースは先代モデルから55mm延長され2930mmとなった。ただし、全長は-30mmと引き締められ5065mmにとなる。

スカイアクティブG 2.5T

新型CX-9に搭載されるパワーユニットは新開発のSKYACTIV-G 2.5Tとなる。これは直4 2.5Lの直噴ガソリンターボエンジンでスペックは最高出力227hp/5000rpm、最大トルク310ft-lb/2000rpm。スカイアクティブ世代としては最もパフォーマンスが高いエンジンとなる。

この他に安全運転支援システムのi-ACTIVSENSE、AWDシステムとしてはi-ACTIVが採用される。

過去記事(2015/08/26)

マツダCX-9が2016年1月フルモデルチェンジ、MPVとの統合で日本発売の可能性も

KOERUコンセプトは次期CX-9を示唆している?3列シートクロスオーバーSUV

マツダのフラグシップSUV、CX-9のフルモデルチェンジが早ければ2015年内にも実施される見込みとなった。

(画像はKOERUコンセプト)
KOERU 越

マツダは来月9月に開催されるフランクフルトモーターショー2015で新型コンセプトカーの越(KOERU)を発表する予定となっている。KOERUが意図する市販モデルについて様々な憶測が飛び交ったが、これはCX-9の次期モデルということになりそうだ。

(写真は現行CX-9)
CX-9 CX-9 北米仕様

次期CX-9は2016年1月のデトロイトショーでワールドプレミアか、日本発売の可能性も

マツダは現在のところKOERUコンセプトについてスケッチ画像1点のみを公開している。ここからはデザインコンセプトKODOをベースにしたクロスオーバーSUVモデルであることが判断できるが、ボディサイズについての情報がなく判断が難しくなった。

(写真はCX-7)
CX-7

KOERUコンセプトの発表が欧州であることから、CX-7の後継モデルを予想したが、これはどうやらハズレのようだ。

フランクフルトでKOERUコンセプトを公開後、主力市場の米国で新型CX-9の市販プロトが公開される見込みとなっている。次期CX-9は2015年11月のロサンゼルス国際オートショーかあるいは2016年1月の北米国際オートショーでのワールドプレミアが予想されており、コンセプトの発表から速いペースで市販化されることになる。

一方で、マツダでは古くなったMPVを退役させて、3列シートを装備する次期CX-9と車種統合させる動きがある。この流れでいけば、これまで日本で販売されたことのないCX-9が次期モデルからは日本導入されることも予想される。

過去記事(2015/05/14)

マツダMPVは現行モデルで廃止、後継車種として次期CX-9が日本に導入される

MPVは次期CX-9へ引き継がれる、北米向け7シータークロスオーバーSUV

マツダのMPVが現行モデルを以って廃止となることが見込まれている。

(写真は現行MPV)
MPV

現行MPVは2006年に3代目モデルとして発売された。今年2015年は発売から9年が過ぎる時期に来ており、販売台数は月間50台に満たないレベルにまで落ち込んでいる。

そんなモデル末期のMPVに次期型についての情報がある。まず車名のMPVは継続されない可能性が高い。そして後継車種のモデル名はCX-9になるということである。

CX-9が日本発売、マツダの新型クロスオーバーSUVが2015年内にも発売か

(写真はCX-9北米モデル)
CX-9 CX-9 北米仕様

CX-9は北米、オーストラリアを中心に販売されてきたクロスオーバーSUVである。全長5071mmという大柄ボディに7シーター3列シートを装備する。

一方でMPVは全長4860mmというボディサイズとなっており、次期CX-9が後継モデルということであればクロスオーバーSUV化と大型化を受けることになる。ただし、次期CX-9にはボディサイズを抑えた日本仕様の設定も噂されている。

(写真はCX-5)
CX-5 上海モーターショー2013

やはり前述のとおりの販売台数では、MPVとしてのモデル名を継続する価値は無いと判断するのが妥当か。それよりも近年販売が好調であったCX-5の上位モデルとして認識されやすいCX-9の方がマツダとしても売りやすいはずだ。

スカイアクティブ-D 2.2L

次期CX-9への搭載が予想されるエンジンとしてはSKYACTIV-D 2.2が候補となる。これは現行CX-5に搭載される直4 2.2Lのクリーンディーゼルエンジンであり、CX-5の販売台数の大半がこのディーゼルモデルであった。次期CX-9についてもディーゼルモデルが人気となることが予想される。

新型CX-9は2015年秋の東京モーターショーあるいはLAオートショーで発表され、2015年内の発売が予想される。

過去記事(2014/02/18)

マツダ・CX-9が2015年にフルモデルチェンジ、次期モデルは日本発売される計画

次期CX-9は2015年発売見込みで、日本市場でも販売される

マツダの大型クロスオーバーSUV、CX-9が日本発売される見込みとなった。

(写真は現行CX-9、北米モデル)
CX-9

現行CX-9は北米、オーストラリアを中心とする海外市場でのみの販売となっている。販売9年目となる来年2015年はフルモデルチェンジが計画されており、次期CX-9は日本市場にも導入されることになる。

マツダがCX-9を日本導入させたのは、3列シートSUVのトレンドが背景か

現行CX-9のボディサイズは全長5071mm×全幅1936mm×全高1734mm、ホイールベースは2875mmとかなりの大柄。日本市場向けとしてはオーバーサイズと考えるが、それでも導入されるのは3列シートに理由があると考える。

CX-9 北米仕様

マツダが国内向けにラインアップするクロスオーバーSUVは現在のところCX-5だけ。2012年発売のCX-5はクリーンディーゼルのスカイアクティブDを搭載することで人気となり販売が好調であった。ところがライバルの日産・エクストレイルは昨年2013年末にフルモデルチェンジが実施され、新たに3列シートモデルをラインアップしてきた。マツダはこの対抗策として、モデルチェンジが間近で3列シートを装備するCX-9の日本導入を計画したと考える。

(写真は新型エクストレイル)
エクストレイル 大阪モーターショー

CX-9はボディサイズが二回り以上大きなクラスで、エクストレイルの直接的なライバルとはならないだろうが、余裕のキャビンスペースを提供することができる。

(写真はSKYACTIV-D 2.2)
スカイアクティブ-D 2.2L

また、現行CX-9に搭載されるパワーユニットは、3.7LのV6エンジンである。次期CX-9では、ボディの軽量化などにより2.2LのスカイアクティブDの選択が可能となれば日本でのセールスも成功するかもしれない。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先