CX-8の2017年内の日本発売が確定、マツダ社長が決算発表会で言及

新型3列シートクロスオーバーSUVのモデル名はCX-8、2017年内発売

マツダ新型CX-8の日本発売が2017年内にスケジュールされていることが、2017年4月28日に開催された同社の決算発表で公表された。

(写真は新型CX-8のインテリア)
CX-8 インテリア

マツダの新型3列シート車について、以前のレポートではCX-6なるモデルが2017年秋に発売されると書いたが、これはCX-6ではなくCX-8が正しいということになるだろう。

CX-8はCX-5からホイールベースを200mm延長、3列目シートの居住性も期待

新型CX-8のボディサイズは全長4900mm×全幅1840mm×全高1730mm、ホイールベースは2930mmとなる。

(写真はCX-5)
CX-5 マツダ CX-5 リアコンビネーションランプ

現在マツダのクロスオーバーSUVラインアップは海外向け製品も含めて、CX-3、CX-5、CX-7、CX-9とある。この内、CX-7については2005年のデビューで、以降にKODO世代のフルモデルチェンジを受けていない。CX-7の3列シート版がCX-8ということになるべきなのかもしれないが、旧製品がベースになるとは考えにくく、やはりCX-5のロングホイールベース版がCX-8ということになるだろう。CX-5のホイールベースは2700mmであるから200mmの延長を受けることになる。また全幅については、CX-5とCX-8は共通サイズの1840mmで、フロント部分のエクステリアも共通化される可能性がある。

(写真はCX-9)
新型CX-9

マツダでは3列シートクロスオーバーSUVのCX-9が北米向けに販売されているが、そのボディサイズは全長5065mm×全幅1969mm×全高1716mm、ホイールベースは2930mmとなる。CX-8はCX-9に迫るホイールベースということで、良好な居住性能が期待できる。全長および全幅については、CX-9は日本市場ではサイズオーバーであるが、CX-8ではマッチする。CX-8の登場により、日本でCX-9を求める声はほとんど無くなるのではないだろうか。

(写真はSKYACTIV-D 2.2)
スカイアクティブ-D 2.2L

CX-8に搭載されるパワートレインは、人気の高いSKYACTIV-D 2.2と6速ATとなる。車両価格は300万円台前半が予告されている。2017年10月の東京モーターショーでは市販型の姿を見ることができるはずだ。

関連するレポート

[ 2017/04/30 ]
#1 匿名さん2017/05/01(Mon)15:25:49
どのくらいの需要があるかはわからないが、CX-8のサイズも日本ではデカすぎると思うけどな
本格的に3列シートを求める人ならミニバンを買うだろうしね
#2 匿名さん2017/05/01(Mon)19:47:43
マツダは世界基準のまま日本でも売るから、特に車幅などが大きすぎる。
アテンザとかクラウンより一回りでっかいし。
#3 匿名さん2017/05/01(Mon)20:54:05
CX-8のサイズは日本にマッチしてないだろ……アルヴェルよりデカいんじゃ厳しくないか?
#4 匿名さん2017/05/02(Tue)05:03:19
否定的なコメントしかないけど、選べる車種が増えるのは良い事だ。

ましてSUVの3列シート車はある程度の需要も見込める。車内の空間を考えればこの程度のサイズも必要。否定的な連中って物事をそういう捉え方しか出来ない可哀想な人間だね。
#5 匿名さん2017/05/02(Tue)23:36:15
今までのミニバン3車種を廃止してこれを投入します
とか言われたら何考えてんのって言いたくもなるだろ

違う視点を提供するのはいいと思うけど
自分と異なる意見を可哀想ってぶったぎるのは
そっくりそのまま自分に跳ね返ってるから滑稽だわ
#6 匿名さん2017/05/03(Wed)00:00:19
個人的にはプレマシーが好きだったから、プレマシーをSUVにして欲しいね。
また…ローハイトのミニバンブームが来ないかな〜
#7 匿名さん2017/05/04(Thu)17:10:08
あとついでに、ナビはマツコネ強要で社外品など選択肢0の2DIN規格無しってのも改善してもらいたいわ。これ直しただけでも、さらに売り上げ伸びると思うがな。
#8 匿名さん2017/05/09(Tue)15:10:57
この程度の「否定的なコメント」で人格否定までできちゃうってのは、敵・味方でしか判断できない、そういう捉え方しか出来ないよっぽど可哀想な人なんだろうなあ。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.