car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

CR-Z年内生産終了カタログ落ちへ、最終モデルのα・Final labelが発売

投稿日:

CR-Zは2016年内に生産終了となる、特別仕様車α・Final label

ホンダはCR-Zの生産終了を2016年内に計画していることを正式に発表した。そして、CR-Z最終版として特別仕様車、α・Final label(アルファ・ファイナルレーベル)を2016年6月10日に発売した。

(写真はCR-Z α・Final label)
CR-Z α・Final label 特別仕様車

CR-Zの販売が開始されたのは2010年であった。当時のホンダが持つ小型車向けのハイブリッドエンジンはIMAシステムと呼ばれるもので、このうち排気量1.5LのものがCR-Zに搭載される。現行CR-ZのJC08モード燃費は6MT車が19.4km/L、CVT車が21.6km/Lとなる。

その後、ホンダは2013年に新世代ハイブリッドエンジンのSport Hybrid i-DCDをフルモデルチェンジしたフィットハイブリッドに初搭載し実用化した。以降、IMAシステムを搭載するモデルは淘汰されていくことになるが、このCR-Zに関しては月販100台に満たない水準ながらもこれまでラインアップが継続された。

CR-Z 2016 アルファ・ファイナルレーベル

CR-Z後継のハイブリッドスポーツは無し、VTEC-TURBOのS1000に期待

CR-Z最終型であるα・Final labelは、ロゴ刺しゅう入りブラックコンビシート、プライムスムース ドアアームレスト、マット塗装17インチ軽量アルミホイール、ロゴ入りコンソールプレート、ピアノブラック調ステアリングガーニッシュなど専用装備が与えられた特別なモデルとなる。

(写真はVTEC-TURBO 1.0L)
1.0L VTEC TURBO

なお、CR-Zの後継モデルに相当する小型ハイブリッドスポーツカーが開発中であるという情報は無い。VTEC-TURBO 1.0Lを搭載するS1000が開発中となっており、これが後継モデルとしていちばん相応しいものになるだろう。

#1 匿名さん2016/06/22(Wed)16:43:30
ちょうどいい、クーペ。好きだった。

名前(任意)
コメント

CR-Z年内生産終了カタログ落ちへ、最終モデルのα・Final labelが発売

ホンダ・CR-Zがマイナーモデルチェンジ、IMAハイブリッド搭載は変わらず

ホンダがCR-Z後継モデル開発中、1.0L VTEC-TURBO+スポーツハイブリッドiDCD

CR-Z無限MUGEN RZが発売、スーパーチャージャー搭載で価格449万4千円

CR-Zがマイナーチェンジでリチウムイオンバッテリー搭載、最高出力136psへ

CR-ZにタイプRが追加、スーパーチャージャー搭載

ハイブリッドカー実用燃費ランキング1位~5位

CR-Z(ホンダZF1)の口コミ評価とまとめ