car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型シーマと中国版インフィニティM35hLの違いとは?

新型シーマとほぼ共通ボディのインフィニティM35hL

2012年5月、シーマが5代目のフルモデルチェンジを受けて、日産のラインアップに復活した。
北米、欧州、中国をメインとするグローバルマーケットでは、フーガをインフィニティのMシリーズとして販売している。ただし、インフィニティMは、市場によってボディサイズが違うようだ。

新型シーマはインフィニティMロングボディ仕様

写真は、北京モーターショーに出展されたインフィニティM35hL。
シーマとインフィニティM35hL
中国版シーマとも言えるM35hLのボディサイズは全長5095mm×全幅1845mm×全高1500mm、ホイールベースは3050mm。欧州と北米のインフィニティMシリーズに対して、全長とホイールベースが150mmのストレッチを受けたロングボディ仕様になっており、その空間の全てはB-Cピラー間の後席スペースに割り当てられている。
日本仕様のシーマは、全長5120mm×全幅1845mm×全高1510mm、ホイールベースは3050mm。ホイールベースが中国仕様のインフィニティM35hLと共通であることから、新型シーマがインフィニティMのロングボディバージョンに相当することがわかる。その他の細かなディメンションの違いは、バンパー形状や足回りのセッティングの違いによるものだろう。
インフィニティM35hLのパワートレーンは、V6 3.5Lのハイブリッドユニットを搭載している。これも日本の新型シーマと共通するもので、インテリジェントデュアルクラッチコントロールと名付けられた1モーター2クラッチ式のハイブリッドシステムが採用されている。北米仕様、欧州仕様では、この他にV6 3.0L、V6 3.7L、V8 5.6Lもラインアップしている。
中国版シーマ、インフィニティM35hL
中国マーケットでは、世界各国の自動車メーカーが激しい販売合戦を繰り広げている。日本勢のトヨタ、ホンダが苦戦するなか、日産は日系自動車メーカーでは唯一の勝ち組。昨年の2011年には、135万台もの販売実績をあげている。
2012年4月には、インフィニティ事業部門の本社を香港に設立するなど、今後も更なる攻勢を仕掛けるつもりだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2012/02/20)

新型シーマ特別車検キャッシュバックキャンペーン

5代目シーマとして復活、2012年5月

シーマの復活がいよいよ現実化してきた。
発売時期は2012年5月。5代目シーマとしてデビューする。
既に、日産から上級車種のオーナー向けに配布されたダイレクトメールでは、新型シーマ特別車検キャッシュバックキャンペーンとして、車検切れを契機に他車種への乗り換えを防ぐためのプロモーションが行われている。
その内容は、2012年6月30日までに新型シーマを契約すれば、15万円のキャッシュバックを受けることができるというもの。
対象車種は、シーマ(F50、Y33、Y32)、プレジデント(F50、G50)、インフィニティQ45(G50)。これらの車種を現在所有しており、2011年6月~2012年5月に車検到来を迎え、なおかつ2011年6月1日から2012年5月31日に車検取得することがキャッシュバックを受ける条件となる。
新型シーマ待ちで、継続車検を受けるオーナーの為に、車検費用の一部を日産が肩代わりするというものだ。

写真は5代目となる新型シーマ。
遂にグリルとフロントライトの一部が公開された。
新型シーマ 5代目 復活

5L V8ハイブリッドエンジン採用説も

新型シーマのエンジンは、フーガと同じ3.5L V6ハイブリッドになる。と、ここまでは、既に決定されているようだが、さらに5LのV8ハイブリッドも用意されるという説がある。
ただし、5LのV8ハイブリッドについては情報がマチマチだ。
恐らく、5L V8ハイブリッドは、開発が最終段階に入っているものの、2012年5月のデビューには間に合わず、初期モデルは3.5L V6ハイブリッドのみになるのではと予想する。

新型シーマは、先代の4代目シーマのボディサイズ(全長5120mm×全幅1845mm×全高1490mm)とほぼ同じ寸法になるものの、ホイールベースは延長され、室内長は+200mm以上の拡大を果たす。

過去記事(2012/02/15)

新型シーマがV6ハイブリッド搭載で5月発売、V8ハイブリッドは中止

シーマがフルモデルチェンジ、V6ハイブリッド

日産のシーマがフルモデルチェンジして、今春2012年5月から発売される。
2010年8月からの販売休止期間を経て、再び日産セダンのフラグシップモデルとして復活することになる。
次期シーマに採用されるパワーユニットは、V6ハイブリッドのみの設定となり、ハイブリッド専用車ということになる。

(写真は先代シーマ、450XV 20thリミテッド)
シーマ

新型シーマへのV8ハイブリッドの採用は見送り

新型シーマに搭載されるエンジンとして、これまで有力と考えられてきたのが、V8 5.6Lのハイブリッドユニット。
次期シーマの発売を機会に、日産の新型エンジンとしてデビューすることが期待されていたが、どうやら開発が間に合わないようだ。
代わりに採用されるのが、V6 3.5Lハイブリッド。
フーガハイブリッドと共通エンジンということになる。
プラットフォームについてもフーガのものをベースに開発されているが、ホイールベースは100mmも延長され3000mmに。
フーガよりもリアシートの快適性に重点を置いた設計になる。

ライバル車としてレクサスLS600h/LS600hLがよく挙げられるが、こちらはV8 5Lハイブリッド。
ボディサイズは近いものの、エンジンを見れば新型シーマの方がやや格下ということになる。
ただし、燃費性能を比較すれば、排気量の小さい新型シーマが有利。
JC08モード燃費は、LS600h/LS600hLが11.0km/L、新型シーマが15km/L程度になるとされている。

この新型シーマの車体価格は、最も低いグレードで800万円程度が想定されている。

今回のフルモデルチェンジではV8ハイブリッドの採用が見送られたが、このハイブリッドエンジンは近い将来のマイナーチェンジで、シーマに採用されることを期待したい。

過去記事(2012/01/27)

新型シーマがハイブリッド専用車として復活、5月から発売開始

シーマが復活、ハイブリッド専用車

日産のシーマがフルモデルチェンジする。
約1年半のカタログ落ち期間を経ての復活となる。
ボディサイズは全長5150mm×全幅1860mm×全高1500mm程度になると予想されており、これは現行ラインアップのフラグシップセダン、フーガをわずかに上回る寸法。
価格帯は800~1000万円程度からになるのではとされており、539万7千円からラインアップされるフーガハイブリッドに対して、高級感で差別化されることになる。

写真は先代シーマの最終モデル450XV
シーマ 450XV

次期シーマのハイブリッドエンジンはV8 5.6Lが有力

次期シーマに搭載される可能性のあるエンジンは現在のところ、2種類の候補がある。
1つは、新開発されたV8 5.6Lハイブリッド。
インフィニティMで採用されているV8ユニットをハイブリッド化させたエンジンで、まだ市販車への投入実績がない。
このエンジンを採用した場合の車体価格は1000万円前後が想定される。

もう一つの候補は、V6 3.5Lのハイブリッドユニット。
こちらのエンジンは、フーガハイブリッドで既に採用実績がある。
フーガと共通エンジンということになるが、V6 3.5Lを採用した場合の車体価格は800万円前後と予想されており、フーガハイブリッドとの価格差は250万円~300万円程度。
単なる高級感だけで、シーマの存在価値を見いだせるかどうかは微妙なところだ。

現在のところ、有力視されているのは新開発されたV8 5.6Lハイブリッドの方で、V6 3.5Lハイブリッドについては初期モデルからの投入には疑問を感じる。
マイナーチェンジで、途中からの採用であればあり得るのではと予想する。

いずれにせよ、次期シーマはハイブリッド専用車となることは、ほぼ間違い無いだろう。

燃費は、V8 5.6LがJC08モードで12.0km/L程度になるのではとされている。
V6 3.5Lであれば、重量増を伴いながらもフーガハイブリッドの10・15モード燃費19.0km/L程度は達成するだろう。

この新型シーマの発売日は、今年2012年の5月とされている。

過去記事(2011/11/06)

シーマが復活、ハイブリッド搭載で5月発売予定

シーマの復活に期待を寄せる高級セダン市場

シーマは1988年のバブル絶頂期の中、日産から発売された高級セダン。
2代目、3代目とモデルチェンジが続き、日産の一般向け最上級車種としてラインアップされてきたが、2010年には4代目シーマを最後に発売が終了している。
現在のところ、日本市場向けの高級セダンはフーガがラインアップされているが、シーマの復活により、フーガよりもさらに上級車種の設定がされることになる。
このシーマの復活を決定づけたのは、V8のハイブリッドエンジンが完成したことが大きい。
これまで、日産ではフーガハイブリッドに採用されている、V6、3.5Lのハイブリッドエンジンを持っていた。
一方で、インフィニティMシリーズで採用されている、V8の5.6Lエンジンを持っており、このV8エンジンとフーガのハイブリッドシステムをそれぞれベースにして、V8ハイブリッドは開発された。
ハイブリッド化されたV8エンジンは直噴になり、CO2排出量も大きく削減するということだ。
ただし、直噴化には、多額の開発投資が必要だったようで、日産にとってV8ハイブリッドの独自開発は一つの賭けでもあったようだ。
現在のところ、V8ハイブリッドについての詳細スペックは公表されていない。
5代目にあたる新型シーマ・ハイブリッドは、2012年5月の発売が濃厚だ。

シーマ、日産最上級セダンとして

フーガよりも車格が上級となるシーマだが、V6とV8のハイブリッドエンジンの違いだけでなく、シーマは全長も延ばされ、車体はより大きくなるという。
ただし、基本のプラットフォームはフーガとシーマで共通になる可能性が高い。
燃費性能は、V8エンジンでありながらも、V6のフーガハイブリッドの19km/Lと大差ないものになるはずだ。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先