car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

メルセデスベンツが新型Cクラスクーペ発売、カブリオレは2016年内に発表予定

新型Cクラスクーペが発売、車両価格547万円からのラグジュアリークーペ

メルセデスベンツからフルモデルチェンジを受けた新型Cクラスクーペが発売された。

(写真は新型Cクラスクーペ)
Cクラスクーペ リアコンビネーションランプ

2015年欧州発表された新型Cクラスクーペが日本発売に至った。車両価格はC180 クーペ スポーツが547万円からに設定される。搭載されるユニットは直4 1.6Lガソリンターボエンジンで最高出力156ps、最大トルク25.5kgmといったスペックとなる。

Cクラスクーペ メルセデスベンツ Cクラスクーペ

Cクラスカブリオレは2016年内に発売予定、ソフトトップ採用

一方で、今月スイスで開催されたジュネーブモーターショー2016では、新型Cクラス カブリオレがワールドプレミアされていた。

(写真は新型Cクラスカブリオレ)
メルセデスベンツ Cクラス カブリオレ Cクラス カブリオレ リアコンビネーションランプ

先代モデルとなるCクラスベースのカブリオレは2009年に販売が終了したCLKシリーズにまで遡る。先代型同様に電動式ソフトトップを装備し、その開閉時間は約20秒。50km/h以下であれば走行時での開閉も可能としている。メルセデスベンツがラインアップする現行の小型オープンモデルは2シーターのSLKシリーズがあるが、Cクラスカブリオレは4シーターとなる。

AMG C43 Cabriolet カブリオレ AMG C43

新型Cクラスカブリオレのボディサイズは全長4686mm×全幅1810mm×全高1409mmとなり、クーペと変わらない。

Cクラス ソフトトップ Cクラス カブリオレ オープンカー

先代ではCLKと別車名が与えられていたが、新型ではCクラス クーペ、Cクラス カブリオレとなる。

Cクラス カブリオレ インテリア Cクラス カブリオレ リアコンビネーションランプ

今回の新型Cクラスクーペの日本発売に加えて、新型Cクラスカブリオレの日本発売が2016年内と予告された。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

車名

Cクラス

Cクラス

代表グレード

C200アバンギャルド

C200 4マチックアバンギャルド

発売日

2018年7月

2018年7月

型式

ボディ形状

4ドア セダン

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4686

4686

全幅(mm)

1810

1810

全高(mm)

1442

1452

ホイールベース(mm)

2840

2840

トレッド 前(mm)/後(mm)

----/----

----/----

室内長(mm)

室内幅(mm)

室内高(mm)

車両重量(kg)

エンジン型式

M264

M264

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1497

1497

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

80.4×73.7

80.4×73.7

最高出力

184ps(135kW)/5800〜6100rpm

184ps(135kW)/5800〜6100rpm

最大トルク

28.6kg・m(280N・m)/3000〜4000rpm

28.6kg・m(280N・m)/3000〜4000rpm

圧縮比

10.5

10.5

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

41

41

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

4リンク式

4リンク式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/50R17

225/50R17

タイヤサイズ(リア)

225/50R17

225/50R17

最小回転半径(m)

トランスミッション

9AT

9AT

駆動方式

FR

フルタイム4WD

消費税込み車両価格

5,520,000円

5,800,000円

車名

Cクラス

Cクラス

代表グレード

C180

C180アバンギャルド

発売日

2018年7月

2018年7月

型式

ボディ形状

4ドア セダン

4ドア セダン

乗員定員

5名

5名

全長(mm)

4686

4686

全幅(mm)

1810

1810

全高(mm)

1445

1445

ホイールベース(mm)

2840

2840

トレッド 前(mm)/後(mm)

----/----

----/----

室内長(mm)

室内幅(mm)

室内高(mm)

車両重量(kg)

エンジン型式

M274

M274

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1595

1595

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

83.0×73.7

83.0×73.7

最高出力

156ps(115kW)/5300rpm

156ps(115kW)/5300rpm

最大トルク

25.5kg・m(250N・m)/1200〜4000rpm

25.5kg・m(250N・m)/1200〜4000rpm

圧縮比

10.3

10.3

過給機

ターボ

ターボ

燃料タンク容量(L)

41

41

使用燃料

ハイオクガゾリン

ハイオクガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

サスペンション(フロント)

4リンク式

4リンク式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

225/55R16

225/50R17

タイヤサイズ(リア)

225/55R16

225/50R17

最小回転半径(m)

トランスミッション

9AT

9AT

駆動方式

FR

FR

消費税込み車両価格

4,490,000円

4,890,000円

過去記事(2015/12/05)

C350eが日本発売、CクラスPHVは707万円から、大阪モーターショー画像

メルセデスベンツCクラスPHV、C250eが大阪モーターショーで発表

Cクラスのプラグインハイブリッドモデル、C350eが日本導入される。2015年12月4日に開幕した大阪モーターショー2015にて、メルセデス・ベンツ日本 上野金太郎社長らがジャパンプレミア発表を行った。

(写真はメルセデスベンツ・C350e、大阪モーターショー2015)
C350e 大阪モーターショー

C350eは3月に開催されたジュネーブモーターショー2015でワールドプレミアされたモデルであった。メルセデスのプラグインハイブリッドモデルとしてはこれまでS550e longがあったが、より日本市場に馴染んだCクラスに導入されるということで興味深いファンも多いはずだ。

C350e 給電スタンド c350e-ceo

搭載されるパワートレインは直4 2.0L 直噴ガソリンターボエンジンがベースとなる。C250 Sportsなどでも採用実績があり、そのスペックは最高出力211ps、最大トルク250Nmとなる。これに付加されるモーターは、最高出力82ps、最大トルク340Nm。システム全体では最高出力279ps、最大トルク600Nmといったパフォーマンスとなる。

C350e フロントグリル C350e インテリア

駆動用リチウムイオンバッテリーの容量は6.2kWhで、最高速度130km/hのEV走行も可能とする。JC08モード燃費はセダンが17.2km/L、ステーションワゴンが16.5km/Lとなる。

メルセデス・ベンツ C350e

C350eはセダンが707万円、ステーションワゴンが782万円から

C350eの機能面ではインテリジェントアクセルペダルが装備される。まずはプレッシャポイント機能として、EVモードからハイブリッドモードに切り替わる境目をアクセルペダルの抵抗によってドライバーに伝える。またダブルパルス機能では、先行車両との距離と速度をレーダーによって計測し、燃費向上のために最適なアクセルペダルを離すタイミングをアクセルペダルのノックパルスによってドライバーに伝える。

(写真はC350e、ジュネーブモーターショー2015)
C350e ジュネーブ2015

車両価格はC350e アバンギャルドが消費税込707万円から、C350e ステーションワゴン アバンギャルドが同782万円からとなる。

過去記事(2015/09/27)

メルセデスベンツCクラスクーペがデビュー、AMG C63クーペも出展

新型Cクラスクーペが発表された、フランクフルトモーターショー画像

メルセデスベンツから新型Cクラスクーペが発表された。

(写真は新型C300クーペ、フランクフルトモーターショー2015)
C300クーペ

メルセデスベンツ・Cクラスは2014年にセダンがフルモデルチェンジを受けていた。Cクラスに与えられた新たなフロントフェイスは、グリル内に大型のスリーポインテッドスターが配されるタイプに統一されている。

C300クーペ フロントグリル C300クーペ リアコンビネーションランプ

その後、Cクラスはステーションワゴンもフルモデルチェンジを受け、今回のフランクフルトではクーペが新型公開に至った。

C300クーペ シート C300クーペ インテリア

写真のC300は直4 2.0Lの直噴ターボガソリンエンジン搭載モデルで最高出力は245psとなる。この他のエンジンラインナップは、C180として直4 1.6Lガソリンターボ、C200として直4 2.0Lガソリンターボ、C250dとして直4 2.1Lディーゼルターボが設定される。C300には4WDの4MATICモデルも用意される。

Cクラスクーペ メルセデスベンツ Cクラスクーペ

AMG C63 クーペも出展、最高出力510psのV8 4.0Lツインターボエンジン搭載

新型Cクラスクーペについては、8月に公式発表があったが、実車が公開されたのは今回のフランクフルトモーターショーが初めて。同ショーではさらにAMG C63クーペも公開された。

(写真はAMG C63 S クーペ)
AMG C63 S クーペ V8 AMG C63 S クーペ リアコンビネーションランプ

AMG C63クーペは2タイプのエンジンラインナップとなる。
まずはAMG C 63 Coupeとして、V8 4.0Lツインターボエンジンが搭載される。最高出力は476ps、最大トルクは66.3kgm、0-100km/h加速は4.0秒というスペックとなる。

AMG C63 S COUPE Edition1 AMG C63 S COUPE Edition1 リアコンビネーションランプ

さらに上級のAMG C 63 S Coupeでは、エンジンタイプは同じV8 4.0Lツインターボながらもチューンアップを受けることで、最高出力は510ps、最大トルクは71.4kgmまでパフォーマンスが高められる。0-100km/h加速は3.9秒となる。

AMG C63 S COUPE Edition1 インテリア AMG C63 S COUPE Edition1 メルセデス

過去記事(2014/10/15)

Cクラスステーションワゴンが日本発売、メルセデスベンツ パリモーターショー

メルセデスベンツ新型Cクラスステーションワゴンが日本発売

メルセデスベンツの新型Cクラスが昨年末にワールドプレミアされた。その後、2014年7月にセダンが日本デビューを果たしており、続いてステーションワゴンが10月1日に予約受注をスタートさせている。
Cクラス ステーションワゴンは11月末にもデリバリーがスタートされる見込みだ。

(写真はメルセデスベンツ新型Cクラス ブレーク、パリモーターショー2014)
Cクラス ステーションワゴン

これまでのCクラスワゴンから飛躍的な進化を遂げたのが、ボディの軽量化である。アルミニウム素材が約50%使用されることで、従来モデル比で75kgの減量に成功している。

メルセデスベンツ Cクラス ステーションワゴン ベンツ Cクラス ステーションワゴン

Cクラスステーションワゴンのボディサイズは全長4717mm×全幅1810mm×全高1457mmで、ホイールベースは2840mmとなる。セダン比では全長が+27mm、全高が+22mmと若干大きくなるが、全幅とホイールベースは変わらず。積載能力を上げながらもセダンと同じサイズ感が与えられている。

Cクラス ステーションワゴン メルセデスベンツ Cクラス ワゴン

C180に搭載されるエンジンは1.6Lターボとなり、最高出力156ps、最大トルク25.5kgfmのスペック。C200は2.0Lターボで184ps/30.6kgfm。C250は2.0LターボでC200と同排気量ながらも211ps/35.7kgfmのハイパフォーマンスエンジンとなる。

このハイパフォーマンスエンジンは、日産・スカイライン200GT-tへ供給されているものと同タイプとなる。

(写真はCクラスセダン)
新型Cクラス セダン

メルセデスベンツ新型Cクラスステーションワゴン日本仕様の車両価格

Cクラス ステーションワゴン ラゲッジルーム

新型Cクラスワゴンの車両価格は、C180ステーションワゴン(受注生産)が442万円に設定され、これがスタート価格。同アバンギャルド528万円、同スポーツが573万円と続く。

C200ステーションワゴン アバンギャルドは559万円、同スポーツが604万円、同スポーツ(本革仕様)が641万円に設定される。

最上級グレードのC250ステーションワゴン スポーツは724万円となる。

過去記事(2014/06/06)

メルセデスベンツ新型Cクラスの日本発売は7月、W205型へフルモデルチェンジ

メルセデスベンツCクラスがフルモデルチェンジでボディサイズが拡大しW205型へ

メルセデスベンツの新型Cクラスが2014年7月11日に日本発売される見通しとなった。

(写真は新型Cクラス、ニューヨーク国際オートショー2014)
Cクラス

2013年の年末にメルセデスベンツCクラスのフルモデルチェンジ発表が行われ、W205型となる次世代型Cクラスがワールドプレミアされていた。

ベンツ Cクラス

新型Cクラスのボディサイズは全長4688mm×全幅1810mm×全高1442mm、ホイールベースは2840mm。先代モデルのW204型と比較すれば、ホイールベースが+80mm、全長が+95mmの延長を受け、後席居住性の向上とトランクルームの拡大が盛り込まれている。全幅も+40mm拡大し、Cクラスとしては初めて1.8mを超えている。

Cクラス W205 メルセデスベンツ Cクラス W205

新型Cクラスは3タイプのエンジンがラインアップ、C180、C200、C250

日本市場に導入されるモデルは、C180、C180アバンギャルド、C200アバンギャルド、C250スポーツとラインアップされる。

C180およびC180アバンギャルドに搭載されるエンジンは、新開発の直4 1.6Lガソリンターボエンジンで、そのスペックは最高出力156ps、最大トルク25.5kgmとなる。

C200アバンギャルドは、直4 2.0Lガソリンターボエンジンで、最高出力184ps、最大トルク30.6kgm。

上級のC250スポーツは、直4 2.0Lのガソリンターボエンジンながらも、最高出力211ps、最大トルク35.7kgmのものが搭載される。最近では、日産のスカイラインに200GT-tが追加発売されたが、これに搭載されるターボエンジンと同タイプということになる。

(写真はCクラスロング、北京モーターショー2014)
Cクラスロング

こちらはホイールベースがさらに80mm長いCクラスロング。中国専用モデルということで日本には導入されない。

過去記事(2012/03/18)

C180、C250、C63AMG ブルーエフィシェンシー クーペ、Cクラスクーペが追加

Cクラスクーペ(C180、C250、C63AMG)が追加ラインアップ

これまでセダン、ステーションワゴンとラインアップされてきた3代目Cクラスに、クーペモデルが追加されている。価格は、C180クーペが435万円から、C250クーペが598万円から、C63AMGクーペが1085万円からとなっている。
実用性の高いセダンやステーションワゴンではなく、あえてクーペを選ぶと言うのであれば、C180よりも3タイプの中では真ん中のポジションにあたるC250がメイングレードとなりそうだ。
C250ブルーエフィシェンシークーペのボディサイズは、全長4640mm×全幅1780mm×全高1390mmで、ホイールベースは2760mm。ブルーエフィシェンシーの名の通り、環境に配慮した装備がされているのが特徴だ。C180とC250のパワートレーンには、1.8Lの直噴&ターボの低燃費エンジンと7速の多段ATの組み合わせ。さらに、アイドリングストップ機能まで装備される。C250ブルーエフィシェンシークーペはC180ブルーエフィシェンシークーペに対して、エンジンが高出力タイプになっているのだが、それでも燃費性能はC180クーペとほぼ変わらず、JC08モードで13.2km/Lという数字を出している。

(写真はC250ブルーエフィシェンシークーペ)
C250ブルーエフィシェンシー クーペ

(V8 6.3L搭載のC63AMG)
C63AMG

Cクラス、ブルーエフィシェンシークーペは、乗り心地の良さが高評価

一般的にクーペモデルは、セダンよりもスポーティーな味付けにされやすい。しかし、今回のCクラスブルーエフィシェンシー・クーペに限っては、ベースとなっているCクラスセダンよりも、コンフォートに仕上がっている。
セダンでは、時折感じられる突き上げ感が、このクーペでは18インチタイヤを履いているのにもかかわらず解消されている。ダイナミックハンドリングエディションでは可変ショックアブソーバも装備される。
逆に一般的なクーペのイメージから、スポーツ性能を求めるなら、メイングレードのC250ブルーエフィシェンシークーペは物足りなく感じるはず。車両重量は1580kgで、それに対する最高出力は204PS、最大トルクは31.6kgmと、加速感はあくまで「必要十分以上」というレベルだ。メルセデス特有の落ち着いた乗り味も相まって、スポーツカーのようなものを期待すると満足できないと感じるだろう。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先