スイフト新型三代目ZC72S,ZD72S(スズキ)の評判と実燃費レポート

三代目スイフトは評価が高い

総合評価 ★★★★
デザイン ★★★★
走り ★★★★
ハンドリング ★★★★
乗り心地 ★★★★
燃費 ★★★
コストパフォーマンス ★★★★

エクステリアは先代のスイフトらしさを残した

一見、先代との違いがわかりにくいとの評判だが、並べて見てみると新型スイフトのより魅力的になったエクステリアを感じることができる。
ヘッドライトは大きくなり存在感を増している。ボディラインは洗練されノーズの形も上質な雰囲気となった。
リアはテールランプ回りやナンバープレートの処理が変わった。
スイフト

インテリアの質感向上は評価が高い

先代のインテリアはある意味価格相応な雰囲気であったが、新型スイフトはそれが上質なものに変更したことがすぐにわかる。ウレタン塗装も上質になっているし、ステアリング回りのデザインも最近のトレンドに則ったもので新型のスイフトであることを感じさせる。

新型のプラットフォームを開発

ボディは大きくなり居住性が増した

先代の最大の欠点であった室内の狭さは、ボディサイズの拡大で改善した。ホイールベースで+40mm、全長で最大+155mm延長した新型のプラットフォームを開発した。それでもまだコンパクトカーとして標準的なサイズを維持しており、ボディサイズが大きくなった事で敬遠されることは少ないだろう。
先代では狭くて不評だった後席もやや広くなった。しかし、期待するほど広くなっていないという評価が多い。
寸法上はフィットなどとほとんど変わりないサイズとなった新型スイフトだが、車内の広々感はいまひとつ及ばない。
荷室もこのクラスとしてはやや小さめで弱点の一つとして挙げられるだろう。

乗り心地は欧州車レベルそのもの

粗い路面が続くシーンにおいてもダンパーがしっかり働き不快感を和らげてくれているのがよくわかる。普段他の国産コンパクトカーに乗り慣れている人がハンドルを握ってみると、新型スイフトの上質な乗り心地に驚くだろう。寸法上は紛れも無いコンパクトカーだが、走らせて見るとワンランク上のCセグメントカーを運転しているような落ち着いた上質なドライブフィールだ。これが街中レベルの走行で誰が乗ってもすぐにわかるほど上質であると高い評価を得ている。
サスペンション形式は前がマクファーソンストラット、後がトーションビームである。ストローク感があって動きが極めてしなやかに推移していく足回りの絶妙なセッティングは欧州車的なこだわりと品質を感じさせる。
新型スイフトのハンドリングはコーナリングでもリアがしっかりと粘るようになっている。先代の特徴であった運転の楽しさを残しつつ、新型スイフトではこれをより上質な方向へ進化させた。

新型スイフトの低燃費性能を実現したメカニズム

エンジンはK12B型を採用

エンジンは先代の1.3L,1.5Lの設定は今のところない。最も燃費性能のすぐれた1.2LのK12Bを採用した。K12Bはソリオにも採用されている低燃費効果の高いエンジンだ。背面平滑タイミングチェーンを採用いるのでタイミングベルトの交換メンテナンスも不要だ。
マーチの例でもあるが最近はこのクラスのエンジンを3気筒にする傾向がある。新型スイフトが採用してるスズキK12Bは4気筒エンジンであるためアイドリングは滑らかで、回転数を上げたとき時もチープな感じがしなくて評判だ。

新型スイフトの実燃費

走りを楽しみたい人のために5MTの設定があるが、基本はCVTをトランスミッションとして採用している。この世代から4ATの設定がなくなった。CVTは2段変速になっており、低速から高速に変わる時のショックも感じることができなかった。スムーズなCVTは加速感が気持ちいいと評判だ。
CVTの採用だけでなく軽量化して車体重量が減っていることも燃費性能に貢献している。コンパクトカーのわりにボリュームのある存在感のあるボディだが、実はFF車は1t未満の車体重量となっている。自動車重量税も年間¥5,000少なくて済む。
先代は燃費性能がやや劣るところが欠点であったが、新型スイフトではヴィッツやフィット、マーチと同程度の水準だ。10・15モードやJC08モードの数値上ではやや劣るが、実燃費ではほぼ互角の数値を叩き出している。
ユーザーからの実燃費レポートでは渋滞を含めた街中で14km/L程度、流れの良い一般道では20km/Lを超える場面もあり、良好な実燃費報告が多かった。

新型スイフトはコストパフォーマンスも抜群

価格設定がすばらしい

ベースグレードのXGで¥1,244,250-の価格設定となっている。これにアルミホイールやリヤシートリクライニングなどを装備したXLが¥1,317,750-。さらにクルーズコントロールシステム、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグなど安全装置を充実させたXSが¥1,475,250-となっている。
最上級モデルは横滑りESPが標準で付いている。MTの設定もあるがESPが付かないのが唯一の弱点だ。
小回りが利き、ステアリングも軽く、接地感がありコンパクトカークラスの感じがしない。そんな誰でもわかる上質さと安い料金設定はコストパフォーマンス抜群の車種といえるだろう。

関連するレポート

[ 2011/01/18 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.