car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スズキ・スイフト2016年内にフルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載

スイフトがフルモデルチェンジ、スズキの主力Bセグメントが新型へ

スズキのスイフトが2016年内にフルモデルチェンジを受け、4代目モデルへ切り替わることになった。

(写真は従来型スイフト)
スイフト

燃費不正問題以降、スズキのフルモデルチェンジ計画が停滞していたが、ここにきて動きが活発化してきた。2016年も残すところ二ヶ月というなか、ソリオストロングハイブリッド、ワゴンRに続き、スイフトも年内のニューモデル投入が予定されている。

スイフトハイブリッドはコストと性能のバランスで2タイプがラインアップされる

現行スイフトは2010年に発売されたモデルであった。既に現行型の生産は終了しており、ニューモデル生産に向けた準備が進められている。そして、6年ぶりのフルモデルチェンジは、ハイブリッド化が大きな目玉となる。

(写真はマイルドハイブリッドの技術出展)
マイルドハイブリッド

新型スイフトに搭載されるハイブリッドシステムは2タイプがラインアップされる見込み。まずは、ソリオハイブリッドとして市販車搭載実績のある1.2Lのマイルドハイブリッドが新型スイフトに採用される。ソリオでのJC08モード燃費は27.8km/Lとなっていることから、車体重量が軽く、空力特性が良いスイフトでは、30km/L近くに達することが予想される。

(写真はストロングハイブリッドの技術出展)
スズキ ストロングハイブリッドシステム AGS

そしてもう一つは新開発のストロングハイブリッドである。2015年の東京モーターショーの段階で市販モデルへの搭載が間近とされていたが、これも新型スイフトに採用されることになる。トヨタ・アクア(37.0km/L)、ホンダ・フィットハイブリッド(36.4km/L)、日産・ノートe-POWER(37.2km/L)といったあたりが直接的なライバルとなる。JC08モード燃費は少なくとも35km/Lのラインを超えていなければ、発売する意味もないだろう。

#1 匿名さん2016/11/02(Wed)18:41:22
(・∀・)イイネ!
#2 匿名さん2016/11/02(Wed)20:20:30
こんばんは!
いよいよスイフトも、ワゴンRと同じ年内でFMCだね!

来年(2017年)にはスペーシア/フレアワゴンのFMCとアルトのマイナーチェンジに加え、エブリイ/キャリイも後期型へマイナーチェンジして欲しいです!

マイナーチェンジ後も、車両型式は同じにして欲しいですが、エブリイはバンが「DA17V」でワゴンが「DA17W」、キャリイが「DA16T」のまま後期型へマイナーチェンジをして欲しいです!
#3 ぺぺめめ2016/11/03(Thu)20:24:31
すごく楽しみです。ネットで見るとかっこよさそうですね。

名前(任意)
コメント