car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スイフトが2016年フルモデルチェンジ、スイスポは一年遅れの2017年デビュー

次期スイフトはiK-2がデザインベース、ジュネーブショー2016で市販型発表か

スズキは、3月に開催されたジュネーブモーターショー2015で、コンセプトカーのiK-2を発表していた。

(写真はiK-2コンセプト)
次期スイフト ジュネーブ2015 iK-2

次期スイフトはこのiK-2コンセプトがデザインのベースになるとされている。

スズキ次期スイフト iK-2 次期SWIFT スズキ iK-2

現行スイフトは2010年のデビューであった。来年2016年には、フルモデルチェンジが予定されており、iK-2コンセプトに近いボディデザインでデビューすることになる。次期スイフトも日本を含めたグローバルで販売されることになるが、メイン市場はやはり欧州。2016年3月に開催されるジュネーブモーターショーで市販モデルがワールドプレミアされることになるだろう。

(写真は現行スイフトスポーツ)
スイフト スポーツ 中国仕様

次期スイフトは直3 1.0Lターボと1.2Lハイブリッド、スイスポは1.4Lターボ

次期スイフトへの搭載が予想されるエンジンは2タイプ。まずはiK-2コンセプトに搭載された直3 1.0Lの直噴ターボエンジンで、ブースタージェットと名付けられたデュアルインジェクションが装備される。ワンランク下の排気量という税制メリットもあり、搭載が期待される。

(写真は現行スイフト)
スイフト 2013 東京

そして、現行のK12B型1.2L NAエンジンは、次期ソリオにおいて簡易型ハイブリッドのSエネチャージ化されるという話もある。大きく進化を遂げることになるK12B型エンジンを次期スイフトで使わないというのも考えにくく、やはり候補の一つとして残るだろう。

また、スイフトスポーツについては、1年遅れの2017年の発売が見込まれる。こちらに搭載されるエンジンは1.4Lターボになると予想され、現行モデルの1.6L NAからのパフォーマンスアップが期待される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント