スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

新型スイフト、グローバル重視のスズキは国内向けに多くの台数を割り当てない

スズキのスイフトが昨年末にフルモデルチェンジ発表され、2017年1月4日より販売されている。その発売初月の販売台数が3788台となった。

(写真は新型スイフトのカスタムモデル、東京オートサロン2017)
スイフト 東京オートサロン

新型スイフトについては、実際の人気の度合いを示す指標となる受注数が発表されていない。ただ、月間販売台数3000台というなかであるので、スズキが用意できる台数のすべてが完売という状況ではないだろうか。今回の新型スイフトは完成度が高く、月間目標を5千台、6千台と切り上げても販売していけるのではと考えるが、スズキとしては国内向けスイフトにそれほどのリスクテイクを行う意気込みはなさそうだ。

新型スイフト スイフト リアコンビネーションランプ

スズキ・スイフトは是非とも検討して欲しい、見せかけの燃費性能より確実に安い税金

新型スイフトのボディサイズは全長3840mmとなっており、先代型よりわずかに10mm短くなった。モデルチェンジごとにボディサイズが拡大する車種の多い中では、あくまでもコンパクトに拘った印象である。4m前後のアクア、ヴィッツ、フィット、ノート、あるいは3.7m前後のパッソ、マーチ、ミラージュの中間にあたるサイズとなる。これらは大まかにはBセグメントとして括られるコンパクトカーであるが、スイフトは絶妙に競合を避けたサイズ感が与えられた。

スイフト インテリア スイフト シート

新開発の軽量プラットフォームの採用により、新型スイフトの車体重量は多くのグレードで1tを下回っている。さらに、1.0Lエンジンモデルもラインアップする。重量区分、排気量区分のそれぞれで日本の税制で優遇を受けることになる。1.2Lのマイルドハイブリッドモデルもラインアップしており、こちらは燃費性能で優れる。

スイフト バックドア

ラゲッジも1.0Lクラス車として見れば、余裕を感じる。欲を言えば、あと100mm程リアオーバーハングが伸ばせれば、クラストップレベルのラゲッジ性能も期待できたのだが。このあたりは前述の通り、競合を避けた絶妙なサイズ感が優先された結果であろう。

スイフト トランク

最後に、これはメリットにもデメリットにもなり得るが、シートがタイトでしっかりとしたホールド感が特徴として感じられた。ドライバーによっては疲れ知らずといったところであるが、大柄な男性なら窮屈に感じるかもしれないので事前にチェックしたいポイントである。

関連するレポート

[ 2017/02/13 ]
#1 匿名さん2017/02/14(Tue)00:18:47
見ながら運転するわけではないけど、ナビの位置が低すぎるし、
ケースで覆っているとはいえ、バックカメラがバックドアにぽん付けだったり、
そのへんの処理をもう少し上手くやってほしい
#2 匿名さん2017/02/14(Tue)15:02:40
先代よりインテリアの質感が下がっているような……
#3 匿名さん2017/02/14(Tue)20:58:35
残念ながらスズキは軽メーカーという固定観念が日本国内にはあるので…
いくら完成度が高くても5千も6千も売れなさそう
そんなに売れるんだったらすでに2代目から売れてるはず

新型はメーター周りだけ豪華になったね
#4 匿名さん2017/02/14(Tue)22:12:01
今回のスイフトって、ディーラーオプション付けると本気でダサくなる。
画像のやつってフルオプションだけど、すっぴんがいいと思うわ。
#5 匿名さん2017/02/19(Sun)18:46:26
頑張れよスズキ!もっとこう……ッ頑張れよスズキッ!!
#6 匿名さん2017/02/28(Tue)22:54:31
>>5
松岡修造が隠し切れない。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

エクストレイルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、プロパイロット搭載

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

レクサスNX300h、NX200t改めNX300が後期型へマイナーモデルチェンジ

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

D-X(次期コペン)、オフロードオープンスポーツが東京モーターショーに出展

N-BOXスラッシュがマイナーモデルチェンジの見込み、新デザインテーマ設定か

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

新型ノートにディーゼルエンジン搭載モデルが登場、日本導入の可能性は?

マツダ・CX-3にガソリンエンジン搭載車が追加発売、2017年秋

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

ホンダ・N-BOXフルモデルチェンジ画像公開、現行デザイン踏襲

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.