car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ソリオがフルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド版も年末に追加発売

新型ソリオがデビュー、マイルドハイブリッド搭載でJC08モード燃費27.8km/L

スズキ・ソリオのフルモデルチェンジ発表が2015年8月26日に行われた。

(写真は新型ソリオ)
新型ソリオ

新型ソリオはスズキ初のハイブリッドカーということでも注目されている。スズキはこれまでにSエネチャージとして、軽自動車向けのハイブリッドシステムを実用化してきた。しかし、これは軽自動車規格に気を使ったのか、ハイブリッドという文字がモデル名に使われることはなかった。

ソリオ インテリア

今回の新型ソリオは登録車ということで、スズキ初のハイブリッドカーが誕生した。

新型ソリオに搭載されるユニットは直4 1.2Lのデュアルジエットエンジンとなる。マイルドハイブリッド装備車のHYBRID MXは車両価格169万5600円からでJC08モード燃費27.8km/Lを達成。非装備車のGは145万4760円からで同燃費24.8km/Lとなる。

そして、2015年末にはストロングハイブリッド搭載モデルが追加発売される計画となっており、こちらも注目したい。

新型ソリオのボディサイズは先代モデルをほぼキープ、室内は広くなる

新型ソリオのボディサイズは全長3710mm×全幅1625mm×全高1745mm、ホイールベースは2480mmとなる。先代モデルと比較すると、全長は変わらないものの室内長は400mmアップの2515mmとなり居住性は大幅に向上する。ホイールベースも30mm延長されている。

ソリオ シート

また、高さ方向では全高がマイナス20mmとなったにもかかわらず、室内高15mmアップの1360mmとなっており、このあたりにも正常進化が見られる。

エクステリアデザインはキープコンセプトで、ワゴンRのシンプルなフェイスがそのまま採用された印象である。

(写真は新型ソリオ バンディット)
ソリオ バンディット

また、上級装備のソリオ バンディットも182万8200円からラインアップされる。フロントデザインがヴェルファイア風なのが特徴。こちらはマイルドハイブリッドのみが設定される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント