新型【スペーシアギア】フルモデルチェンジいつ?2024年秋頃の予想、現行型は販売生産終了、東京オートサロンのコンセプトらしきモデル画像【スズキ最新情報/特別仕様車】車中泊でも人気のSUVテイスト復活近い?電動パーキングブレーキなど装備充実へ

スペーシア

spacia-gear-001

新型「スペーシアギア」の発売は2024年秋頃が予想されます。

スズキのスライドドア付きスーパートール軽ワゴンのスペーシアシリーズは、2023年にフルモデルチェンジされ、新型3代目が販売中です。この新型スペーシアシリーズには、「スペーシア」と「スペーシア カスタム」が先行してラインアップされています。

spacia-gear-003

そして、SUVテイストの新型「スペーシア ギア」の追加発売が待望されています。2024年1月に開催された東京オートサロンでは、スズキの次期「スペーシアギア」のコンセプトカーと思われる、「スペーシア パパボクキッチン」が出品されました。「スペーシア パパボクキッチン」は、フロントデザインが従来型「スペーシア ギア」を彷彿とさせ、注目を集めました。

spacia-gear-004

ヘッドランプのフレームとフロントグリルは、ボディ別色に整えられています。フロントグリルには5箇所のスリットが開けられており、このあたりはジムニーにも似ています。

tanto-funcross-01

ダイハツ・タントファンクロス(販売停止中)


フロントガード風のデザインが採用され、タント ファンクロスやデリカ ミニのような雰囲気に仕上げられています。サイドのドアパネルを水平に貫く2本の太いキャラクターラインは、新型スペーシア シリーズ共通のデザインです。
 
spacia-gear-002

 

「スペーシア ギア」の次期モデルであることを期待させるエクステリアですが、東京オートサロンでの現場の説明員は、「スペーシア ギア」の次期モデルであることは断じて認めませんでした。

spacia-gear-005

現場の説明員に「これは、スペーシア ギアの次期モデルですよね?」と問うものの、「みなさん、そうおっしゃいます」といった返答です。さらに、「親子がアウトドアや料理を…」と、パパボクキッチンの説明文の読み上げが続きます。厳しい箝口令のためか、「新型スペーシア ギア」のデザインコンセプトであることは、断じて認めないようです。

「スペーシアギア」フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

スペーシアギアのフルモデルチェンジは2024年秋予想、従来型すでに生産終了か?値上げ発表も無し

スズキ「スペーシアギア」のフルモデルチェンジは2024年の実施が予想される。

2023年11月20日には、スズキは国内5車種の一部仕様変更と価格改定(値上げ)を発表した。スペーシアベースが77,000円の値上げが実施されるなか、スペーシアギアに対する発表は無く販売終了となった。比較的早い段階でフルモデルチェンジ発売となる可能性があるだろう。

spacia-custom-concept-41

なお、「スペーシア」の通常モデルとカスタムについては、既にフルモデルチェンジによる新型が発売中となっている。新たな装備として、電動パーキングブレーキなどが上級グレードを中心に採用される。

spacia-custom-0007

遅れてフルモデルチェンジを迎える「スペーシアギア」についても、電動パーキングブレーキが採用されるはず。アダプティブクルーズコントロールは、停止保持までの動作が可能となり、車線維持支援機能などと相まって、安全性能の向上とドライバーの負担軽減が期待される。

「スペーシアギア」フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

スペーシアギアのライバル、各社がSUVテイストのスーパートール軽ワゴンをラインアップする

SUVテイストの外観を採用したスーパートール軽ワゴンの車種が近年、人気を博している。本格的な走破性が備わったモデルではないものの、キャンプや車中泊といった用途に対応した仕様とデザインが採用され、消費者のニーズに応えている。

tanto-funcross-06

ダイハツ・タント ファンクロス

2022年10月にダイハツから「タント ファンクロス」が、続いて2023年5月に三菱から「デリカミニ」が登場した。これら新型車種は「スペーシア ギア」に対抗する形で市場に出された。

delica-mini-0043

三菱・デリカミニ

さらに、販売台数が多いライバルのホンダ「N-BOX」は2023年10月5日にフルモデルチェンジ発表された。

new-n-box-custom-01

新型 N-BOX カスタム

「N-BOX」には、SUVテイストの派生モデルが遅れて追加されるという噂もある。

「スペーシアギア」フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

スペーシアギアも出品を果たす、スズキとしては3年ぶりとなる国内大規模展示会 2023年1月 東京オートサロン

スペーシアギアは、1月開催の東京オートサロン2023、2月開催の大阪オートメッセ2023への出展を果たした。

spacia-gear-35

スペーシアギア(東京オートサロン2023)

スズキブースのデザインがアウトドアテイストに統一されるなか、スペーシア ギアも7台の出品車両のなかの一台となった。

新型【スペーシア ベース】フルモデルチェンジいつ?2025年以降予想、次期型登場はベースが最も遅れそう、4ナンバー軽四輪貨物車【スズキ最新情報】2023年12月一部仕様変更で2024年の販売継続の意思堅い、消費税込み一律77,000円の値上げ、ターボ追加は実現せず
2024/3/4更新【スペーシア ベースのフルモデルチェンジ2025年以降か、ギアが先行実施へ、一部仕様変更と値上げ実施で2024年も従来型の販売継続、ターボエンジンの追加期待】4ナンバー軽貨物車の派生車種【スライドドア車種のニーズ高まる】

2022年は同じスペーシアシリーズから、4ナンバーのスペーシアベースが追加発売されており、こちらも商用用途だけでなく、アウトドアでの利用にも適した仕様が与えられている。

「スペーシアギア」フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

スペーシアギアを買って後悔?洗練されたデザインの直接対抗モデルが2022年10月発売

tanto-funcross

ダイハツ・タント ファンクロス(東京オートサロン)

「スペーシア ギア」の直接対抗モデル「タント ファンクロス」がダイハツから2022年10月に発売された。「スペーシア ギア」は、「スーパートール軽ワゴン」+「スライドドア」+「クロスオーバーSUV」というコンセプトで作られたモデルであった。「タント ファンクロス」も同様のコンセプトでデザインされた車種となる。

新型【タント/カスタム/ファンクロス】2024年4月10日生産再開、国交省が出荷停止指示を解除、フルモデルチェンジいつ?2024年春に一部改良と値上げ実施予想【軽自動車ダイハツ最新情報】ハイブリッド化は2026年前後予想のFMCまで無しか
2024/3/27更新【ダイハツ・タント、カスタム、ファンクロス、ハイブリッドいつ?】生産再開2024年4月10日、道路運送車両法の基準に適合していることが確認済み、2024年春一部改良予想【2022年10月3日マイナーモデルチェンジ発売日】【ハイブリッド化は延期】2026年前後のフルモデルチェンジまでe-SMART HYBRID搭載は見送りか
スペーシアギア

スペーシアギア

やはり新しい分だけ「スペーシア ギア」よりも「タント ファンクロス」のほうが洗練されているように感じる。2023年度の後半が予想される「スペーシア ギア」のフルモデルチェンジも安易には延期できないのではないか。

「スペーシアギア」フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

「スペーシア ギア」に、特別仕様車「MY STYLE」設定、2021年12月

2021年12月には、スペーシアシリーズにフェイスリフトを含む一部改良が実施された。ただし、専用デザインの丸目ヘッドランプを装備するスペーシアギアは、フロントグリルのデザイン変更を受けることはなく、特別仕様車の「MY STYLE」が設定された。

特別仕様車「スペーシアギア MY STYLE」では、ホワイトのサイドドアガーニッシュ、ドアハンドル、アルミホイール等を採用したエクステリアを装備。インテリアでは、ブラウン基調のインパネカラーパネルやシート表皮が採用された。

スペーシアギア特別仕様車マイスタイル

スペーシア ギア 特別仕様車 マイスタイル

ボディカラーは、ホワイト2トーンルーフを組み合わせた全4パターンを設定し、ナチュラルでカジュアルなアウトドアテイストのデザインとなった。

特別仕様車 スペーシア ギア MY STYLE

インパネのアクセント色の変更は、スペーシアギア全車で実施された。

スペーシアギアの車両価格は、以下の通りとなる。

  • スペーシアギア:1,725,900~1,922,800円
  • 特別仕様車 スペーシア ギア MY STYLE:1,793,000~1,912,900円
新型【スペーシア】フルモデルチェンジいつ?2023年11月22日正式発売、価格表 標準車(1,530,100円~)とカスタム(1,801,800円~)、ギアとベースは遅れそう、受注停止まだ?【スズキ最新情報】ジャパンモビリティショー画像、標準車もオットマンや電動パーキングブレーキ装備可能
2023/11/9更新【スペーシアがフルモデルチェンジ発売、価格表、スズキの主力スライドドア軽自動車が新型でジャパンモビリティショー登場】【電動パーキングブレーキ、後席オットマン装備】

スペーシアギアのハイブリッドシステムは、フルモデルチェンジでさらなる進化が求められる

近年の軽スーパーハイトワゴンと呼ばれるセグメントは、ホンダ・N-BOX、スペーシア、ダイハツ・タントが販売実績の上で三強となってきた。なかでもスペーシアギアを含むスペーシアシリーズはクラス唯一の全車ハイブリッド仕様で、燃費性能は最も優秀である。

現行スペーシアギア

現行スペーシアギア

しかし、それでもWLTCモード燃費は22.0km/Lに留まる。

一方で、経済産業省と国土交通省により2030年度燃費基準が策定されたが、これによると軽スーパーハイトワゴンクラスの車両重量で求められる燃費性能は28km/L程度となる見込みである。

2030年燃費基準

2030年度燃費基準

今後、さらなる燃費改善が必要とされるなかで、現行スペーシアギアなどに搭載の小型アシストモーターを使ったマイルドハイブリッドでは、燃費基準の達成は厳しい。スズキとダイハツが手を組み、EV、ハイブリッドを含めた電動化パワートレインの共同開発が求められるのも、こういったことが背景となっている。

新型【スペーシア カスタム 画像】フルモデルチェンジいつ?発売2023年11月22日、予約受注受付中【スズキ最新情報】NA R06D型、ターボ R06A型、マイルドハイブリッドはバッテリー容量3Ahに削減【採用装備】電動パーキングブレーキ、全車速追従&停止保持ACC、車線維持支援、オットマン
2023/11/9更新【新型スペーシアカスタム、フルモデルチェンジ、電動パーキングブレーキ&後席オットマン採用でライバルN-BOXに対抗、ジャパンモビリティショー出品の画像、マイルドハイブリッド継続、R06D型採用、2030年までEV化無し】後悔しない色、ボディカラー【ピュアホワイトパール、ブルーイッシュブラックパール3が後悔しない?】

スペーシアギアはタフで実用的な軽スーパーハイトワゴン

スペーシアギアは、SUVのようなタフなエクステリアが特徴の軽スーパーハイトワゴンです。購入前には特徴やデメリットを理解し、後悔のない選択をする必要があります。

spacia-gear-33

  • 価格が高い
  • 悪路走破性は特に高くない
  • オートキャンプやファミリー利用に適している
  • リーズナブルに乗る方法も存在する
  • サスペンションに不満を持つ利用者もいる
  • 見た目が好評で、アウトドアに適している
  • 居住性が良く、オフローダーよりも車中泊に適している

spacia-gear-23

スペーシアギアは未舗装路を前提とする利用者には不向きかもしれませんが、防汚加工や撥水加工のシート、荷室フロア、リラックスクッション、カーテン&タープキットなどの豊富なアクセサリーがアウトドア活動に適しています。

スペーシアギア<まとめ>は、次のページ

スズキ新型スペーシアギアでの車中泊ガイド

スペーシアギアは、軽自動車ながらも車中泊に適した設計となっており、アウトドア愛好者や車中泊初心者にも適しています。

spacia-gear-17

  • 広々とした空間: 小学校低学年くらいまでの子供が立ったまま着替え可能
  • 撥水シート: 飲み物をこぼしても安心の撥水加工シート
  • 便利な装備: サンシェードなど車中泊に便利な装備が豊富に用意されている
  • シートアレンジ: 車中泊に適したシートアレンジが可能

また、マットは高反発で厚みがあり、寝返りがしやすく疲れにくい。

マットの選択 無料のものもあり
収納 コンパクトに収納可能で、設置も簡単
コスパ 価格や利便性に優れ、アウトドアの本格派からも支持

正規品のマットは、フィット感やデザインが秀逸で、スペーシアギア車中泊の際には最適です。

  1. 寒さ対策: 車中泊の際には、寒さ対策が必要です。
  2. 一酸化炭素中毒防止: 安全のため、一酸化炭素中毒を防ぐ注意が必要です。

スペーシアギア<まとめ>は、次のページ

スペーシアギア:アクティブスタイルと広い空間での車中泊やキャンプ

スペーシアギアは軽自動車であり、広い室内空間とアクティブスタイルが特徴。多数の車中泊に適したアクセサリーとカスタマイズが可能です。

spacia-gear-16

  • 8色から選べるカラーバリエーション。特に人気はアクティブイエロー ガンメタリック2トーンルーフ。
  • 4つの駆動方式が展開されています。
  • 安全装備が充実。速度やシフト位置がフロントガラスに投影。

広々とした低床の内部は、段差も少なく乗り降りが楽。MGRカスタムのベッドキットに対応し、フルベッドモードが利用できます。

クルーズコントロール機能で長距離運転の負担も軽減。キャリアの取り付けや、オレンジのアクセントカラーがアクティブな印象を与えます。

spacia-gear-09

  1. タイダウンベルト
  2. 荷締めベルト

これらのアクセサリーにより、キャリア使用時の安全性が向上します。カスタマイズ用のステッカーも購入可能。ターボ車は高速道路や峠でも満足のいくパワーを発揮します。

スペーシアギア<まとめ>は、次のページ

スペーシアギアでの車中泊とアウトドア活用ガイド

スペーシアギアは、車中泊に適したスズキの人気SUVです。その室内は広々としており、快適な居心地が提供されます。車中泊にはテントやタープなどの道具を揃える必要がありません、そのためアウトドア愛好者におすすめです。

spacia-gear-30

  • スペーシアギアは軽ハイトワゴンの中でトップクラスの室内スペースを持っています。
  • 近年のアウトドアブームで、車中泊をする人が増えています。
  • スペーシアギアは燃費が良く、荷物が多い場合でも安心して走行できます。
  • スペーシアギアはカスタマイズ可能で、好みに応じてDIYアレンジも楽しめます。
スペーシアギア

スペーシアギア

スペーシアギアでの車中泊をより快適にするための方法や、おすすめの純正品、市販アイテムについても紹介します。フルフラットシートやスズキの純正マット、ベッドキットの利用、また市販の高反発マットでのDIYアレンジも可能です。

アイテム 説明
純正マット スズキの純正マットで快適に過ごせます。
ベッドキット 車中泊がより快適になります。
高反発マット 市販の高反発マットでDIYアレンジも。

スペーシアギアで気軽なオートキャンプを楽しむことができます。この車で新たなアウトドアライフを始めてみませんか?

スペーシアギア<まとめ>は、次のページ

 

スペーシアギア まとめ

まとめ更新日: 2024/05/03

スペーシアギア モデルチェンジ まとめ

  • 従来型スペーシアギアは、既にホームページ削除され販売終了
  • 2024年秋頃のフルモデルチェンジ発売予想
  • 東京オートサロン2024にギア顔にカスタマイズされた新型スペーシア「パパボクキッチン」を出品
  • 次期型にBEVモデルの設定無し(スズキ発表2030年まで発売のEVの中に含まれず)
  • ライバルモデルが続々登場、2022年タントファンクロス、2023年デリカミニ

新型スペーシア「パパボクキッチン」 画像 東京オートサロン 2024年1月

spacia-gear-005 spacia-gear-004 spacia-gear-003 spacia-gear-002 spacia-gear-007 spacia-gear-006 spacia-gear-001

スペーシアギアの特徴 まとめ

  • スペーシアギアは軽スーパーハイトワゴンで、SUVのようなタフなエクステリアが特徴
  • 価格は高いが、オートキャンプやファミリー利用、車中泊に適している
  • 悪路走破性は特に高くなく、未舗装路を前提とする利用者には不向き
  • 居住性が良く、広い室内空間と良い燃費性能が特徴
  • 豊富なボディカラーバリエーションがあり、中古車市場も充実
  • 撥水加工のシートや豊富なアクセサリーでアウトドア活動に適している
  • 車中泊カスタマイズが可能で、マットは高反発、厚みのあるものも選べる
  • 8色から選べ、特定のモデルでのみ選択可能なカラーも
  • 安全装備やクルーズコントロール機能が充実、長距離運転の負担も軽減
  • 基本安全・予防安全・衝突安全技術が搭載
  • 気軽なオートキャンプに最適

スペーシアギア 画像 大阪オートメッセ 2023年2月

spacia-gear-oam2023-03 spacia-gear-oam2023-02 spacia-gear-oam2023-01 spacia-gear-oam2023-04 spacia-gear-oam2023-05

スペーシア ギア 東京オートサロン 画像 2023年 1月

spacia-gear-49 spacia-gear-48 spacia-gear-47 spacia-gear-46 spacia-gear-45 spacia-gear-44 spacia-gear-43 spacia-gear-42 spacia-gear-41 spacia-gear-40 spacia-gear-39 spacia-gear-38 spacia-gear-37 spacia-gear-36 spacia-gear-35 spacia-gear-34 spacia-gear-33 spacia-gear-32 spacia-gear-31 spacia-gear-30 spacia-gear-29 spacia-gear-28 spacia-gear-27 spacia-gear-26 spacia-gear-25 spacia-gear-24 spacia-gear-23 spacia-gear-22 spacia-gear-21 spacia-gear-20 spacia-gear-19 spacia-gear-18 spacia-gear-17 spacia-gear-16 spacia-gear-15 spacia-gear-14 spacia-gear-13 spacia-gear-12 spacia-gear-11 spacia-gear-10 spacia-gear-09 spacia-gear-08 spacia-gear-07 spacia-gear-06 spacia-gear-05 spacia-gear-04 spacia-gear-03 spacia-gear-02 spacia-gear-01

タイトルとURLをコピーしました