【スペーシア】フルモデルチェンジは2023年後半予想、第二世代HEARTECT導入はまだ先【マイナーチェンジ情報】

スペーシア
スペーシア コンセプト 東京モーターショー2017

スペーシア コンセプト 東京モーターショー2017

スズキ・スペーシアは、2022年秋に一部改良を受ける見込み。前回2021年12月の一部改良では、フェイスリフトが含まれるマイナーチェンジ相当の内容であった。2022年の一部改良の内容は法規対応のみとなることが予想される。

3代目スペーシアへのフルモデルチェンジ時期は2023年後半以降になることが見込まれる。

初代スペーシアは2013年にパレット後継のスーパーハイト軽ワゴンとして登場した。この初代型は5年弱という販売期間を経て、2017年12月に現行型の2代目にフルモデルチェンジしている。こういった経緯もあり、2022年あたりの新型スペーシア登場を期待する声もあったが、モデルサイクルは延長となる。

スズキ新型アルト

新型アルト

スズキの軽自動車ラインアップでは、2021年12月にアルトがHEARTECTプラットフォームの2巡目となるフルモデルチェンジが実施された。スペーシアに、フルモデルチェンジの順番が回ってくるまで、もう少し待つことになるだろう。

スペーシア ハイブリッド

スペーシアの2021年12月の一部改良では、フロントグリルが4本のメッキバーによる横桟タイプとなった。車両価格は1,394,800~1,656,600円に設定される。

スペーシア 車椅子仕様

スペーシア 車いす移動車

スペーシアのフルモデルチェンジ遅れそう、2021年12月一部改良でフェイスリフト

2021年12月に実施されたスペーシアの一部仕様変更は、フロントデザイン変更を伴ったマイナーモデルチェンジ相当の改良が実施された。今後少なくとも2年間程度は、現行型の販売が継続が予想される。

スペーシア

スペーシア

先代型スペーシアは約4年半の販売期間を経て、フルモデルチェンジを受けていたが、2017年発売の現行型スペーシアの販売期間は少し長くなりそう。

スペーシアが2021年9月に販売減、ワゴンRに抜かれた

スペーシアからワゴンRスマイルに販売がシフトする流れは、既に数字にも表れている。

【通称名別新車販売台数】

  スペーシア ワゴンR
2021年8月 9300 5235
2021年9月 7064 7573

2021年9月の販売台数はスペーシアが7064台、ワゴンRが7573台。スズキの軽自動車としては再量販モデルであったスペーシアが、ワゴンRによって抜かされる結果となった。8月までの販売台数から察すると、およそ2千台前後の受注がスペーシアからワゴンRスマイルへ流れたことが推測できる。

スペーシア リアコンビネーションランプ 東京モーターショー2017

タイトルとURLをコピーしました