car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型V37スカイラインは2013年6月頃の発売予測、インフィニティG35h

新型V37スカイラインはハイブリッド仕様がメインに

日産・スカイラインのV37型へのフルモデルチェンジが計画されている。その時期は、2013年の6月頃になりそうだ。
そして、V37からはハイブリッドエンジン搭載モデルが主力になるだろう。

次期スカイラインに搭載されるハイブリッドエンジンは、V6 3.5Lエンジンに1モーター2クラッチシステムを装備したものになる。これはフーガハイブリッドのVQ35HRエンジンとHM34モーターの組み合わせと共通ということになる。

スカイラインの車名が使われているのは日本国内のみで、グローバルではインフィニティGシリーズとして販売されているわけだが、その3.5Lハイブリッドを意味する新車名として「G35h」が既に商標登録済みとなっている。

さらに「G30t」「G22d」の商標登録もされており、それぞれ3.0Lターボと2.2Lディーゼルを意味すると思われる。ただし、「G30t」「G22d」に相当するグレードのスカイラインが日本に導入される可能性は、今のところは高くないと考える。

(写真は現行インフィニティG25)
インフィニティG25
インフィニティG25 2012

次期V37スカイラインにも現行のV6 2.5Lと3.5Lがキャリーオーバーか

日本仕様スカイラインの通常ガソリンエンジンモデルはとしては、V6 2.5Lと3.7Lの2タイプが現在のところ最も可能性が高く、現行モデルの踏襲という所に落ち着きそうだ。

プラットフォームは現行のV36型をベースに日産が独自開発したものになる。あえてこう書いたのは、提携中のメルセデスベンツとの共同開発が、かつて噂となっていたからである。メルセデスベンツCクラスとV37スカイラインのプラットフォームの共用化は実現しないことになった。

これまでクーペは、セダンから遅れて販売されるケースが多かったが、V37型はセダンとクーペの同時発売になる可能性が高い。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント