car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期V37スカイラインに搭載、日産とダイムラー共同開発の新型直4エンジンが公開

次期スカイライン向け新型エンジンがジュネーブモーターショーで公開される

2013年3月5日より開催されるジュネーブモーターショーにおいて、新型インフィニティQ50(日本名スカイライン)が欧州プレミアを迎える予定である。この新型Q50は、既に1月に開催されたデトロイトモーターショーでワールドプレミアを迎えていた。今回のジュネーブで注目されるのは、そのエンジンである。日産とダイムラーの共同開発による新型の直列4気筒ユニットが初公開される見通しとなっている。このエンジンはメルセデスベンツCクラスにも採用されていくことになる。
スカイラインV37 インフィニティQ50
デトロイトで公開された北米仕様の新型インフィニティQ50は、V6 3.7LとV6 3.5Lハイブリッドといった2タイプのエンジンラインナップであった。今回これに新型の直列4気筒エンジンが加わり、欧州向けQ50では初期モデルからラインアップされることになるだろう。新型エンジンの排気量など詳しい仕様は未発表だが2.0L前後クラスになることが想定される。

スカイラインのフルモデルチェンジで新型直4エンジンが搭載される可能性は?

さて、この新型エンジンの発表が今回のジュネーブで行われるというのは予想よりも早い展開である。日本仕様のスカイラインのフルモデルチェンジは2013年9月に行われる見込みで、初期モデルに採用されるエンジンはV6 3.5Lハイブリッドの1タイプのみになるのではと考えられていた。この時期に新型直4エンジンの発表となったということは、日本仕様の次期V37スカイラインも初期モデルからこの直4ユニット搭載グレードがラインアップする可能性が出てきただろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント