car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

セレナ

セレナS-ハイブリッドの受注が好調、発売初月で12000台を超えた

投稿日:

セレナS-ハイブリッドは超簡易型ハイブリッド

日産の主力ミニバン、セレナは2012年8月1日にマイナーチェンジが行われ、待望のハイブリッドモデルが追加された。
2.0Lクラスミニバンで初めてのハイブリッド車ということで、人気モデルになることが予測されていたが、その受注台数が発売から約1ヶ月の9月2日の時点で12572台となっていることを日産は発表した。

このセレナS-ハイブリッドは、ハイブリッドと名乗りながらもその実態は、トヨタのTHS方式やホンダのIMA方式とは比べ物にならないほど簡易的なもの。駆動専用の電気モーターは持たずに、アイドリングストップ用の1.8kWのエコモーターで駆動アシストするという仕組みになっている。電気モーターの出力は、プリウスが60kW、フィットハイブリッドが10kW。これらと比較すれば、大型ボディのセレナに1.8kWモーターというのが如何に小さいがわかってもらえるだろう。
また、セレナSハイブリッドはニッケル水素バッテリーのような駆動専用の蓄電池は持たず、鉛蓄電池が1個追加されるといった具合だ。
セレナSハイブリッド

セレナS-ハイブリッドの燃費性能は大したことないが、ユーザーにメリットはある

JC08モード燃費は15.2km/L。この程度の燃費性能にも関わらず、車両重量との関係で、エコカー減税率100%を達成しているのは上手い点だ。従来モデルのセレナアイドリングストップからSハイブリッド化による車両価格の上昇は、実質1万円にも満たないわけで、わずか4%の燃費性能の向上でもユーザー的にはメリットとして感じるものになっている。

ちなみにセレナのライバル、ノア&ヴォクシーのハイブリッド化も計画されており、2013年の春~夏頃にデビュー予定。こちらは高性能な本格ハイブリッドシステムの搭載で、燃費性能に期待できる仕様になりそうだ。

#1 めざましまさや2017/04/06(Thu)04:27:39
現行セレナ、面白い車ですね。安全装備の進化やさらに洗練された見た目、キャップレス給油口等、面白いところ満載じゃないですか!その面白さをいかして、e-powerだけじゃなくて、
こないだのオートサロンにあったプレミアムスポーツと言うのをスカイラインと一緒に、
さらにニスモ仕様もあったら面白そうだから、3つとも追加発売してください。

名前(任意)
コメント