次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

新型ノート、インビテーションがジュネーブモーターショーに出展

次期ノートとされるコンセプトカー、インビテーションが現在開催中のジュネーブモーターショーで公開されている。
これについて日産が新たなアナウンスを出した。
(写真は次期ノートのコンセプトカー、インビテーション)
次期ノート インビテーション
日産はこのインビテーションについて、「Bセグメントクロスオーバー、ジュークの仲間に加わる」と発表したのだ。
そこには、次期モデルとされるノートの名前は一切出て来なかった。
また、インビテーションのプラットフォームは、新型マーチと共通のVプラットフォームをベースに開発されていると発表。そのボディサイズは全長4150mm×全幅1740mm×全高1470mmと、現行ノートより一回り大きくなり、3ナンバーサイズとなっている。
多くのメディアでは、インビテーションをベースにした新型ノートのボディサイズについて、現行サイズを踏襲する5ナンバー枠に収まるものを予想するものが多いが、それはそれで納得できるもの。インビテーションはあくまでコンセプトカーなのだから。
しかし今回の日産の発表で、インビテーションがジュークの仲間だと発言したことで少し話が変わってきたのではないか。
インビテーションのデザイン、ボディサイズがそのまま新型ノートへ流用され、3ナンバーサイズになる可能性も否定できなくなった。

ただし、過去の事例から考えても、このクラスの車種を日本で売るにあたって、3ナンバー化は不利。
今回の日産の発表で、新型ノートとジュークを重ね合わさせたのは、単にデザイン性の高さのアピールか、あるいはジューク人気にあやかりたい、という理由だけかもしれない。

新型ノートの発売は6月頃とされていたが、現在は8月下旬という予測が主流になっている。
インビテーション

新型ノート、1.2Lスーパーチャージャー搭載モデルは遅れそう

新型ノートへ採用されるエンジンは、「NA 直4 1.5L」、「NA 直3 1.2L」、「スーパーチャージャー 直3 1.2L」、の3種類が検討されている。
まず、NA 直4 1.5Lについては、現行ノートのキャリーオーバーで、これにアイドリングストップが装備されたものになる。
JC08モード燃費は25km/L程度になりそうだ。

次に、NA 直3 1.2Lは、マーチと共通エンジンとなる。
1.5Lエンジンを超える燃費性能になりそうだが、もし前述のボディサイズ拡大が行われればパワー不足となり、このエンジンの採用はないだろう。

そこで期待されるのが、スーパーチャージャー 直3 1.2Lエンジン。
JC08モード燃費で30km/L程度が開発目標になっている。
しかし、このエンジンは開発が遅れており、開発本家のマーチスーパーチャージャーもまだデビューを果たしていない。
したがって8月下旬の発売には間に合わないと考えるのが妥当。
2013年あるいは2014年モデルのノートに追加投入されるという考えが主流だ。

関連するレポート

[ 2012/03/10 ]
#1 匿名さん2017/01/24(Tue)20:40:41
新型ノートで31、2Lとは点のうつばしよ違わないですか

#2 おじさん2017/03/01(Wed)16:55:41
直列3気筒、排気量1,2㍑を略しているよ。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

エクストレイルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、プロパイロット搭載

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

レクサスNX300h、NX200t改めNX300が後期型へマイナーモデルチェンジ

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

D-X(次期コペン)、オフロードオープンスポーツが東京モーターショーに出展

N-BOXスラッシュがマイナーモデルチェンジの見込み、新デザインテーマ設定か

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

新型ノートにディーゼルエンジン搭載モデルが登場、日本導入の可能性は?

マツダ・CX-3にガソリンエンジン搭載車が追加発売、2017年秋

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

ホンダ・N-BOXフルモデルチェンジ画像公開、現行デザイン踏襲

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.