car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マーチ

マーチがマイナーチェンジでSUV顔に6/24予定、マーチNISMO 1.5L 5MT投入

投稿日:2013/05/27 更新日:

マーチがマイナーチェンジ、フロントデザインを変更

日産のコンパクトカー、マーチが2013年6月24日にもマイナーチェンジを受ける見込みとなった。
今回のマイナーチェンジの大きなポイントはエクステリアの変更。特にグリルデザインは大きく変わり、従来型マーチとは大きく異なる印象を受けるはずだ。フロントのNISSANエンブレムは、グリル内に新たに設置された逆台形フレームの中に置かれる。これは日産のクロスオーバーSUV、ジューク、デュアリス、ムラーノと同じ流れを汲むデザインである。コンパクトカーのマーチにこれが採用されるということから、このデザインが日産車種全体にも波及していく可能性を感じた。
既に、生産国のタイではこのマイナーチェンジによるエクステリア変更を実施済みで、日産タイランドの公式サイトでも確認することができる。

(写真はMC前、欧州仕様マイクラ 2012年 パリ)
日産マーチ マイクラ
日産 マーチ 欧州仕様
マーチは1.2Lスーパーチャージャーモデルの登場が噂されていたが、未だ実現に至っていない。

マーチNISMO追加と質感の向上で国内販売の巻き返しを図る

さらに、今回のマイナーチェンジ時に、マーチNISMOも発表される予定。日産のスポーツブランドのNISMOは、かつては先代K12マーチをベースにしたS Tune COMPLETEを販売していたが、今回は現行のK13マーチをベースにしたコンプリートモデルを新たにラインアップすることになる。パワートレインとしては2タイプが用意され、CVTモデルは標準車と同じ直3 1.2Lエンジンが、5MTモデルは直4 1.5Lエンジンが搭載される。
価格は1.2Lが約155万円、1.5Lが約175万円程度で、実際の発売日は2013年末頃になる見込み。

現行マーチは、2010年にK13型としてフルモデルチェンジされたが、日本国内よりも新興国市場を重視した設計ということであった。データによれば、K12マーチから乗り換えが行われた台数のうち、現行のK13マーチを選んだ台数は2割にも満たず、4割以上が他社メーカーの車に移ってしまったという。
こういった国内販売の不振を改善するためか、今回の改変では国内ウケを狙った質感の向上も盛り込まれるようだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント