car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

日産

リーフ(日産)はこんなクルマ

投稿日:2011/05/05 更新日:

日産リーフは一般の人が普通に乗れるEV車として評価されている

エクステリア

日産LEAFは、ぱっと見た感じはティーダのボディにノートのフロントフェイスが付いたような雰囲気に近く、日産車であることがクルマ好きならばすぐにわかる。
エンジンがないことによるボンネットの低さや、空力特性を重視したボディラインが特徴的で、リーフが電気自動車であることをさりげにアピールしている。
特に気になったのが、出っ張ったヘッドライトの形状。これは風切り音を抑える効果があるという。
他に細かい部分では、アンテナが妙に太くかわいらしい。これも騒音を低減させるためのデザインである。
リーフはエンジンが無い分、風切り音を中心とした外部からの騒音が目立ってしまうので、それを抑えるための工夫が普通のガソリンエンジン車よりも多くなされている。
動力性能だけでなく、快適性能にも十分に気を配ってリーフは設計されており、そこがこれまでの試作品的な意味合いの強かった電気自動車とは大きく違う点である。

ボディサイズは全長4445mm×全幅1770mm×全高1545mm、ホイールベース2700mmとなっており、5ナンバーサイズのティーダよりも一回り大きい。
リーフは全幅が170cmを大きく超えた3ナンバーサイズのボディになる。
リーフ 日産リーフ

インテリア

インパネ部分は、上段にはスピード、時計、外気温計が表示される。
下段にはバッテリー残量を中心に、残航続可能距離などが表示される他に、電費というEV車ならではの項目もある。
内装のシート表皮にはペットボトルのリサイクル材が使われており、エコを意識したクルマ作りがなされている。

リアシートは前に倒して、ラゲッジスペースを広げることができる。
しかし、深いトランク部分に対しリアシートを寝かせた面は高く、高さ30cmぐらいのかなり大きな段差が発生してしまう。
フルフラットとはならないので注意したい。

パワーソース

モーターは最高出力109ps、最大トルク28.6kgmとなっており、リーフぐらいのサイズのクルマとしては標準的で無理無駄の無い出力と言える。
モーターはフロント部分に乗せられ、そのまま前輪駆動として機能している。
気になる連続走行距離は、JC08モードで200kmとなっている。
ガソリンエンジン車と比較すれば、まだまだ行動範囲や用途に制限があるのも事実だ。
バッテリーはリチウムイオンバッテリーを床下に敷き詰めて積載されている。
充電時間は実用に耐えられるものに近づいたが、急速充電では30分で80%、200V充電では8時間のフル充電となっており、これからの改善にも期待したい。

グレード構成

リーフのグレード構成は主に、「X」の3,764,250円~と、「G」の4,060,350円~の2タイプになる。
上級グレードGには、バックビューモニターやETCユニット、ソーラーセル付きのリアスポイラーといった装備が付く。
EV車に対する補助金や税制の優遇を受けると概ね、車体価格として300万円台前半ぐらいを実質負担することになる。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

-日産
-

関連記事

QX50スカイラインクロスオーバー QX SPORT INSPIRATION フロントグリル

次期スカイラインクロスオーバー、QXスポーツインスピレーション進化版が公開

次期スカイラインクロスオーバーのコンセプトが進化、QXスポーツインスピレーション 日産ではスカイラインクロスオーバーの後継モデルの準備が進められている。パリモーターショー2016で公開されたインフィニ …

スカイラインクーペ インフィニティQ60

次期スカイラインクーペは2017年春に日本発売、インフィニティQ60画像

インフィニティQ60、次期スカイラインクーペがジュネーブモーターショー2016に出展 インフィニティQ60は日本名スカイラインクーペとして発売が期待されるモデルである。2016年1月の北米国際オートシ …

新型キャラバン 2012

日産・キャラバンが2012年9月にフルモデルチェンジ

新型キャラバンが今秋にもデビュー、新型ディーゼルターボで燃費も期待 現行E25型キャラバンは、2001年から長く生産されてきたが、今年2012年で12年目を迎える。 遂に2012年9月にはフルモデルチ …

ティアナ

ティアナがフルモデルチェンジ、日産は2.0L FFハイブリッドを2014-2015年に投入

新型ティアナは2.5Lガソリンモデルのみの出展、ハイブリッドは見送りか ティアナがフルモデルチェンジを受けるということで、現在開催中である東京モーターショー2013の日産ブースに参考出品車として展示さ …

ジューク ニスモ RS 日産

ジュークNISMO RSが10月に日本発売、1.6L直噴ターボ搭載で最高出力215ps

ジュネーブで公開された、日産ジュークNISMO RSが今秋発売される ジューク NISMO RSが2014年10月に発売される見込みとなった。 (写真はジュークNISMO RS、ジュネーブモーターショ …

新着コメント

Tjクルーザー

トヨタ・Tjクルーザーのワールドプレミアが予定、積載力の高い小型SUV

GR HVスポーツコンセプト

トヨタ・GR HV SPORTS conceptが東京モーターショーでワールドプレミア予定

ダイハツ DN トレック

ダイハツ・DNトレックが東京モーターショー出品予定、ビーゴ後継コンセプト

次期フォレスター VIZIV FUTURE CONCEPT

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

マークX

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

アリオン

トヨタのプレミオ&アリオンがマイナーモデルチェンジ、新エクステリア採用

WRC YARIS

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

ヤリス GRMN フランクフルト2017

ヴィッツGRMN 2018年春発売へ、1.8L+スーパーチャージャー搭載で212hp

エレーヌ アウディ

アウディ・エレーヌ、レベル4自動運転スポーツEV、東京モーターショー出品予定

バモス

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

オデッセイ アブソルート ハイブリッド

ホンダ・オデッセイが11月マイナーモデルチェンジ、東京モーターショー出品

クラウンコンセプト

クラウンコンセプト東京モーターショー出品確定、2018年夏発売予定

CX-8 インテリア

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

BMW8 コンセプト

BMW 8シリーズが約20年ぶりにフラグシップに復活、コンセプトモデル画像

デリカ D:5

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

T-Roc フランクフルトモーターショー2017

フォルクスワーゲン・T-Roc、新型BセグメントクロスオーバーSUVが欧州発売

C-HR hy-power コンセプト フランクフルト2017

C-HR Hy-Powerコンセプト、新開発ハイブリッドパワートレイン搭載を予告

ポルトフィーノ マフラー

フェラーリ新型ポルトフィーノ画像、3855cc V8ターボは600psに進化

NX300 リアコンビネーションランプ

レクサスNXがマイナーモデルチェンジで後期型に、フランクフルト画像

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッド発売、約330万円より

CR-V ハイブリッド フロントグリル

ホンダ・CR-Vハイブリッド プロトタイプが欧州発表、日本発売の可能性はあるか

EV-STER

Nスポーツの市販プロトが東京モーターショーに出展される見込み、ビート後継車

ランドクルーザー プラド

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

レクサスCT200h

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

北米仕様 インサイト

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

BMW i ヴィジョンダイナミクス フランクフルト2017

BMW i Vision Dynamics画像、次世代4シリーズEVあるいはi5シリーズを提案

BMW X7コンセプト

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

コンセプト Z4 フランクフルトモーターショー2017

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

ポロ GTI リアシート

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

aspark owl フランクフルトモーターショー2017

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー