car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

GT-R搭載のハイブリッドエンジンはダイムラーとの共同開発の可能性あり

GT-Rのハイブリッド化は2015年前後に行われると予測

日産ではGT-Rのハイブリッド化について何年も前から研究が続けられている。ライバルのホンダ・NSXが500ps超のSH-AWDハイブリッドシステムを搭載し2014年にもデビューすることが確実視されるなか、GT-R ハイブリッドも商品化に向けて具体的な動きが求められる時期に来ている。
GT-R R35
一方で、次期モデルのR36型GT-Rの発売時期としては、2015年説、2018年説とあるぐらいで、ハイブリッド化がR36型へのフルモデルチェンジのタイミングで行われるのか、あるいは現行R35型の後期モデルからなのかは、まだはっきりしない。いずれにせよ、2015年前後にハイブリッドエンジン搭載のGT-Rが登場する可能性が高いと考える。
GT-R 日産 2013上海

GT-Rに搭載されるハイブリッドシステムはダイムラーV6エンジンがベース

GT-Rへ搭載されるハイブリッドシステムは、ダイムラー製V6 3.0Lツインターボエンジンを基本にモーターアシストを加えたユニットが現在のところ有力である。そして、モーターやその制御部分の開発については、日産で行われるはずだから、日産&ダイムラーによる合作エンジンということになるだろう。こういった開発背景からも、このハイブリッドシステムはメルセデスベンツ・SLS AMGのようなダイムラー側のスポーツ車種へも搭載されるのではと予想できる。また、ハイブリッド版GT-Rが2015年デビューということであれば、今からのエンジンユニットの大幅な変更は難しいという考えもあり、このダイムラー製V6エンジンの搭載を確実視する意見もある。
GT-R nissan
GT-R開発責任者の水野和敏氏が2013年春で日産を退職したこともGT-Rを語るにおいて大きなトピックである。これを機に開発スタッフの多くがメンバーチェンジし、今後全くの別案が動き出す可能性も否定できないだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2012/06/15)

GT-Rの2014年モデルはエクステリア変更、ハイブリッド化の可能性も

GT-Rが2013年秋に新デザインで登場

2007年にデビューした現行R35型GT-Rは、今年2012年で5年目を迎える。昨年2011年にはエンジンユニットの強化が行われ、最高出力550psへのパワーアップを果たしている。
このような年次改良が重ねられてきたGT-Rだが、エクステリアデザインについては、初期モデルから大きな変化がないままであった。次期2014年モデルでは、いよいよフェイスリフトを含めたデザイン変更が予定されている。詳細なデザインについては、今後の発表を待ちたい。
ただし、デザイン変更とは言ってもフルモデルチェンジに相当する改変ではない。GT-RのR35型としての販売は、当初2015年までの計画であったが、これが3年延長しており、フルモデルチェンジは早くても2018年の見込みとなっている。

(写真は現行GT-R)
GT-R-2012-beijing

GT-Rが来年ハイブリッド化される可能性もある

当初2015年に計画されていた次期モデルR36 GT-Rは、ハイブリッドエンジンの搭載が有力視されていたのだが、それが2018年まで延期となれば少し話が違ってくる。2018年のハイブリッド化では遅すぎるのだ。既にポルシェは、プラグインハイブリッドの918を2013年9月18日より生産開始することを発表しており、上級スポーツカーにもハイブリッドユニットの搭載が当たり前になりつつある。現在の日産は、セレナやティアナといった普及車に多くのハイブリッドカーを投入していく段階にある。ハイブリッド化の動きにGT-Rも遅れをとることはできないだろう。

日産は、GT-Rベースのパワーユニットを使ったハイブリッドコンセプトカー、インフィニティ・エッセンスを2009年のジュネーブモーターショーで発表している。そのハイブリッドユニットの完成度は、まだ市販レベルに達してはいないと見るのが正確なところだろうが、数年以上前からGT-Rのハイブリッド化を検討していたことは明らかだ。
また、近年の日産は、業績が好調である。2011年度の日産ルノーの連結販売台数は802万台を記録しており、これはGM、フォルクスワーゲンに次ぐ世界3位で、トヨタを上回る業績になっている。予算問題を含めたGT-Rの開発環境は比較的恵まれている時期にあるはずだ。
ビッグマイナーチェンジに相当する2014年モデルGT-Rにハイブリッドを投入してくるという可能性は少なくないと見ている
(写真はインフィニティ・エッセンス)
インフィニティ エッセンス

2014年GT-Rのハイブリッド化は、まだ噂の域を出ない話だが、デザイン変更については、ほぼ間違いなく行われる見込み。
来年2013年の秋に開催される東京モーターショーでは、フェイスリフトされた2014年モデルのGT-Rが披露されるはずだ。

過去記事(2011/12/05)

日産GT-Rがさらに進化した!東京モーターショー画像

GT-R、2012年モデルはエンジン出力がアップする

2012年も年次改良されるGT-R。
今回は最高出力が530psから550psに、最大トルクが62.5kgmから64.5kgmにアップする。
このエンジンのアップグレードは、例えサーキットで走行したとしてもあまり意味のない性能アップだという評価もある。
どちらかと言うと、ライバル車のエンジンスペックを数値的に意識したもので、このアップグレードによりレクサスLFAの性能と同等になるというわけだ。

2012年版GT-Rの車体価格は、Pure editionが869.4万円、Black editionが947.1万円、Premium editionが961.8万円、EGOISTが1500.03万円になる。

(写真は東京モーターショーに出展されたGT-R)
GT-R

GT-R リア

GT-Rに採用される左右非対称セッティング

本来、クルマのセッティングは左右対象であることが理想のはず。
2012年版のGT-Rで採用される左右非対称セッティングとはどういうものなのか。
元々GT-Rは、フロントエンジンからの出力を後輪に伝えるプロペラシャフトが、中央よりも少し右側に設置されている。
このプロペラシャフトの重量が約50kg。
さらに右ハンドルであれば、ドライバーの体重も加算され、さらに重量バランスは悪くなっていた。
このことで、左右のどちらかを意識したコーナリングを強いられることになり、実際にGT-Rでレース走行するドライバーからは、GT-Rの弱点の一つとして挙げられることもあった。
GT-Rに潜在的にあった左右の偏りを解消するための左右非対称セッティングというわけだ。

具体的には、サスペンションのセッティングが左右で異なる仕様になる。
左フロントのバネレートがハードになり、さらに右リアの車高が少し上げられる。
これらの細かいセッティングにより、左右の違いによるコーナリングの違和感は、ほぼ無くなったとしている。
2012年モデルのGT-Rは、右コーナーか左コーナーを意識すること無く、走りに集中することが可能になるというわけだ。
左右非対称セッティングは、同じコースを何度も周るレーシングカーでは度々行われることがあるが、市販車で採用されるのは、このGT-Rを除いてほとんど例がない。

過去記事(2011/08/29)

GT-Rに特別チューンされたスペックRが追加

GT-R最速のスペックRは11月にデビュー

2007年にデビューしたGT-R。今年も年次改良がされ、新グレードが追加される。
この中で注目の話題は、エンジン出力が560psにパワーアップされたバージョンの導入だ。
現行モデルの530psと比較して30psのアップ。
そして、これは同じプレミアムスポーツカーとしてのライバルであるレクサスLFAと並ぶ出力馬力になる。
ただし、プレミアムエディションのレクサスLFAの570psには及ばない。

エンジンがチューンアップされたスペックR

現行のモデルも引き続き販売は継続される。
GT-RスペックVは既に生産を終了したので、実質的にはこれの後継グレードという位置づけだ。
560ps版のGT-Rは2011年11月にスペックRという新グレードとして登場する。

エクステリアに大きな変更は無し

今回を含めた毎年の年次改良は日産チーフエンジニアの水野和敏氏の指示によって行われている。
今年はエクステリアデザインに関する変更はほとんど無いと言う。
ただし、ホイールは変更される予定で、ビジュアル面で大きく違いが出るのではないかと期待する。