car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

GT-RがマイナーモデルチェンジでR35最終型へ、ニューヨーク国際オートショー

投稿日:

現行GT-R最終モデルがワールドプレミア、内外装改良、新色ブレイズメタリック

日産はGT-Rのマイナーモデルチェンジをニューヨーク国際オートショー2016で発表した。

(写真は新型GT-R)
日産GT-R

2017年型となる新型GT-Rは、現行R35型の最終バージョンとされるモデル。新色のブレイズメタリックで染められた鮮やかなボディが映え、最終モデルらしくスペシャリティ感あふれる雰囲気が漂う。

GT-Rの最高出力は20hpアップの565hpに、エンジンパフォーマンス向上

GT-R 2017年型のボディサイズは全長4710mm×全幅1895mm×全高1370mm、ホイールベースは2780mmとなる。エクステリア変更により、全長は現行比+40mmのサイズアップとなった。

GT-R Vモーショングリル GT-R リアコンビネーションランプ

フロントデザインでは、Vモーショングリルを採用したのが大きなポイントとなっている。Vモーショングリルは日産ブランドを象徴するものとして、ボトムのマーチからSUV、セダンに至るまで幅広く採用されてきた。遂にフラグシップのGT-Rへの導入を果たしたことになる。

GT-R ニューヨーク国際オートショー2016

インテリアでは、レザー素材をインパネにも採用し、よりプレミアムスポーツらしい装いとなった。

GT-R インテリア GT-R インテリア

3.8L V6ツインターボエンジンと6速DCTからなるパワートレインは、新たに気筒別点火時期制御が導入された。パフォーマンスアップも盛り込まれ、最大出力は565hp/6800rpm(現行比+20hp)、最大トルクは467lb-ft(現行比+4 lb-ft)を達成する。

GT-R フロントグリル 日産GT-R R35ファイナル

2017年型GT-Rは、2016年夏頃より米国で発売される見込み。日本市場への導入もそう遅れることなく実施されるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

GT-RがマイナーモデルチェンジでR35最終型へ、ニューヨーク国際オートショー

GT-R R35型最終モデルがニューヨーク国際オートショー2016で公開見込み

GT-R搭載のハイブリッドエンジンはダイムラーとの共同開発の可能性あり

GT-Rの2014年モデルはエクステリア変更、ハイブリッド化の可能性も

日産GT-Rがさらに進化した!東京モーターショー画像

GT-Rに特別チューンされたスペックRが追加