日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

オーナーは新型E52エルグランドのココに満足評価している

低床化プラットフォーム

先代E51にくらべ低床化させたことにより重心が低くなり車体が安定した。
ハンドリング性能が格段に良くなり、乗り心地も走行時にゆったりくつろげるほどに向上している。
街乗りも高速道路走行時も横揺れ・縦揺れが少なくなりドライバーも同乗者も疲れを感じにくくなっている。
さらに、足回りサスペンションは前が独立懸架ストラット式、後が独立懸架マルチリンク式となっておりミニバンのライバルのアルファードに対して大きなアドバンテージとなっている。
高速道路のカーブでもロールは抑え目でしっかり踏ん張ってくれる。
先代E51はFRであったのに対し、新型E52がFF化しているがこのことに不満を言うオーナー見つけることができなかったほどだ。

熟成エンジンとCVTの組み合わせで実燃費が向上

スポーツセダンからの乗換えでもQR25DE 2.5L 直4エンジンに大きな不満を感じることは少ないだろう。
2.5LのQR25DEは街乗りも高速道路でのロングドライブもしっかりこなせる。
もちろん経済的余裕があればV6 3.5LのVQ35DEエンジンを選ばない理由は無い。
とくにフル乗車の機会が多いなら3.5L,VQ35DEをおすすめしたい。
日産エクストロニックCVT-M6採用の効果で実燃費も良くなっている。
走行条件によって変わるが、先代E51が6km/L程度の条件では新型E52は8km/L前後は期待してよいだろう。
条件によっては11km/L以上の報告もある。
ちなみにFF,2.5Lモデルでの10・15モード燃料消費率は11.6、JC08モード燃料消費率は10.8となっている。
燃費対策としては、可変バルブタイミング、自動無段変速機(CVT)、ロックアップ機構付トルコン、電動ポンプ式油圧パワーステアリング、発電電圧可変制御のシステムを備えている。

高級感はクラス最高

オーナーの多くはメカニズム的な部分よりも圧倒的な高級感に満足している声が多い。
風邪きり音や雨天時の水しぶきの騒音も少ない。
静粛性の高い静かな車内、アクセルを踏み込んでも排気音に品格がある。
シートの座り心地、操作性、スライドドアの開閉がスムーズである。
また、E51ではスライドドア側の窓が開けられず不満に思うオーナーがいたが、新型E52では窓の開閉が可能だ。
高級感のある進化した使いやすいナビ周りやインパネも評判がいい。
エルグランド

E52の不満、欠点、短所

フォグランプの暗さに不満をもつオーナーがいくらかいるようだ。
また、オットマンの操作性を気にするオーナーもいるので購入前に確認しておきたい。

圧倒的な広さは無くなった

先代E51のような大型ミニバン特有の広さはなくなった。
これは重心を下げるために低床化だけでなくルーフも下げたことに起因してる。
これにより、前述の素晴らしいハンドリング、乗り心地を実現させたのだが、積載量はやや少なくなっている。
自転車、特にママチャリ等を頻繁に乗せる場合は要チェックだ。

新型E52エルグランドの故障、トラブル、メンテナンス

現在のところ大きな故障、トラブル報告はない。
2.5LモデルでQR25DEエンジンのアイドリングが不安定になる不調が報告されている。
これは、アイドリング管理の再学習で簡単に解決したという報告がある。

タイミングチェーン採用

2.5L,QR25DE / 3.5L,VQ35DE 共にメンテナンスフリーのタイミングチェーン採用エンジンであるのでタイミングベルトの交換が不要である。
10万kmごとに出費を強いられることはない。

E52新型エルグランド型番

DBA-PE52 FF,2WD,3.5L(350 Highway STAR)
DBA-TE52 FF,2WD,2.5L(250 Highway STAR,250XG)
DBA-PNE52 4WD,3.5L(350 Highway STAR)
DBA-TNE52 4WD,2.5L(250 Highway STAR,250XG)

関連するレポート

[ 2010/12/30 ]
#1 匿名さん2017/02/11(Sat)14:52:29
前期トラブルとしてcvtから異音2万キロoil交換で小さいが根本的な音が消えず。諦め後期に乗り換えたがアイドリング不安定特に暖気時、アイドル回転少し高い、フケも悪い。cvtのジャダー等デ前期よりパンチの効かないcvt、多分制御されてる。静粛性能も少し悪い硝子の雨音が特に。デtuneしており粗悪な気がしてショック。。。燃費は前期の方がよく街平均8、9きろ高速は12ー15キロ「80ー100キロ」、後期は6ー7キロ高速は9ー10キロと良くない。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

エクストレイルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、プロパイロット搭載

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

レクサスNX300h、NX200t改めNX300が後期型へマイナーモデルチェンジ

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

D-X(次期コペン)、オフロードオープンスポーツが東京モーターショーに出展

N-BOXスラッシュがマイナーモデルチェンジの見込み、新デザインテーマ設定か

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

新型ノートにディーゼルエンジン搭載モデルが登場、日本導入の可能性は?

マツダ・CX-3にガソリンエンジン搭載車が追加発売、2017年秋

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

ホンダ・N-BOXフルモデルチェンジ画像公開、現行デザイン踏襲

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.