新型【MAZDA6】フルモデルチェンジ速報、発売2022-2023年、次期型はFR、直6エンジン搭載

MAZDA6

マツダでは、MAZDA6のフルモデルチェンジに向けた準備が進められている。早ければ、2022年秋頃の発表が予想される。

現行 MAZDA6

現行 MAZDA6 欧州仕様

MAZDA6は、2012年に発売された3代目アテンザから基本構造が変わっていない。2019年にはグローバルネームのMAZDA6に国内モデルの車名が統一されたが、実質的な販売期間は9年に迫っており、フルモデルチェンジが待望される時期に来ている。

マツダ6

次期MAZDA6は、新開発ハイブリッドとFRプラットフォームを採用

MAZDA6後継モデルは、新開発のFRプラットフォームをベースに、3種類の新開発パワートレインが装備されることになりそうだ。

まず以前より知られていた新世代プラットフォームの話からしておくと、マツダは「スモール アーキテクチャ」と「ラージ アーキテクチャ」の2種類で車両開発を進めている。既に「スモール アーキテクチャ」が採用されたモデルとして、MAZDA3、CX-3、CX-30、MX-30が市販化に至っている。

MAZDA6 セダン

そして、「ラージ アーキテクチャ」については、まだ市販モデルが実現していないわけだが、その第一弾として登場しそうなのが、2022年のフルモデルチェンジ発売が期待される新型MAZDA6というわけである。

マツダが発表した「2030年に向けた新たな技術・商品方針」では、「ラージ アーキテクチャ」に採用される3種類のパワートレインも明らかとなっている。

  • ガソリンエンジン48Vマイルドハイブリッド
  • ガソリンエンジンプラグインハイブリッド
  • ディーゼルエンジン48Vマイルドハイブリッド

これらは何れもエンジンが縦置きにレイアウトされており、さらにプロペラシャフトが存在することが、公開されたイラストから判断できる。

次期MAZDA6はFRプラットフォームが採用されることになる。

3種類のエンジンについて、詳細なスペックまでは公開されていないが、現段階で考えられる仕様は以下の通り。

ガソリンエンジン48Vマイルドハイブリッド

パワートレインラインアップのなかでも販売の主力となりそうなのが、直6ガソリンエンジンをメインユニットとする48Vマイルドハイブリッドシステムである。排気量は3.0Lが予想される。

SKYACTIV-G 48V HYBRID

ガソリンエンジン48Vマイルドハイブリッド

このクラスの6気筒エンジンは、衝突安全性の確保のためエンジン長を短くすることができるV型エンジンを採用するのが今世紀になってからの流れであった。ただし、その後の技術の進歩で直列6気筒でも衝突安全性を確保することが可能となった。構造的に一次振動を抑えられる上、コスト面でも有利は直列エンジンに回帰する動きがある。

6気筒のシリンダーブロックは、直4 2.0L SKYACTIV-Xの現行エンジンから気筒を2つ増やしたものが想定される。電動部は48Vマイルドハイブリッドに仕上げられる。

近年の直列6気筒ガソリンハイブリッドと言えば、メルセデス・ベンツが2018年にSクラスで導入をスタートさせたM256型エンジンがあり、ISGによる48Vハイブリッドも備わる。これがベンチマークの一つとなっていることが想定される。

ガソリンエンジンプラグインハイブリッド

プラグインハイブリッドのメインユニットは縦置き搭載された4気筒エンジンとなる。

SKYACTIV-G PHEV

ガソリンエンジンプラグインハイブリッド

2022年が想定される新型MAZDA6のフルモデルチェンジ時には導入が間に合わず、数年遅れて追加発売される見込み。

ディーゼルエンジン48Vマイルドハイブリッド

ディーゼルも直列6気筒で開発中となっている。

SKYACTIV-D 48V HYBRID

ディーゼルエンジン48Vマイルドハイブリッド

直列6気筒ディーゼルの48Vハイブリッドといえば、BMWのM340dなどで先行導入された例がある。

次期MAZDA6のデザインスタディモデル「VISION COUPE」

マツダは2017年の東京モーターショーでコンセプトカーのVISION COUPEを発表していた。これは新型MAZDA6のデザインスタディモデルと考えられる。

MAZDA VISION COUPE

MAZDA VISION COUPE

VISION COUPEの特徴は、大きなボンネットと、四隅に配置されたホイール、そして室内には極太のセンタートンネルが存在しており、まさかのFRプラットフォームということで話題となっていた。ただしその実現性に関しては発表当時は疑問視する声も多く、単なる客寄せのコンセプトカーという見方もあった。

MAZDA VISION COUPE

VISION COUPE公開から4年が経とうとするなか、次期MAZDA6としてのFR 4ドアクーペの市販化が確実視される。

MAZDA VISION COUPE

マツダ ビジョン クーペ リアコンビネーションランプ

MAZDA VISION COUPE

MAZDA VISION COUPE

マツダ VISION COUPE コンセプト

MAZDA VISION COUPE

タイトルとURLをコピーしました