マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

アクセラ2019年フルモデルチェンジ予測、SKYACTIV-Xを搭載

マツダは次世代ガソリンエンジン、SKYACTIV-Xを発表した。2019年の市販車搭載が予告されており、同時期にフルモデルチェンジされる次期アクセラへの導入が予想される。

(写真は現行アクセラ)
アクセラ

マツダが2010年に発表した新世代技術群のスカイアクティブテクノロジーは、更なる発展を遂げた第二世代へ切り替わりつつある。その中でもコアとなる技術、SKYACTIV-Xは量産世界初の予混合圧縮着火ガソリンエンジン(HCCIエンジン)である。

(写真は現行SKYACTIV-G)
アクセラ Mazda3 SKYACTIV-D 1.5 エンジン

アクセラ SKYACTIV-Xはハイブリッド並の燃費、現行SKYACTIV-G比で最大20~30%の燃費向上が見込まれる

ガソリンエンジンはスパークプラグによる強制点火が一般的であるが、これを圧縮により自然着火させるというのがSKYACTIV-Xである。スパークプラグによる着火は一点から燃焼が連鎖し広がっていく爆発である。圧縮着火では、圧縮による高温化が着火のタイミングとなり、混合気のあらゆる箇所で燃焼が始まる。

圧縮着火のこの特徴により以下の効果が得られる。まずはスーパーリーン燃焼(超希薄燃焼)が可能となり、現行SKYACTIV-G比で最大20~30%の燃費性能向上効果が見込まれる。より完全燃焼に近くなるため排ガスもクリーンである。そして、スパークプラグと比較して瞬間的となった燃焼時間は、エンジンレスポンスを向上させ、現行SKYACTIV-G比で10~30%のトルクアップが想定されている。

なお、圧縮着火に適さない状況では、従来のスパークプラグによる点火が行われ、その切り替えもシームレスに行われるということだ。

関連するレポート

[ 2017/08/08 ]
#1 匿名さん2017/08/09(Wed)18:55:40
出たばかりだから、もちろん良い点ばかり先行する
出たばかりで申し訳ないが、デメリットも教えてほしい
#2 匿名さん2017/08/09(Wed)21:10:21
スカイアクティブDはディーゼルエンジンとしては比較的軽い方だけど
ガソリンエンジンと比べると明らかに重い
このエンジンも下手したらスカイアクティブDよりも重たいエンジンになるんじゃ…
#3 匿名さん2017/08/10(Thu)01:28:13
考えられるデメリットは、ノッキング頻度高くなるとか、実際スパークばっかりになるとかじゃないか
ディーゼルに例えられるけど、実際点火形態は全然違う
ディーゼルは空気圧縮してから燃料噴射だからポート周辺から燃焼はじまる
HCCIはガソリン+空気ごと圧縮だから全領域が一気に燃焼
けど、普通に考えたら上死点来る前に燃焼しそうだが、どうやって解決したんだろ?
#4 匿名さん2017/08/10(Thu)10:47:37
エンジンの新技術はマツダばっかり聞く気がするな。
エンジンと言えばホンダって気がしたけどホンダエンジンはVテック以外あまり聞かない……。
#5 匿名さん2017/08/10(Thu)16:17:51
新技術は素晴らしいけど、人柱にはなりたくないなぁ‥
#6 匿名さん2017/08/25(Fri)16:41:11
HCCIが機能するのは低回転&低負荷時なのでモード燃費には効果がありそう。
全域でパワーアップとか燃費向上ではない。勘違いしそうな記事
#7 匿名さん2017/08/31(Thu)02:48:33
ハイブリッドの発電機として採用すると安定負荷、安定燃焼
驚異の燃費実現となりそう

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.