car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

投稿日:2017/08/08 更新日:

アクセラ2019年フルモデルチェンジ予測、SKYACTIV-Xを搭載

マツダは次世代ガソリンエンジン、SKYACTIV-Xを発表した。2019年の市販車搭載が予告されており、同時期にフルモデルチェンジされる次期アクセラへの導入が予想される。

(写真は現行アクセラ)
アクセラ

マツダが2010年に発表した新世代技術群のスカイアクティブテクノロジーは、更なる発展を遂げた第二世代へ切り替わりつつある。その中でもコアとなる技術、SKYACTIV-Xは量産世界初の予混合圧縮着火ガソリンエンジン(HCCIエンジン)である。

(写真は現行SKYACTIV-G)
アクセラ Mazda3 SKYACTIV-D 1.5 エンジン

アクセラ SKYACTIV-Xはハイブリッド並の燃費、現行SKYACTIV-G比で最大20~30%の燃費向上が見込まれる

ガソリンエンジンはスパークプラグによる強制点火が一般的であるが、これを圧縮により自然着火させるというのがSKYACTIV-Xである。スパークプラグによる着火は一点から燃焼が連鎖し広がっていく爆発である。圧縮着火では、圧縮による高温化が着火のタイミングとなり、混合気のあらゆる箇所で燃焼が始まる。

圧縮着火のこの特徴により以下の効果が得られる。まずはスーパーリーン燃焼(超希薄燃焼)が可能となり、現行SKYACTIV-G比で最大20~30%の燃費性能向上効果が見込まれる。より完全燃焼に近くなるため排ガスもクリーンである。そして、スパークプラグと比較して瞬間的となった燃焼時間は、エンジンレスポンスを向上させ、現行SKYACTIV-G比で10~30%のトルクアップが想定されている。

なお、圧縮着火に適さない状況では、従来のスパークプラグによる点火が行われ、その切り替えもシームレスに行われるということだ。

#1 匿名さん2017/08/09(Wed)18:55:40
出たばかりだから、もちろん良い点ばかり先行する
出たばかりで申し訳ないが、デメリットも教えてほしい
#2 匿名さん2017/08/09(Wed)21:10:21
スカイアクティブDはディーゼルエンジンとしては比較的軽い方だけど
ガソリンエンジンと比べると明らかに重い
このエンジンも下手したらスカイアクティブDよりも重たいエンジンになるんじゃ…
#3 匿名さん2017/08/10(Thu)01:28:13
考えられるデメリットは、ノッキング頻度高くなるとか、実際スパークばっかりになるとかじゃないか
ディーゼルに例えられるけど、実際点火形態は全然違う
ディーゼルは空気圧縮してから燃料噴射だからポート周辺から燃焼はじまる
HCCIはガソリン+空気ごと圧縮だから全領域が一気に燃焼
けど、普通に考えたら上死点来る前に燃焼しそうだが、どうやって解決したんだろ?
#4 匿名さん2017/08/10(Thu)10:47:37
エンジンの新技術はマツダばっかり聞く気がするな。
エンジンと言えばホンダって気がしたけどホンダエンジンはVテック以外あまり聞かない……。
#5 匿名さん2017/08/10(Thu)16:17:51
新技術は素晴らしいけど、人柱にはなりたくないなぁ‥
#6 匿名さん2017/08/25(Fri)16:41:11
HCCIが機能するのは低回転&低負荷時なのでモード燃費には効果がありそう。
全域でパワーアップとか燃費向上ではない。勘違いしそうな記事
#7 匿名さん2017/08/31(Thu)02:48:33
ハイブリッドの発電機として採用すると安定負荷、安定燃焼
驚異の燃費実現となりそう

名前(任意)
コメント

-マツダ
-

関連記事

CX-4

マツダ・CX-4が北京モーターショー2016でワールドプレミア、ディザー画像公開

CX-4がワールドプレミア、KOERUコンセプトが中国市場で先行して市販化 隔年開催の北京モーターショーのプレスデーが2016年4月25日よりスタートされる。そこでマツダはワールドプレミアモデルとして …

アクセラ

アクセラにハイブリッドが登場、2013年秋のモデルチェンジ

アクセラハイブリッドが来年2013年発売 マツダは、トヨタからハイブリッド技術の供与を受けて、アクセラハイブリッドの開発を進めている。その発売は2013年の秋頃になるというのが現在のところ有力だ。また …

アクセラ スポーツ

マツダ新型アクセラは消費税増税後も好受注、ただしハイブリッドは人気薄

新型アクセラの工場出荷待ちは約2ヶ月、ハイブリッドはもっと早い マツダは昨年2013年11月に発売した新型アクセラの納期目安について発表した。 (写真は新型アクセラ スポーツ) 3月28日の時点での工 …

アクセラセダン

新型アクセラ動画、セダン画像公開、スカイアクティブのエンジン仕様

新型アクセラのテストドライブ動画、セダンの画像を初公開 マツダは先月2013年6月に新型アクセラの公式発表を行った。そのテストドライブの動画が早くもYouTubeに投稿されている。また、新たにアクセラ …

デミオ13スカイアクティブシューティングスタースポルト

デミオに13-SKYACTIV特別仕様車が追加、フルモデルチェンジは2014年夏

スカイアクティブデミオに特別仕様車、次期モデルはスカイアクティブ標準化となるか? 現行の3代目デミオが発売から6年が経過し、次期モデルへのフルモデルチェンジが噂される時期となった。そんななか、恐らく現 …

新着コメント

CR-V ハイブリッド フロントグリル

ホンダ・CR-Vハイブリッド プロトタイプが欧州発表、日本発売の可能性はあるか

次期フォレスター VIZIV FUTURE CONCEPT

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

アクセラコンセプト リア

マツダ・アクセラ コンセプト、東京モーターショー2017で発表か

マークX

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

CX-8

マツダ新型CX-8、インテリア エクステリア写真、3列目シートは狭い

VIZIVパフォーマンスコンセプト

スバルの次世代セダン、VIZIV PERFORMANCE CONCEPT、東京モーターショー

ホンダ スポーツ EV コンセプト

Honda Sports EV Conceptを東京モーターショーで発表予定、小型電動スポーツ

WRC YARIS

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

シビック セダン

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ダイハツ DN トレック

ダイハツ・DNトレックが東京モーターショー出品予定、ビーゴ後継コンセプト

アルファード

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

Tjクルーザー

トヨタ・Tjクルーザーのワールドプレミアが予定、積載力の高い小型SUV

GR HVスポーツコンセプト

トヨタ・GR HV SPORTS conceptが東京モーターショーでワールドプレミア予定

アリオン

トヨタのプレミオ&アリオンがマイナーモデルチェンジ、新エクステリア採用

ヤリス GRMN フランクフルト2017

ヴィッツGRMN 2018年春発売へ、1.8L+スーパーチャージャー搭載で212hp

エレーヌ アウディ

アウディ・エレーヌ、レベル4自動運転スポーツEV、東京モーターショー出品予定

バモス

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

オデッセイ アブソルート ハイブリッド

ホンダ・オデッセイが11月マイナーモデルチェンジ、東京モーターショー出品

クラウンコンセプト

クラウンコンセプト東京モーターショー出品確定、2018年夏発売予定

CX-8 インテリア

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

BMW8 コンセプト

BMW 8シリーズが約20年ぶりにフラグシップに復活、コンセプトモデル画像

デリカ D:5

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

T-Roc フランクフルトモーターショー2017

フォルクスワーゲン・T-Roc、新型BセグメントクロスオーバーSUVが欧州発売

C-HR hy-power コンセプト フランクフルト2017

C-HR Hy-Powerコンセプト、新開発ハイブリッドパワートレイン搭載を予告

ポルトフィーノ マフラー

フェラーリ新型ポルトフィーノ画像、3855cc V8ターボは600psに進化

NX300 リアコンビネーションランプ

レクサスNXがマイナーモデルチェンジで後期型に、フランクフルト画像

ステップワゴン スパーダ ハイブリッド

ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッド発売、約330万円より

EV-STER

Nスポーツの市販プロトが東京モーターショーに出展される見込み、ビート後継車

ランドクルーザー プラド

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

レクサスCT200h

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降