car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アクセラ

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

投稿日:2017/08/08 更新日:

アクセラ2019年フルモデルチェンジ予測、SKYACTIV-Xを搭載

マツダは次世代ガソリンエンジン、SKYACTIV-Xを発表した。2019年の市販車搭載が予告されており、同時期にフルモデルチェンジされる次期アクセラへの導入が予想される。

(写真は現行アクセラ)
アクセラ

マツダが2010年に発表した新世代技術群のスカイアクティブテクノロジーは、更なる発展を遂げた第二世代へ切り替わりつつある。その中でもコアとなる技術、SKYACTIV-Xは量産世界初の予混合圧縮着火ガソリンエンジン(HCCIエンジン)である。

(写真は現行SKYACTIV-G)
アクセラ Mazda3 SKYACTIV-D 1.5 エンジン

アクセラ SKYACTIV-Xはハイブリッド並の燃費、現行SKYACTIV-G比で最大20~30%の燃費向上が見込まれる

ガソリンエンジンはスパークプラグによる強制点火が一般的であるが、これを圧縮により自然着火させるというのがSKYACTIV-Xである。スパークプラグによる着火は一点から燃焼が連鎖し広がっていく爆発である。圧縮着火では、圧縮による高温化が着火のタイミングとなり、混合気のあらゆる箇所で燃焼が始まる。

圧縮着火のこの特徴により以下の効果が得られる。まずはスーパーリーン燃焼(超希薄燃焼)が可能となり、現行SKYACTIV-G比で最大20~30%の燃費性能向上効果が見込まれる。より完全燃焼に近くなるため排ガスもクリーンである。そして、スパークプラグと比較して瞬間的となった燃焼時間は、エンジンレスポンスを向上させ、現行SKYACTIV-G比で10~30%のトルクアップが想定されている。

なお、圧縮着火に適さない状況では、従来のスパークプラグによる点火が行われ、その切り替えもシームレスに行われるということだ。

#1 匿名さん2017/08/09(Wed)18:55:40
出たばかりだから、もちろん良い点ばかり先行する
出たばかりで申し訳ないが、デメリットも教えてほしい
#2 匿名さん2017/08/09(Wed)21:10:21
スカイアクティブDはディーゼルエンジンとしては比較的軽い方だけど
ガソリンエンジンと比べると明らかに重い
このエンジンも下手したらスカイアクティブDよりも重たいエンジンになるんじゃ…
#3 匿名さん2017/08/10(Thu)01:28:13
考えられるデメリットは、ノッキング頻度高くなるとか、実際スパークばっかりになるとかじゃないか
ディーゼルに例えられるけど、実際点火形態は全然違う
ディーゼルは空気圧縮してから燃料噴射だからポート周辺から燃焼はじまる
HCCIはガソリン+空気ごと圧縮だから全領域が一気に燃焼
けど、普通に考えたら上死点来る前に燃焼しそうだが、どうやって解決したんだろ?
#4 匿名さん2017/08/10(Thu)10:47:37
エンジンの新技術はマツダばっかり聞く気がするな。
エンジンと言えばホンダって気がしたけどホンダエンジンはVテック以外あまり聞かない……。
#5 匿名さん2017/08/10(Thu)16:17:51
新技術は素晴らしいけど、人柱にはなりたくないなぁ‥
#6 匿名さん2017/08/25(Fri)16:41:11
HCCIが機能するのは低回転&低負荷時なのでモード燃費には効果がありそう。
全域でパワーアップとか燃費向上ではない。勘違いしそうな記事
#7 匿名さん2017/08/31(Thu)02:48:33
ハイブリッドの発電機として採用すると安定負荷、安定燃焼
驚異の燃費実現となりそう

名前(任意)
コメント