car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

スカイアクティブ・アクセラが生産開始

アクセラがスカイアクティブ搭載でマイナーチェンジ

2011年秋から販売を予定しているマツダのスカイアクティブ版アクセラが防府工場で生産を開始した。
今回のモデルチェンジはマイナーチェンジに相当するもので、スカイアクティブの搭載が主な変更点。
エンジン、トランスミッションの他は、小変更に留まる。
アクセラは日本市場では人気車種とまではいかないが、欧州を中心に販売台数が多く、マツダの基幹車種となっている。
ローコストで低燃費化ができるスカイアクティブテクノロジーは、既にデミオで実績があり評価が高い。
街乗り燃費の性能はハイブリッドエンジンに譲るものの、高速走行ではハイブリッド車と並ぶ燃費実績がある。

スカイアクティブG 2.0エンジン搭載

スカイアクティブテクノロジーの要、高圧縮比エンジンが採用される。
SKYACTIV-G 2.0は2リッターの直噴ガソリンエンジンで、従来よりも燃費性能が高いのが特徴。
スカイアクティブ・デミオに採用されていたのは1.3Lエンジンであるから、2.0L版の採用は今回が初めてとなる。

新型6段AT スカイアクティブドライブ

エンジンと同じく燃費改善効果として期待されているのが、新開発された6速自動変速機SKYACTIV-DRIVE。
従来のATよりも滑り感が少なく、ダイレクトなシフトチェンジが可能で、高速巡航での燃費改善をフォロー。
多段化で加速局面での燃費向上を狙っている。

デザインは小変更に留まる

スカイアクティブ・アクセラ
新型アクセラ
フロントデザインについては、バンパーより上部のボンネット部分は変更点が確認できない。おそらく現行モデルと共通になるだろう。
大きく開いたグリルのクチは現行モデルの雰囲気をそのまま踏襲するが、細部がすっきりした印象がある。
フロント左右のフォグランプ穴は、そのまま穴の開いたデザインとなった。
現行のアクの強い雰囲気が抜け、全体としてまとまりが良くなった印象だ。
リアはコンビネーションランプが微妙に違うようだが、ほとんど同じ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント