スカイアクティブ アクセラ、何が違うか

スカイアクティブ・アクセラ、高圧縮比エンジンの採用

スカイアクティブ・アクセラにもスカイアクティブ技術の肝である高圧縮比エンジンが採用されている。
ガソリンエンジンは理論上、圧縮比14~16程度が最も燃焼効率が良いとされてきたが、そのような高圧縮比ではノッキング発生しやすくなるという問題があった。
マツダのスカイアクティブテクノロジーでは、ピストンの一部分に凹みをつけることで、このノッキング問題を解決。
最大14:1の圧縮比を実現することができている。
先に発売されたスカイアクティブデミオでもこの技術は採用され、14:1の高圧縮比エンジンでハイブリッドシステムに迫る低燃費を実現している。
今回のスカイアクティブアクセラの圧縮比は、従来の11.2から12へと高圧縮比化がされたものの、デミオで達成できた圧縮比14には及ばないものになっている。
スカイアクティブテクノロジーの中でもエンジンに関する技術はSKYACTIV-Gと呼ばれており、今回のアクセラで、2Lエンジンとして初めての導入となった。
スカイアクティブ・アクセラ

4-2-1排気システムの採用は見送り

注目装置の一つでもあった4-2-1排気システムは今回のスカイアクティブアクセラには採用されていない。
エンジンルームスペースの制約上の理由で導入は難しかったようだ。
4-2-1排気システムは、プラットフォームの見直しまで含めたフルモデルチェンジ後の導入に期待したい。

スカイアクティブ・アクセラ、注目は新型の6AT

スカイアクティブ・ドライブ
今回のスカイアクティブ・アクセラは、エンジン周りについてはスカイアクティブ技術の導入度が低い印象を受けるが、注目したいのは新型のトランスミッションであるスカイアクティブドライブ。
従来のATと比較して大きく違うのが、そのエネルギー伝達効率の高さにある。
ロックアップ可能な領域が格段に広くなり、マニュアルミッションレベルの高伝達効率を実現した。
変速スピードが早く、かつダイレクト感のある加速フィールは、運転していて気持ちの良いレベルに仕上がっているという。

スカイアクティブ・アクセラは燃費よりも走行フィール重視?

2Lエンジン搭載車で10・15モード燃費が20km/Lを達成できたことは、大いに評価されてもいいだろう。
従来の2Lアクセラが16.4km/Lであるから飛躍的に向上した。
しかし、アクセラは走りにも拘りを持つユーザーからも支持されてきたクルマ。
ただ単に燃費重視のセッティングでは、これまでのユーザーから支持を得ることはできないだろう。
今回のスカイアクティブでは燃費に加え、出力も向上。
従来モデルのアクセラと比較すると、馬力は150psから154psへ、トルクは19.0kgmから19.8kgmへと向上する。
0-100km/h加速では7%のタイム短縮に相当すると言われる。
燃費、出力ともにバランスの取れた進化をしたといえるだろう。
先に発売されたデミオでは、スカイアクティブ化により大幅な価格アップが設定された。
しかし、今回のスカイアクティブアクセラの価格アップはわずか1万円。
これは、お買い得感がある。

関連するレポート

[ 2011/10/02 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

マツダCX-5がフルモデルチェンジ、予約受付開始246万2400万円から

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.