スカイアクティブ アクセラ、何が違うか

スカイアクティブ・アクセラ、高圧縮比エンジンの採用

スカイアクティブ・アクセラにもスカイアクティブ技術の肝である高圧縮比エンジンが採用されている。
ガソリンエンジンは理論上、圧縮比14~16程度が最も燃焼効率が良いとされてきたが、そのような高圧縮比ではノッキング発生しやすくなるという問題があった。
マツダのスカイアクティブテクノロジーでは、ピストンの一部分に凹みをつけることで、このノッキング問題を解決。
最大14:1の圧縮比を実現することができている。
先に発売されたスカイアクティブデミオでもこの技術は採用され、14:1の高圧縮比エンジンでハイブリッドシステムに迫る低燃費を実現している。
今回のスカイアクティブアクセラの圧縮比は、従来の11.2から12へと高圧縮比化がされたものの、デミオで達成できた圧縮比14には及ばないものになっている。
スカイアクティブテクノロジーの中でもエンジンに関する技術はSKYACTIV-Gと呼ばれており、今回のアクセラで、2Lエンジンとして初めての導入となった。
スカイアクティブ・アクセラ

4-2-1排気システムの採用は見送り

注目装置の一つでもあった4-2-1排気システムは今回のスカイアクティブアクセラには採用されていない。
エンジンルームスペースの制約上の理由で導入は難しかったようだ。
4-2-1排気システムは、プラットフォームの見直しまで含めたフルモデルチェンジ後の導入に期待したい。

スカイアクティブ・アクセラ、注目は新型の6AT

スカイアクティブ・ドライブ
今回のスカイアクティブ・アクセラは、エンジン周りについてはスカイアクティブ技術の導入度が低い印象を受けるが、注目したいのは新型のトランスミッションであるスカイアクティブドライブ。
従来のATと比較して大きく違うのが、そのエネルギー伝達効率の高さにある。
ロックアップ可能な領域が格段に広くなり、マニュアルミッションレベルの高伝達効率を実現した。
変速スピードが早く、かつダイレクト感のある加速フィールは、運転していて気持ちの良いレベルに仕上がっているという。

スカイアクティブ・アクセラは燃費よりも走行フィール重視?

2Lエンジン搭載車で10・15モード燃費が20km/Lを達成できたことは、大いに評価されてもいいだろう。
従来の2Lアクセラが16.4km/Lであるから飛躍的に向上した。
しかし、アクセラは走りにも拘りを持つユーザーからも支持されてきたクルマ。
ただ単に燃費重視のセッティングでは、これまでのユーザーから支持を得ることはできないだろう。
今回のスカイアクティブでは燃費に加え、出力も向上。
従来モデルのアクセラと比較すると、馬力は150psから154psへ、トルクは19.0kgmから19.8kgmへと向上する。
0-100km/h加速では7%のタイム短縮に相当すると言われる。
燃費、出力ともにバランスの取れた進化をしたといえるだろう。
先に発売されたデミオでは、スカイアクティブ化により大幅な価格アップが設定された。
しかし、今回のスカイアクティブアクセラの価格アップはわずか1万円。
これは、お買い得感がある。

関連するレポート

[ 2011/10/02 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.