car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

マツダはロータリーエンジン開発を継続、2019年度内に市販車搭載予定

マツダでは次世代ロータリーエンジン車の開発が継続されており、これは2019年度内の市販車発売が目標となっている。

(写真はRX-VISION、東京モーターショー2015)
RX-VISION

マツダが最後に一般販売したロータリーエンジン搭載の市販車は、2012年に終了したRX-8にまで遡る。RX-8に搭載された13B-MSP型をベースに後継ロータリーエンジンの開発が進められることになり、その後、16X、SKYACTIV-Rと進化を遂げ、前回の東京モーターショー2015ではRX-VISONとしてコンセプトモデルの車体公開に至っている。

RX-VISION リアコンビネーションランプ マツダ RX-VISION

正統派スポーツクーペスタイルであるRX-VISONのルックスは、RX-7時代を彷彿とさせるものであった。これは最高出力400psクラスのハイブリッドパワートレインになるという予測もあったが、環境性能面で不利なロータリーエンジンの実情を思えば、ハイパフォーマンススポーツカーとしての市販化が相当難しいものであることは想像に難くない。

RX-9 RX-VISION

次世代ロータリー車は、デミオ RE レンジエクステンダーがベースか

一方でマツダは、デミオの車体をベースにしたEV車に、発電専用の330ccロータリーエンジンを搭載し、レンジエクステンダー方式によって航続距離を400kmにしたモデルを2013年の段階で技術発表している。2019年度内発売のロータリーエンジン車とは、RX-VISIONよりもむしろ、デミオ RE レンジエクステンダーがベースになっていると考えられる。

(写真はノート e-POWER)
ノート e-POWER エンジン

レンジエクステンダーは別名シリーズ式ハイブリッドとも呼ばれ、既に日産が1.2Lのレシプロエンジンを発電専用に使い、ノート e-POWERとして一般発売している。その売れ行きも好調だ。マツダの次世代ロータリー車は、ノート e-POWERの対抗となるようなモデルに仕上げられる可能性がある。

#1 匿名さん2017/05/24(Wed)15:59:51
2019年の話か…半信半疑で聴きます。
ロータリーエンジン🎵はマツダの技術力を象徴してるよ。実現すれば、軽量化には寄与すること間違いナシ!
#2 匿名さん2019/07/07(Sun)00:39:03ID:FmZmI0OGTN
2019年になりましたが・・・

名前(任意)
コメント