car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ新型MX-30高画質動画、東京モーターショー2019ワールドプレミア

MX-30、マツダの新型EVは観音開きドア採用のクーペSUV

マツダの新型電気自動車、MX-30が東京モーターショー2019で発表となった。

MX-30のボディサイズは、
全長4395mm×全幅1795mm×全高1570mm、
ホイールベースは2655mmとなる。
全高が少し低いことを除けば、CX-30とほぼ同じサイズでホイールベースも共通である。

MX-30

プラットフォームはCX-30などと同じ、スモールアーキテクチャから派生させたもので、ボディ後半のルーフラインが低いクーペSUVのスタイリングが取り入れられている。

MX-30 マツダ

そして、Bピラーレスで、フリースタイルドアが採用されているのもMX-30の構造上の特徴の一つ。2003年発売のRX-8で装備された観音開きドアが復活となった。

MX-30 フリースタイルドア

このほか、バッテリーパックの積載方法にも拘ったとしている。EVならではの専用設計により低重心、高剛性プラットフォームが実現された。

MX-30 インテリア

MX-30のエクステリアは、マツダのファミリーフェイスとは異なる別デザインを採用

さて、マツダ車のエクステリアといえば、押し出し感のある大型のフロントグリルとシャープなヘッドランプを特徴としたファミリーフェイスが多くの車種で採用されてきた。

MX-30はこれらとは別デザインが設定された。フロントフェイスはバンパーラインを表に出したダブルフレームグリルを採用。グリルサイズはコンパクトとなり、EVらしい愛嬌のある顔付きとなった。

インテリアは新世代商品、MAZDA3、CX-30の流れを汲む、ハイクオリティな印象に仕上げられている。そんななかMX-30ではセンターコンソールの一部にコルク素材を採用し、独自の雰囲気が与えられた。マツダ社の前身である東洋コルク工業を意識したものとなる。

MX-30 シート

パワートレインでは、モーターの最高出力が105kW、最大トルクは265Nm。リチウムイオン式の駆動バッテリーの容量は35.5kWhとなる。他社EVとの比較では、ホンダeのスペックに近い。ただし、ホンダeのような後輪駆動ではなく、MX-30は前輪駆動となる。
フル充電からの航続距離は200km程度が想定される。

MX-30 リアシート MX-30 リアコンビネーションランプ

新型MX-30、東京モーターショーでのワールドプレミアとなったが、日本発売は後回し。
まずは2020年後半の欧州発売が先行して進められる。ドイツ価格33,990ユーロ(日本円換算約412万円)で予約受付中となっている。

#1 匿名さん2019/11/01(Fri)19:15:37ID:UxYzllMWDN
デカデカグリルに閉口していたので新鮮味を感じる
#2 匿名さん2019/11/01(Fri)21:04:29ID:FhMmU3MTWN
EV、PHEVの分野は、欧州車が怒涛の勢いで日本車を追い越して行った。ホンダ、マツダが一矢報いるべく新型を発表したが、遅れを取り戻せるか?

電動化技術は、日本車が欧州車に対して唯一のアドバンテージだったのだが、なんとも不甲斐ない。奮起に期待。
#3 匿名さん2019/11/02(Sat)07:52:08ID:M4ZmJjYTTZ
航続距離が短いのに売れるか?
#4 匿名さん2019/11/04(Mon)18:28:37ID:RiYjMyNzDO
欧州で電気自動車の使われ方を調査すると片道70km程度だからこの航続距離で正解。そもそも欧州ではガソリンエンジン車がファストカーでセカンドカーに電気自動車という需要。日本は貧乏人が多いからMX-30買おうとするとファストカーになっちまうだろうが、日本でのMX-30にはロータリーのレンジエクステンダー搭載されるから無問題
#5 匿名さん2019/11/04(Mon)18:54:34ID:g4OTEzZGDM
#4 そういう貴方も日本人
#6 匿名さん2019/11/08(Fri)12:47:36ID:E3ODNkMWWY
欧州で電気自動車の使われ方を調査すると片道70km程度だからこの航続距離で正解。
↑そんな理屈で初代リーフが発売されましたが、大丈夫でしたかね・・・?
#7 匿名さん2019/11/08(Fri)14:30:05ID:kwZDgzZGWZ
欧州で大丈夫でも日本じゃダメだよね。
#8 匿名さん2019/11/08(Fri)17:40:23ID:UxMTc1OGjN
出るかっ、出るかっ、欧州ホンモノトーク
#9 匿名さん2019/11/08(Fri)20:42:48ID:JmNmU0MDDZ
トヨタがハイブリッドというオモチャのような機能を流行らせようとしたが、欧州車は多少の反応を示しつつも、トヨタの後追いはしなかった。結果、日本でしか売れないガラパゴス技術と化しつつある。

燃費優先で、走って全く楽しめないトヨタ式ハイブリッドを、欧州列強が模倣するはすがない。

そして時は進み、欧州車はあっというまに電動化を進め、日本車はまたしても置いてけぼり状態に陥った。ここは、日本車中、最も欧州車風味が強いマツダに奮起して貰わねば。

まず日本車は、欧州車の背中が見える位置に迫ること。今は、背中どころか姿も見えない位置だろう。欧州車を追い越そうなど、50年は早い。
#10 匿名さん2019/11/09(Sat)00:03:32ID:I4ZTgwNzmM
したり顔した評論家か
#11 匿名さん2019/11/11(Mon)18:35:28ID:IxMjIyYjWY
トヨタがハイブリッド技術の多くを開放したから開発が進んだだけで欧州車はメーカーグループ単体だと内燃エンジンにしても電動化技術にしても開発する余力がない。特に電動化技術はボッシュやコンチネンタルが開発したものを使っているだけで日本と欧州でどっちが優位とかじゃないと思うが。独自開発して行き詰まっている日本メーカーは日本メーカーで微妙なところだしな。

名前(任意)
コメント