新型MX-30から本格スタート、マツダの100%電動化計画

MX-30

マツダは2020年10月8日に新型MX-30を発売した。昨年2019年の東京モーターショーでワールドプレミアとなっていたモデルであるが、この時点ではEVパワートレインの搭載が予告されていた。

MX-30

MX-30

MX-30日本仕様、なぜかEVではなく、マイルドハイブリッド

しかし、今回発売となったMX-30日本仕様は、e-SKYACTIV Gと名付けられたマイルドハイブリッド仕様である。2.0LのガソリンエンジンSKYACTIV Gに、最高出力6.9PSのアシストモーターを搭載。リチウムイオンの容量は10Ahで、欧州で採用事例の多い24Vシステムが採用されている。既に欧州向けのマツダ車には、M HYBRIDとして、マイルドハイブリッド車がいくらかラインナップされているが、この流れを汲んだものである。

e-SKYACTIV G

e-SKYACTIV G

マツダは2030年までに生産モデルの100%電動化目標

新型MX-30に搭載されたe-SKYACTIV Gは、今後マツダの国内向けモデルに広く普及が進められるパワートレインとして注目されている。マツダは2030年までに、同社が生産するモデルの100%電動化を計画している。これは純電気自動車のEVに限らず、マイルドハイブリッド車、詳細は後述するがロータリーエンジンを使ったレンジエクステンダーも含まれている。

MX-30 リアコンビネーションランプ

MX-30 EV

SKYACTIV-Xは上級エンジン、普及型エンジンはe-SKYACTIV G

これまでマツダが国内向けに用意したマイルドハイブリッドと言えば、SKYACTIV-Xがあったが、これはアシストモーターの装備にとどまらず、圧縮着火方式のガソリンエンジン(SPCCI)という次世代エンジンが採用されていた。革新的で高性能なエンジンではあるものの、コストの関係から幅広いグレードで普及させていくのは難しい。MAZDA 3の2.0Lモデル、SKYACTIV-G と SKYACTIV-Xの車両本体価格を比較しても60万円以上の開きがある状況だ。

SKYACTIV-X

SKYACTIV-X

100%電動化を実現するためには低価格なマイルドハイブリッド車の存在は必要不可欠で、これがSKYACTIV-GとM HYBRIDのコンビネーションであるe-SKYACTIV Gということになる。今回の新型MX-30への搭載を皮切りに、幅広い車種へ搭載されることになる。

MX-30 インテリア

MX-30 EV インテリア

なお、MX-30 EV版 日本仕様は、2021年1月発売予定で計画が進行中である。

MX-30、販売の本命はマイルドハイブリッド仕様

新型MX-30のボディサイズは、
全長 4,395mm
全幅 1,795mm
全高 1,550mm
ホイールベース 2,655mm

MX-30 マイルドハイブリッド

MX-30 e-SKYACTIV G

同じクロスオーバータイプの他社ライバルモデルとしては、トヨタ・CH-R、ホンダ・ヴェゼル、スバル・XVあたりが挙げられる。MX-30の発表時は「どうせ高額なEV」ということで、敬遠していたユーザーもいるかもしれないが、今回のモデルは2.0Lのマイルドハイブリッド。車両本体価格は2WD 6速ATが消費税込み242万円から、ということで手に届きやすい価格帯である。観音開きドアという特殊性はあるが人気のSUVタイプで、インテリアの質感は高い。非常に市場競争力のあるモデルに仕上がっている印象だ。

MX-30 ドア

MX-30 e-SKYACTIV G

プラットフォームは、FFベースのスモール群と呼ばれるものでMAZDA 2、MAZDA 3、CX-3、CX-30と同じくする。特にCX-30とはホイールベース、全長、全幅が共通で、サイズ感は、ほぼ同じとなる。

MX-30 リアシート

MX-30 EV

MX-30 EV版の航続距離が短い理由

一方で、MX-30のEV版は、既に欧州向けにマツダ初の量産EVとして市場導入されており、航続距離はWLTP複合モードで200km、駆動用リチウムイオンバッテリーの容量は35.5kWhという短距離向けのEVに仕上げられている。

MX-30 シート

MX-30 EV

この短距離向けというのがポイントで、多くのEVメーカーが駆動バッテリーの大容量化で、ツアラーとしての能力を与えているのに対し、マツダは今後製品化する発電専用エンジンの搭載で解決する方針を持っている。前半で少し述べたロータリーレンジエクステンダーというわけである。マツダは、これを「REマルチ電動化技術」と呼んでおり、2022年前半にスモール群において市場導入することが予告された。

RX-VISION

RX-VISION

マツダのロータリーといえば、高回転域までスムーズに回る特性を生かしたスポーツモデル、RXシリーズがあった。ロータリーエンジンの特性である低振動性、静音性、軽量コンパクトさというメリットは高性能な発電機として活用されることになる。

タイトルとURLをコピーしました