car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ・CX-3にガソリンモデルを計画、低価格化でライバルSUVに対抗

CX-3はこれまでSKYACTIV-Dのみのラインアップでプレミアム化に貢献

マツダ・CX-3に低価格なガソリンエンジン搭載モデルが追加ラインアップされる計画となっている。

(写真はCX-3)
CX-3

CX-3はマツダのBセグメントクロスオーバーSUVとしてポジショニングされるモデル。これまでパワートレインとして、高付加価値なクリーンディーゼルエンジンであるSKYACTIV-D 1.5の採用に限られてきた。車両価格はエントリーモデルで税込み237万6千円からとボディサイズの割には高く設定されている。これによりプレミアムイメージがついたことは認めざるを得ないところであるが、販売面では苦戦。発売から1年半が過ぎた2016年夏頃からは、月販千台を割り込む月もあるほどとなっている。こういった状況を打開するために、以前から検討されてきたガソリンエンジンモデルを追加発売させる動きが本格化している。

CX-3 リアコンビネーションランプ CX-3 マツダ

CX-3に低価格なSKYACTIV-G搭載モデルで、C-HRとヴェゼルに対抗

既に海外向けCX-3にはガソリンエンジンのSKYACTIV-G 2.0搭載モデルが設定されている。しかし、パワーよりも燃費や維持費が重視される日本市場での適合性を考えると、SKYACTIV-G 1.5の採用を期待したいところ。車両価格もより安くなり、ライバルモデルに対してアドバンテージとなるはずだ。

(写真はトヨタ・C-HR)
トヨタC-HR日本仕様 C-HR日本仕様リアコンビネーションランプ

CX-3とクラスの近いところでは、トヨタ・C-HRが有力なライバルとなっている。ただし、C-HRの車両価格はターボ4WDが251万6400円から、ハイブリッド2WDが264万6000円からと、こちらもかなり強気のプライス設定となっている。初期受注は良かったものの、その後やや苦戦しているようだ。

(写真はホンダ・ヴェゼル)
ヴェゼル ハイブリッド ヴェゼルハイブリッド リアコンビネーションランプ

他にはホンダ・ヴェゼルもCX-3のライバルとなる。ヴェゼルは1.5Lガソリンモデルが192万円から、ハイブリッドモデルも227万円からと手に届きやすいプライス設定となっており、発売から3年が過ぎても月販5千台規模を維持し、堅調な売れ行きを見せている。

#1 たか2017/02/26(Sun)22:36:08
話題になってた発売当初からガソリンモデルが出てれば
そこそこ売れてたと思うよ

実際私の周りでも「CX-3がガソリンなら買ってた」ってのが2人いる
結局1人はヴェゼル、もう一人はXVに流れた

2人ともCX-3が出た当初ベタ惚れだったけど土日の街乗りメインで
ディーゼルの旨味が無く、その分価格も割高だし逆にマイナスに感じたみたい
あと1人は嫁が軽油とガソリン間違えそうってのがあったらしい・・・
#2 カンテイダン2017/02/27(Mon)12:11:42
ブランド価値を、と考えてディーゼル一本に絞ったんだろうけど、ここでガソリン出して価格を下げるのはマツダの高付加価値戦略がブレないか?

名前(任意)
コメント