car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

CX-3

マツダ・CX-3の販売が好調、SKYACTIV-D 1.5搭載でヴェゼルに対抗

投稿日:

CX-3が発売1.5ヶ月で1万3000台を受注、人気のコンパクトクロスオーバーSUV

マツダのコンパクトSUV、CX-3の販売が好調となっている。

(写真はCX-3)
CX-3 マツダ

CX-3は小型クロスオーバーSUVとして、マツダが2015年2月27日に日本市場に投入したモデル。そのKODOコンセプトの流れを汲むエクステリアデザインは、人気SUVモデルのCX-5の小型バージョンといった出来栄えとなった。

CX-3 マツダ SUV CX-3 トランクルーム

マツダはCX-3発売後一ヶ月の受注台数として1万台超を発表。さらにその後も約半月で3000台を上乗せするなど、販売が好調となっている。

なおCX-3は月販目標台数として3000台が設定されている。マツダの販売力を考慮すればこれでも強気な数字と見るが、実際にはさらに上回るペースでの販売実績を残しつつある。

CX-3は新開発1.5Lディーゼルと6MT&6ATの設定で、ライバルのヴェゼルに対抗

(写真は現行デミオ)
マツダ デミオ 東京オートサロン 2015

CX-3はデミオをベースにしたSUVモデル。室内の雰囲気や広さはデミオとそう変わらない印象であるが、このデミオも先代モデルから大きくクオリティを上げてきており、競合するフィットやヴィッツといった国産コンパクトカー勢の中で、車両価格の面で見ても頭一つ抜けたポジションに置かれる。

(写真はホンダ・ヴェゼル)
新型ヴェゼル

CX-3のライバルはホンダのヴェゼル。こちらもやはりBセグメントのフィットをベースに開発されたモデルである。人気の1.5Lハイブリッドモデルだけでなく、低価格な1.5Lガソリンモデルもラインアップし、2014年度の国内販売台数は10万台を超えている。

(写真はスカイアクティブD 1.5)
スカイアクティブ-D 1.5 マツダディーゼル

CX-3に搭載されるエンジンは、新開発の1.5Lディーゼル、SKYACTIV-Dの一本に絞られる。トランスミッションは6MTと6ATが用意され、ヴェゼルとは大きく異なるキャラクターが与えられている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント