car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ・アクセラのフルモデルチェンジは2019年後半、SKYACTIV-X搭載

マツダは主力のアクセラをフルモデルチェンジ計画

前回の東京モーターショー2017では、次期アクセラとしての市販が想定されるデザインスタディモデル、魁(KAI)コンセプトが発表された。

(写真は魁コンセプト)
KAI Concept アクセラ

その後、開発は進められており、想定されるデビュー時期は2019年の夏-秋ごろ。やはり欧州が主力市場と考えられており、遅くとも9月のフランクフルトモーターショーでは市販型の完成車体の公開が予想される。

KAI Concept アクセラ 東京モーターショー2017 KAI Concept アクセラ リアコンビネーションランプ

SKYACTIV-Xがマツダの次世代パワートレインの切り札

アクセラのパワートレインは新開発のSKYACTIV-Xが搭載される。マツダがSPCCIと呼んでいる予混合圧縮着火技術を採用したガソリンエンジンで、東京モーターショー2017でも発表があった。同エンジンは2019年の市販型投入が予告されており、その車体は新型アクセラということになる。

(写真はSKYACTIV-X)
スカイアクティブX

SKYACTIV-Xは排気量2.0Lながらも、2.5Lクラスの出力トルク性能が期待され、アクセラではハイパフォーマンスグレードの位置付けとなる。となると、現行型のハイパフォーマンスモデルに搭載されるSKYACTIV-D 2.2はリプレイスとなるのではないか。

(写真はSKYACTIV-D 2.2)
スカイアクティブ-D 2.2L

ディーゼルはアクセラクラスにジャストサイズの1.8L型がCX-3で先行導入されており、これが新型アクセラにも導入されるのは想像に難くない。

(写真はMAZDA VISION COUPE)
マツダ VISION COUPE コンセプト

アテンザのFR化など、マツダの次世代ラインアップは高級化されることになる。アクセラでは従来からのユーザー層を維持するためにも、低価格モデルの1.5Lガソリン車の継続はして欲しいところ。

#1 匿名さん2018/08/09(Thu)18:34:35ID:ZjMGQ4Nz2N
アクセラもいずれFR化して欲しい。
そうすれば少なくとも国内の直接ライバルは不在。
以上、妄想。
#2 匿名さん2018/08/10(Fri)19:07:30ID:lhMGE3MjDZ
#1
賛同はしたいけど、Cセグの大きさで「FR」化するメリットが、恐らく薄いと思う。あの「1シリーズ」でさえ、まもなく「FF」化されてしまうし。
#3 匿名2018/08/10(Fri)20:06:39ID:E1MzNhMmzO
2019年秋?
2019年3月期までに発売と、発表されていますよ。
#4 匿名さん2018/08/10(Fri)20:11:58ID:lhMGE3MjDZ
#3
ソースは?
#5 匿名2018/08/10(Fri)20:29:32ID:E1MzNhMmzO
http://livedoor.blogimg.jp/ganbaremmc/imgs/9/1/91375bc5.jpg

これだよ
今秋にも量産開始との記事も日経新聞に出てたね
#6 匿名さん2018/08/10(Fri)21:12:35ID:Y3MGE3NGTN
マツダが生き残るにはコンパクトクラスのFR化はいいかも。
コストは上がるが。
#7 匿名さん2018/08/13(Mon)12:35:48ID:lkY2JiNGmM
マツダじゃないと、欧州ブランドには勝てない。
被災地広島ともども、マツダにはがんばって欲しい。
#8 匿名さん2018/08/17(Fri)00:36:51ID:YwZGJmY2TN
魁はカッコ悪い
#9 匿名さん2018/08/28(Tue)16:09:51ID:JhYWZjYmGY
またナンバー付ければ出っ歯顔か
デザイナーはアルファを見て勉強しろ
#10 匿名さん2018/09/18(Tue)22:35:30ID:I1ZWU1MDDO
FRになるなら応援する
アクセラは素晴らしいバランスだが、評価する以上は現行インプレッサや歴代のカローラも高評価しないと色眼鏡になってしまい、そうすると車通からそっぽ向かれてしまう

名前(任意)
コメント