car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

予混合圧縮着火エンジンSKYACTIV-XがEdison Award、次期アクセラ搭載想定

次期アクセラはフルモデルチェンジでSKYACTIV-X搭載、2019年登場

マツダ次期アクセラへの搭載が想定されるSKYACTIV-Xエンジンが、2018 Edison Awardのエンジンエンハンスメント部門において金賞を獲得した。

(写真はSKYACTIV-Xエンジン)
スカイアクティブX

SKYACTIV-Xは東京モーターショー2017でマツダが発表した新世代のガソリンエンジン技術である。近年では電動化と自動運転が、自動車業界における新技術のトレンドとなっている。そんななかマツダでは敢えて内燃機関の性能向上を追求し、これをアピールしていくことで他社との差別化が図られる。

SKYACTIV-Xは圧力で混合気を瞬間的に燃焼させる、燃費、トルク向上

SKYACTIV-Xでは圧力によるガソリン混合気への着火が新技術のコアとなっている。

通常のガソリンエンジンは、スパークプラグによる点火とその熱によって燃焼部が伝達拡大していく爆発となる。これではスパークプラグ周辺は早く燃焼し、そこから遠いところでは遅れて燃焼するという非効率な事象が起こっていた。

SKYACTIV-Xで採用される新技術、SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)では、予めガソリン混合気を自然着火が起こる直前の状態にまで圧縮させておくことが肝となる。スパークプラグでの初期燃焼は通常ガソリンエンジンと手段が近いが、ここからの燃焼の拡大は、熱の伝達によって行われるのではなく、初期燃焼によって発生した圧力によって行われる。パスカルの原理により、シリンダー内の圧力は、スパークプラグ周辺も離れたところも同じ。つまり、初期燃焼の直後にガソリン混合気全体が瞬間的に圧縮着火することになる。

そのパフォーマンスアップは現行のSKYACTIV-Gと比較して、燃費性能で20~30%。トルクでも全回転域で10%以上、最大30%の向上が見込まれている。

(写真は魁コンセプト)
KAI Concept アクセラ KAI Concept アクセラ リアコンビネーションランプ

SKYACTIV-X搭載車は2019年からの市販が発表されている。これは同時期のフルモデルチェンジが想定される、次期アクセラからとなる可能性が高い。

KAI Concept アクセラ インテリア KAI Concept アクセラ シート

既に、次期アクセラを予告するデザインスタディモデルとして、魁コンセプトも発表済みである。

#1 匿名さん2018/04/16(Mon)14:07:00ID:Q4OTFjZjTZ
官能性の評価はどうなるか?
#2 匿名さん2018/04/16(Mon)16:58:57ID:YzNDdhMDzM
エンジン単体の評価って難しいと思う
燃費が良くてよく走るだけじゃ地味、デザインを含めて次期アクセラ出来、魅せ方にかかってる。何でもない事をSKYACTIVと表現したマツダならこの革命的な技術も上手くPRできると思うw
#3 匿名さん2018/04/16(Mon)20:00:19ID:Q4OTFjZjTZ
コピーライターの腕任せか
#4 匿名さん2018/04/16(Mon)21:05:21ID:E2M2E2MGmO
さて、人柱になる勇気のある人はいるかな?
#5 匿名さん2018/04/16(Mon)21:09:00ID:M2NjA3NTmO
失礼だがマツダ程度の生産台数の規模の会社でどうやって開発費を捻出してるんだろうか
#6 匿名さん2018/04/16(Mon)22:09:38ID:c0Y2RlYTDM
#5
低予算だから、既存技術ベースの亜種しかできない
あとコピーライター
HVとかEVの自社開発は無理
#7 匿名さん2018/04/17(Tue)17:10:49ID:I2NTYzZTzM
まだ実用化も市販もされてないしなんとも

金賞もらうのはすごい
けど、エンジン信頼性が不透明すぎてな
#8 匿名さん2018/04/23(Mon)17:48:32ID:k0MDY3OGWZ
みなさんのコメントが的確すぎて草www

お金無くて電動化技術に手が回らない分、じゃあ内燃機関の究極を目指そう!という意気込みが好き。
優秀な「広告プランナー」と契約しているようで、短期間に効率的なイメチェンを図ってくる図太さが好き。
「なんとなく怪しげなパワートレイン」を覆い隠し、「なんとなく上質に見える内外装」でニワカをコロっとさせてくる販売手法が好き。(私、そのニワカの一人)

そして、某日産自動車と違い、新技術を日本でも購入できるようにしてくれること、ここがいちばん好き。
#9 匿名さん2018/04/24(Tue)09:04:17ID:U5YjVkZDWO
「マツダスピード」のような「走り重視」のグレードをぜひ復活して欲しい
#10 匿名さん2018/04/25(Wed)14:02:54ID:E3MzE5M2TZ
※6
EV如きが作れないわけ無いだろ
完全な量産車としてのEV専用車を作る余裕が無いだけで、限定生産のデミオEVとかマツダ付近で走りまくってるぞw
HVはトヨタからTHSを供給されて研究開発済み
#11 匿名さん2018/04/25(Wed)16:48:43ID:NiYTQ0NmDO
マツダはあれもこれもと、いろんな事に手を出し過ぎているのが率直な印象。
#12 匿名さん2018/04/27(Fri)15:13:10ID:dmODJhYjDY
#10
で、自社開発の電動車はいつ出るのさ
#13 匿名さん2018/04/27(Fri)16:16:45ID:U2MmQ2MGmO
マツダのアイデンティティが、ブレてきたように感じる。
#14 匿名さん2018/05/02(Wed)22:27:32ID:NhODJiMGmN
スカイアクティブは革命的な技術
高圧縮比を実現し燃焼効率を極限まで高める
ものすごいことをやっている

これを取り上げない評論家やジャーリストは何をしてるのか
己の利益にならないと取り上げないし、評価もしないのか
小排気量ターボを絶賛するくらいならマツダを評価せよ
#15 匿名さん2018/05/03(Thu)01:44:31ID:EzOTk0MWmZ
SKYACTIVは、マツダの自動車技術の総称であって、「スカイアクティブ」という機能や装置は存在しない。
マツダファンを舐めて貰っては困るかも。
ちなみに、この板はSKYACTIV-X。
#16 匿名さん2018/05/03(Thu)02:38:09ID:EzOTk0MWmZ
14
搭載車が、現時点で存在しないんだから、記事にされないのは当たり前。
来年は世界中から絶賛の嵐。のはず。
リコールさえなければ、マツダの技術は日本一、のはず。
評論家なんて気にする事ない今日この頃。乗るのが楽しみ、日本の宝。
マツダ、カープ、シャア・アズナブル。
情熱の赤って素晴らしい。

#17 匿名さん2018/05/03(Thu)05:53:53ID:EwNjQxYWDO
マツダはやっている事は凄いかもしれないが、それが一般ユーザーに伝わっていない感あり。
だから、中身に惚れて好きな人だけ乗っているという気がする。
それは悪いことではないが。
#18 匿名さん2018/05/03(Thu)12:06:14ID:g0NDc5ZD2Z
#14
「小排気量ターボ」ってワード使う人、他にいないよ
普通に「ターボ」でいいじゃん
#19 匿名さん2018/05/03(Thu)13:36:48ID:c1MTVhOTmN
ただのターボなんて言ったら
少しおかしいVWステマ男が出てきてずっと粘着されるよ
自慢のことらしいから
#20 匿名さん2018/05/03(Thu)13:39:09ID:g0NDc5ZD2Z
そういう事書くから批判されるんだと思うよ
普通に「ターボ」でいいじゃん
#21 匿名さん2018/05/05(Sat)02:59:17ID:U5NWE1NTjO
直噴→煤大量発生→ノッキング→悪循環→リコール
5年後にこうならないことを祈ろう。
#22 匿名さん2018/05/05(Sat)11:55:36ID:UwNDFmYjGN
どっかの排ガス偽装や大量リコールのメーカーみたいになったら大変だからなw
#23 匿名さん2018/05/05(Sat)16:53:04ID:JiY2RiZDTM
小排気量ターボとか、排ガス偽装とか、マツダに関係ないし
迷惑な奴!
#24 匿名さん2018/05/05(Sat)16:54:25ID:JiY2RiZDTM
https://www.asahi.com/articles/ASL3275X7L32ULFA02Y.html

あ、スバルの事ね、それならいいや
#25 匿名さん2018/05/06(Sun)14:19:23ID:M5NjU1NDjM
スバルとか日産とか不正体質の企業と、
マツダを同列に扱わないでほしい
#26 匿名さん2018/05/13(Sun)12:50:13ID:RmYjIxNjzN
自然吸気を追い求める姿勢は素晴らしい!
#27 匿名さん2018/05/13(Sun)15:16:12ID:VhMTlhMTWO
いつまでロードスターに孤軍奮闘させるのだろう。
#28 匿名さん2018/05/14(Mon)21:37:00ID:k5OGZiYmjN
マツダは営業利益率を上げることが課題らしい

名前(任意)
コメント