car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

レクサスLC500hがワールドプレミア、ジュネーブモーターショー2016画像

LC500hが欧州市場に向けて発表、新開発マルチステージハイブリッド搭載

レクサスの新たなラグジュアリークーペとして、LCシリーズが2016年1月の北米国際オートショーで発表されたばかりであった。モデル名としてLC500が与えられ、これにはV8 5.0Lエンジンが搭載される。

そして、今回欧州市場に向けてジュネーブモーターショー2016で発表されたのがLC500hとなる。新開発のマルチステージハイブリッドシステムが搭載される。

(写真は新型LC500h)
lc500h-1

LC500とLC500hは2017年春に日本発売される計画、新型ラグジュアリークーペ

LC500hのボディサイズは、全長4760mm×全幅1920mm×全高1345mm、ホイールベースは2870mmと、このあたりはLC500と変わらない。

lc500h-face lc500h-back

LC500hに搭載されるエンジンは2GR-FXS型 V6 3.5Lハイブリッドとなる。エンジン単体でのスペックは最高出力220kW、最大トルク348Nm。システムトータルの最高出力は264kWとなる。モンスターエンジンを搭載するLC500は最高出力349kW、最大トルク530Nmというスペックであったから、やはりパフォーマンス面ではLC500に譲ることになる。

lc500h-side

ただ、ハイブリッドでも十分過ぎる出力性能である。環境性能とのバランスも考えれば、特に日本市場で販売台数が出るのはこのLC500hとなるだろう。

lc500h-rear lc500h

新開発のマルチステージハイブリッドは、従来の無段変速に加えて4速ATが組み込まれる。これによりモーターの守備範囲が高速域に拡大され、これまでトヨタのハイブリッドシステムが不得手としてきた高速巡航時の燃費性能が改善される。

lc500h-2

日本発売は一年後、2017年春頃になる見込みだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2016/02/21)

LC500hが欧州デビュー、新開発マルチステージハイブリッドシステム搭載

LC500h発表、レクサス新型LCシリーズのハイブリッドモデルが公開される

レクサスは先月2016年1月に新型レクサスLCシリーズとしてLC500をデトロイトでワールドプレミアさせたばかり。そして、そのハイブリッドモデルとなるLC500hをオランダ デン・ハーグで公開した。

(写真はLC500h)
LC500h

LC500hには新開発マルチステージハイブリッドシステムを搭載、最高出力359ps

LC500hに搭載されるのは新開発のマルチステージハイブリッドシステムとなる。3.5L V6ガソリンエンジンをメインに2基のモーターが備わりCVTを採用するあたりは、これまでの上級車向けFRハイブリッドシステムを踏襲しているが、マルチステージハイブリッドではさらに4速の自動変速が加わることになる。

レクサスLC500h スピンドルグリル LC500h リアコンビネーションランプ

そのスペックは、ガソリンエンジン単体での最高出力が220kW(299ps)、最大トルクが348Nm(35.5kgfm)。システムトータルでは264kW(359ps)の最高出力を誇る。

レクサス LC500h マルチステージハイブリッド

LC500hのボディサイズは全長4760mm×全幅1920mm×全高1345mm、ホイールベースは2870mmとなる。トヨタ・ソアラあるいはレクサスSCシリーズの後継モデルとして取り上げられることが多いが、全長比だけでもLC500hは245mmも長い。

レクサスLC500h

安全運転支援システムとしては、ミリ波レーダーとカメラによる予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」が採用される。

レクサス LC500h 欧州仕様

新型LC500hは3月1日より開催されるジュネーブモーターショー2016でも出展される予定となっている。日本市場に向けてもアナウンスされており、2017年春頃の日本発売となる見込みだ。

過去記事(2016/01/12)

レクサスがLC500を発表、2UR-GSE型V8 5.0L搭載、北米国際オートショー2016

LC500がワールドプレミア、V8 5.0L搭載のラグジュアリークーペ

北米国際オートショー2016がデトロイトで開幕した。そこではレクサスがフラッグシップクーペの新型LC500のワールドプレミア発表を行った。

(写真は新型LC500)
LC500

レクサスはLF-LCとして次世代クーペのデザインスタディモデルを2012年のデトロイトで発表していた。今回のLC500はその市販型ということで注目を集めている。

LC500 リアコンビネーションランプ LC500 デトロイト

新型LC500は最高出力475ps、最大トルク54.0kgfm、CFRPで軽量化

LC500 ヘッドランプ LC500 スピンドルグリル

LC500のボディサイズは全長4760mm×全幅1920mm×全高1345mm、ホイールベースは2870mmとなる。

LC500 リアデザイン LC500 マフラー

コンセプトカーのLF-LCが発表された段階では、ソアラあるいはレクサスSCの後継モデルとして考えられることもあった。しかしSCとの比較では、全長で+225mm、ホイールベースで+250mmの拡大となっており、後述のパワートレイン仕様も含めて、車格はワンランク上と言えるだろう。新たにLCの車名が設定されたのも納得である。

2UR-GSE LC500 トランスミッション

新型LC500に搭載されるのは2UR-GSE型V8 5.0Lエンジンとなる。既に、RC FあるいはGS Fでの市販実績があるユニットで最高出力475ps、最大トルク54.0kgfmのパフォーマンスを誇る。これまでは8速ATとのコンビネーションであったが、このLC500からは新開発の10速ATが採用される。

LC500 CFRP

ボディ素材としてはアルミ素材を多用。特にルーフ、ラゲージドア、サイドドアでは炭素繊維強化プラスチックを採用することで軽量化が図られる。

LC500 インテリア LC500 フロントデザイン

LC500は日本市場への導入計画も公式にアナウンスされており、2017年春頃の発売となる見込みだ。

過去記事(2015/11/30)

レクサスLCが2016年1月デトロイトで発表、国交省認可サイドミラーレス採用か

レクサスLC500とLC500hが発表予定、ソアラ&SC後継クーペ

レクサスLCシリーズが2016年1月に米国デトロイトで開催される北米国際オートショーでワールドプレミアを迎える見込みとなった。

(写真はレクサスLF-LC)
レクサスLF-LC

レクサスLCシリーズは、トヨタ・ソアラそしてレクサスSCを後継するラグジュアリークーペとなる。SCシリーズは2010年に販売を終えており、これを引き継ぐ車種は現在も空白のままであった。既にLF-LCとしてコンセプトモデルが発表されており、その市販化が待たれる段階にある。

LF-LC レクサスSC ソアラ後継 LF-LC レクサスSC

レクサス新型LCはサイドミラーレス?国交省が2016年6月より認可

レクサスLCのプラットフォームはTNGA世代のFRとなり、このLCのために新開発されたものとなる。シート配列は2+2で2ドアのラグジュアリークーペスタイルとなる。モデル名としては、LC500とLC500hが用意される。

次期レクサスSC コンセプトLF-LC LF-LC リアビュー

LC500は、V8 5.0Lの搭載となり、アイシン製10速ATとの組み合わせとなる。LC500hはV6 3.5Lハイブリッドの採用となる。

LF-LC 2012年公開 LF-LC ソアラ後継

また、新型LCはサイドミラーの有無についても話題となることが多かった。国交省はカメラとモニターによる代用を2016年6月より認める方針となっており、このレクサスLCシリーズへの採用が予想される。

レクサスSC後継 LF-LC

市販型レクサスLCはデトロイトでの発表を終えたのち、2016年秋ごろの日本発表が予想されている。やはり北米市場が最大のターゲットとなるが、生産は日本国内の事業所で行われる計画。ここから世界各国にデリバリーされることになる。

さらに、コンバーチブルソフトトップを装備したオープンモデルも開発中となっており、モデル中期からの投入が予想される。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先