car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ランドローバー

ランドローバー新型ディスカバリー5、パリモーターショー2016画像

投稿日:

新型ディスカバリーは大型化し、5代目モデルへフルモデルチェンジ

ランドローバー新型ディスカバリーが今月開催されたパリモーターショー2016でワールドプレミアとなった。

(写真は新型ディスカバリー)
ディスカバリー5

レンジローバー主力のSUVモデルとしてラインアップされるディスカバリーシリーズは、2009年発売のディスカバリー4以来、7年ぶりのフルモデルチェンジを受けて、ディスカバリー5として生まれ変わった。

ディスカバリー5 パリ2016 ディスカバリー5 フロントグリル

ディスカバリー5のフロントデザインはディスカバリースポーツのデザインルールを踏襲

ディスカバリー5のボディサイズは全長4970mm×全幅2073mm×全高1888mm、ホイールベースは2923mmとなる。先代型との比較では、全長+120mm、全幅+153mm、全高-44mm、ホイールベース+38mmということで、全高が低く抑えられスポーティーになったことを除けばボディサイズは一回り大きくなっている。

ディスカバリー5 インテリア ディスカバリー5 リアコンビネーションランプ

インテリアでは、センターコンソールに置かれたAV機器のリモコンのようなものが目立つ。全幅を効かせた横方向にゆったりした車内が特徴となる。

ディスカバリー5 ラゲッジスペース ディスカバリー シート折りたたみ

3列シートを装備する7人乗り仕様となる。3列目シートはほぼフラットに折りたため、さらに2列目シートを折り畳んだときの段差も小さい。大型の荷物が出し入れしやすいというSUVのニーズに応えている。

ディスカバリー5 パリモーターショー2016

フロントエクステリアは、2014年デビューのディスカバリースポーツに近い。ただし、2年分の進化が盛り込まれており、新型ディスカバリーのヘッドランプは縁に置かれたLEDポジションマークがアクセントとなっている。リアコンビネーションランプでは、ディスカバリースポーツは丸型を取り入れたものであったが、ディスカバリー5では横のラインを強調したシンプルな意匠となった。

(写真はディスカバリースポーツ)
ディスカバリー スポーツ ディスカバリー スポーツ リアコンビネーションランプ

日本向け公式ウェブサイトにおいても既に新型ディスカバリーが紹介されており順次発売となるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント