car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ランドローバー新型ディスカバリー5、パリモーターショー2016画像

新型ディスカバリーは大型化し、5代目モデルへフルモデルチェンジ

ランドローバー新型ディスカバリーが今月開催されたパリモーターショー2016でワールドプレミアとなった。

(写真は新型ディスカバリー)
ディスカバリー5

レンジローバー主力のSUVモデルとしてラインアップされるディスカバリーシリーズは、2009年発売のディスカバリー4以来、7年ぶりのフルモデルチェンジを受けて、ディスカバリー5として生まれ変わった。

ディスカバリー5 パリ2016 ディスカバリー5 フロントグリル

ディスカバリー5のフロントデザインはディスカバリースポーツのデザインルールを踏襲

ディスカバリー5のボディサイズは全長4970mm×全幅2073mm×全高1888mm、ホイールベースは2923mmとなる。先代型との比較では、全長+120mm、全幅+153mm、全高-44mm、ホイールベース+38mmということで、全高が低く抑えられスポーティーになったことを除けばボディサイズは一回り大きくなっている。

ディスカバリー5 インテリア ディスカバリー5 リアコンビネーションランプ

インテリアでは、センターコンソールに置かれたAV機器のリモコンのようなものが目立つ。全幅を効かせた横方向にゆったりした車内が特徴となる。

ディスカバリー5 ラゲッジスペース ディスカバリー シート折りたたみ

3列シートを装備する7人乗り仕様となる。3列目シートはほぼフラットに折りたため、さらに2列目シートを折り畳んだときの段差も小さい。大型の荷物が出し入れしやすいというSUVのニーズに応えている。

ディスカバリー5 パリモーターショー2016

フロントエクステリアは、2014年デビューのディスカバリースポーツに近い。ただし、2年分の進化が盛り込まれており、新型ディスカバリーのヘッドランプは縁に置かれたLEDポジションマークがアクセントとなっている。リアコンビネーションランプでは、ディスカバリースポーツは丸型を取り入れたものであったが、ディスカバリー5では横のラインを強調したシンプルな意匠となった。

(写真はディスカバリースポーツ)
ディスカバリー スポーツ ディスカバリー スポーツ リアコンビネーションランプ

日本向け公式ウェブサイトにおいても既に新型ディスカバリーが紹介されており順次発売となるだろう。

#1 匿名さん2018/05/04(Fri)16:09:14ID:MzYzE4NmzO
ディスコもいいがヴェラールもいい
#2 匿名さん2018/05/04(Fri)19:53:34ID:FhNDFlYWTY
何故今頃発掘。ないない。

名前(任意)
コメント

過去記事(2012/03/09)

レンジローバーイヴォークの日本販売が開始

クロスオーバーSUV、レンジローバーイヴォークが発売

レンジローバー イヴォークが、昨年2011年に欧州デビューした。
最近は欧州ブランドでも欧州外で生産されるケースが増えてきているが、このイヴォークに関しては英国リヴァプールのヘイルウッド工場で生産される正真正銘の英国車ということになる。
先週の2012年3月3日には、日本での輸入販売が開始された。

イヴォークのボディサイズは全長4355mm×全幅1900mm×全高1635mmで、最近流行のクロスオーバーSUVのカテゴリーに属する。
同セグメントのSUV車という意味では、イヴォークと同じく英国内で生産されている日産・キャシュカイ(日本名デュアリス)や、今月デビューのマツダ・CX-5があげられる。
これら日本ブランドのSUV車とは価格帯が大きく違うためイヴォークの直接的なライバルにはならないだろうが、フルサイズのSUV車から、こういったコンパクトで使い勝手のいいクロスオーバーSUVへのシフトが進みつつある。
(写真は、昨年2011年の東京モーターショーで出展されたRange Rover Evoque)
イヴォーク
レンジローバー イヴォーク
レンジローバーイヴォークのエクステリアはスタイリッシュ。
細いフロントグリルとヘッドライト、SUVらしい直線基調のライン、後に行くほど上下に絞られるガラスエリアが特徴的。

Range Rover Evoque、日本に導入されるグレードは4つ

イヴォークのグレード構成としては、まずは売れ筋となるであろう5ドアモデルとして「PURE」と「PRESTIGE」がラインアップされる。
また、3ドアのクーペも日本に導入され、「クーペPURE」「クーペDYNAMIC」もラインアップされる。
クーペは5ドア以上にスタイリッシュな印象。SUVというよりもスペシャリティなシティヴィークルとしての要素が強くなる。
パワートレーンは、全グレード2.0Lの直4ターボエンジンに6速ATの組み合わせが採用される。

この新型イヴォークの価格は「PURE」が450万円、「PRESTIGE」が578万円、「クーペPURE」が470万円、「クーペDYNAMIC」が598万円となっており、この手の輸入車としては、まずまず手に届きやすい価格設定となっている。
とは言っても、日本では積極的に売れる車種ではないだろうが、北米市場では日本における86やBRZと同じぐらい注目を集めている新型車となっている。