フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

新型フィット3の販売が好調、新車販売ランキング二ヶ月連続首位に

ホンダが今年2013年9月に発売した新型フィットの販売が好調だ。11月の販売台数が26,235台となり、新車販売ランキングでは二ヶ月連続の首位となった。

フィット ハイブリッド

長らくトヨタのプリウス、アクアの二強体制となっていた新車販売ランキングだが、新型フィットの登場により状況は一変した。新型フィットの生産拠点である寄居工場、鈴鹿工場では増産体制が続いており、新型フィットの人気はまだまだ続きそうである。

フィットハイブリッド イエロー ホンダ フィットハイブリッド

受注した全フィットシリーズのうちハイブリッド車の比率は70%以上としており、割高でありながらもハイブリッドモデルの人気が先行している。

アクアやプリウスの発売直後はニッケル水素バッテリーの供給問題が発生していたが、電気動力システムが比較的小型であるフィットハイブリッドはその問題も少ないという。ただし、新開発トランスミッションとしてDCTを採用しており、これがフィットハイブリッド生産台数のネックとなっているようだ。

フィットハイブリッド 2013 フィットハイブリッド 内装

フィット派生セダンの発売は遅れる、アクアはマイナーチェンジで燃費首位に

フィット3
また、新型フィットの増産対応のため、ホンダの他車種の発売スケジュールにも影響が出ている。ホンダは新型フィットをベースにした派生コンパクトセダンを2013年度内にも国内発売する計画でいたが、これは数ヶ月遅らせる見込みとなった。このコンパクトセダンは2013年11月にインドで新型シティとして発表されたモデルである。

(写真は新型シティ)
シティ フィットセダン

一方で直接的なライバル車であるアクアは、マイナーモデルチェンジを受けてJC08モード燃費が37.0km/Lとなった。これはフィットハイブリッドの36.4km/Lを凌ぐ数値で、アクアがクラストップの燃費性能となった。

(写真はアクア)
アクア マイナーモデルチェンジ

アクアは2013年11月に販売台数を落としているが、新型フィットに食われたというよりもマイナーチェンジ前の買い控えという見方もでき、また台数を盛り返す可能性が高い。発売から2年が経過するアクアの人気もまだまだ衰えてはいない。

関連するレポート

[ 2013/12/08 ]
#1 新型フィットについて2017/07/03(Mon)21:35:23
こないだ発売された新型フィットについては、ホンダセンシングが採用されたり、内外装の高級感が増したり、車体のファインチューンも嬉しいのだが、それ以上にハイブリッドとパドルシフトの組み合わせはヤバい位楽しい組み合わせであり、サーキットの性能もそのままでも行けると思った。でも、やはり上級モデルに採用された装備や(フォレストエアコン、女の子の肌のような木目調パネル、ファインビジョンメーター、後部座席モニター、読書灯等)、1Lターボ、今までよりももっとかっこ良いデザインにしてほしかった。後、足回りも十分進化しているが、7速デュアルクラッチトランスミッションももう少し最高速と加速のブレークスルーしてほしかった。そうすると多分、よりかっこよくなっていただろう。やはり、前起きたあの大規模リコール問題が今にも響いているだろう。可哀想···········(汗)。
#2 匿名さん2017/07/05(Wed)22:07:55
ホンダはエアコンの空調は昔より良くなった。
だがDCTもそうだけど、制御に関して、なんか変で、ここ10年くらい、
そのまま改善されてないんだよね。購入する方としては要警戒って感じがするのが残念。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.