N ONEがマイナーモデルチェンジ、ホンダが燃費特化型Nシリーズを開発中

N ONEに新型エンジン搭載、JC08モード燃費28.4km/Lに向上

ホンダの軽自動車、N ONEのマイナーモデルチェンジが実施され、2014年5月16日より発売された。内外装のカラーリング変更をメインに、エンジンも新型を搭載。JC08モード燃費は(NA FF車)28.4km/Lとなり、従来モデルの(同)27.0km/Lから性能アップさせている。

(写真は新型N ONE)
N ONE

N ONEをベースに新型軽自動車を開発中、燃費特化型でミライース、アルトエコに対抗

一方で、このN 0NEの技術基盤をベースに新たな燃費特化型の新型車種の開発が進められており、2015年春頃には新たなNシリーズとして発売される見込みとなっている。ホンダが燃費特化型の軽自動車を計画中であるということは、Nシリーズ導入初期から噂されていたが、軽自動車クラスでは居住性に優れたワゴンタイプが市場を大きく占めている。よって、これまではワゴンタイプが優先的に市場投入されてきた。

(写真はホンダN BOX)
ホンダN BOXカスタム

ライバルはダイハツ・ミライース、スズキ・アルトエコの2車種が挙げられ、この中にホンダの燃費性能に特化された新型車が割り込むことになる。とすれば、想定される燃費性能は36km/L程度を達成させなければならないだろう。

(写真はミライース)
ミライース

N ONEでは1610mmであった全高は、燃費特化型では1.5m前後となり空力特性に優れたスタイリングと、都市部のタワーパーキングへの対応が想定される。

(写真はアルトエコ)
アルトエコ 2013

また、軽量化のための安易な手段としてガソリンタンクの容量を減らすという手法がアルトエコで採用されていた。既にホンダでもフィットハイブリッドで燃費性能のカタログ値を稼ぐためにこの手法は用いられており、新型軽自動車もガソリンタンク容量が減らされる可能性があるだろう。

さらに、軽量であることと重心の低さは、燃費性能に貢献するだけでなく、走行性能も向上させることになる。ターボエンジンを搭載させたスポーツモデルの投入も期待したいところである。

タイトルとURLをコピーしました