ホンダ・N BOXが2011年12月中旬発売、価格は124万円から

N BOXは新型エンジン、新型CVTで燃費性能も高い

N BOXはホンダの新型軽自動車。ダイハツ・タントやスズキ・パレットの対抗となるスーパーハイトワゴン軽としてデビューする。
後出しなだけに、燃費性能、室内広さともにライバル車を大きく引き離すスペックとなる。
なかでも、ホンダならではのセンタータンクレイアウトが採用され、室内長2180mm×室内幅1350mm×室内高1400mmと軽自動車最大の室内空間を確保したのがN BOX最大の魅力。
さらにフィットでお馴染みの後席座面を跳ね上げるシートアレンジ、トールモードを備えるなど、ユーティリティ性能の高さも自慢だ。
2011年12月中旬発売予定で、車両価格はベースモデルが124万円から、装備の充実したメイングレードが134万円から、
専用エアロのN BOXカスタムが144万円から、N BOXカスタムターボが178万円からとなる。

N BOXから採用されるホンダ軽自動車の新型エンジン

N BOXに採用されるエンジンは、従来のゼストやライフのものとは違い、新設計されたもの。
NA仕様で最高出力58psとなり、従来のホンダの軽自動車用エンジンの性能を凌ぐことになる。
この新型エンジン、非常にコンパクトに仕上げられており、エンジンルームを小さくすることに成功。
その分を室内空間に割り当てることができ、N BOXは軽自動車最大の室内空間を実現した。
10・15モード燃費は24.5km/Lで、タントやパレットの22.5km/Lを2km/Lも超える性能だ。
NA車にはアイドリングストップ、横滑り防止装置が標準装備されることもライバル車に対してアドバンテージとなっている。
また、現行のホンダ軽自動車では設定の無かったCVTが新開発され、N BOXに採用されることになる。

N BOXのターボ仕様が高すぎ

専用フロントデザインのN BOXカスタムも同時発売され、このうちの一部グレードにターボエンジンが搭載される。
こちらは最高出力64psとパワー十分。ターボ車ながら10・15モード燃費は21.0km/Lと良好。
NA車には標準装備されたアイドリングストップがターボ車には装備されないのが残念。
だが、一番の問題はターボ車の価格設定。
NAのカスタムGが144万円からとライバルと大差ないが、ターボエンジン採用グレードは178万円からとかなりの高額。
ターボ車を選ぶなら20万円以上も安いパレットSWターボの選択が、デザインを含めて妥当か。
デザイン面であまり褒められることのない新型N BOXだが、カスタムは写真を見る限りさらにひどいものに感じる。

N BOXとタントとパレットを比較、お薦めは?

広さ重視ならN BOXの選択は十分にアリ。
ただし価格とデザインのバランスを考えるとN BOXカスタムの選択は薦められない。
ターボ仕様も価格が高すぎる。

タントは左側ピラーレスがメリット。
N BOXの登場でこれ以外に大きなメリットが無くなってしまった。
2012年のフルモデルチェンジ待ち。

室内がやや狭いことに妥協できるなら、パレットが価格、装備、デザインのバランスが一番いい。
メイングレードでサイドエアバッグが標準装備されるほか、乗り心地、操縦安定性も評価が高い。

関連するレポート

[ 2011/11/26 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

BMW i Vision Dynamics画像、次世代4シリーズEVあるいはi5シリーズを提案

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.