N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

新型N-BOXのエクステリアはキープコンセプト、基本性能アップで正常進化

ホンダのスーパーハイト軽ワゴン、N-BOXのフルモデルチェンジが迫っている。2017年8月31日に正式な発売日を迎えるスケジュールとなっているが、既に予約受付がスタートしており、多数のバックオーダーを蓄えつつ状況にある。

(写真は新型N-BOX)
N-BOX

新型N-BOXのエクステリアはティザーサイトで公表されており、従来型とデザインコンセプトが大きく変わらないことが確認できる。

N-BOX

通常N-BOXはスクウェア基調の中にヘッドランプの丸目がレトロに映える雰囲気に仕上げられた。

(写真は新型N-BOX CUSTOM)
N-BOXカスタム

上級のN-BOXカスタムはミニバン風グリルを中心とする堂々とした顔付きであることは従来型と変わらないが、近未来的なLEDヘッドランプと組み合わせられたことで、EVコンセプトカーのような顔付きとなった。

N-BOX カスタム インテリア

新型N-BOXの車両価格、基本構造とパワートレインの刷新による価格反映は無し、Honda SENSING標準化で価格上昇

新型N-BOXのパワートレインはエンジン、CVTともに新開発型となり、さらに約80kgの軽量化が盛り込まれる。JC08モード燃費は正式発表を待つことになるがこれは期待できそう。

新型N-BOX

装備面では安全運転支援システムのHonda SENSINGが全グレードに標準装備される。単眼カメラとミリ波レーダーによる前方認識を主軸に、衝突軽減ブレーキ CMBS、誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリング、路外逸脱抑制機能、アダプティブクルーズコントロール ACC、車線維持支援システム LKAS、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能が提供される。さらにN-BOXでは後方誤発進抑制機能とオートハイビームが加わる。ただし、Honda SENSINGの標準装備化により、エントリー価格は大幅上昇となる。初代型N-BOXのセールス的成功をバックグラウンドに、プレミアム軽のポジションで販売される。

関連するレポート

[ 2017/07/15 ]
#1 匿名クン2017/07/16(Sun)23:09:30
ステップワゴンも こんなデザインすれば バカ売れするのに。
#2 匿名さん2017/07/16(Sun)23:58:43
アクティバンとバモスは
どうなっちゃうのかな。

やっぱりN-VANに吸収統合か?
#3 匿名さん2017/07/17(Mon)01:39:21
軽自動車の装備と価格はコンパクト普通車と差がなくなったな。
下手すればスタンダードのフィットより高くなってしまう。
なのに未だに軽自動車は貧乏臭いと言う輩がいるのは情けない。
#4 匿名さん2017/07/17(Mon)02:14:41
グリーンハウスがタントともろ被りになった印象。斬新なグリーンハウスではないので模倣では無いんだろうけど。
#5 車好き2017/07/17(Mon)15:21:00
BMWミニみたいに、その車のデザインの良さをもっと継承して欲しいかった。

例えば、Dピラーの形が変わってしまったり、フェンダーの形が半円では無くなったところ。

数年後に、日産-三菱連合の軽自動車が真似をしてきそう。
#6 匿名さん2017/07/17(Mon)15:50:08
カスタムの外観はつるんとした印象で
角がとれたというか押し出しが弱くなったというか
とにかく中途半端になったような…
#7 匿名さん2017/07/17(Mon)22:12:49
ホンダは初代がバカウケで、FMCごとに売れなくなる
#8 名無し2017/07/17(Mon)22:54:54
角ばった感じがNBOXらしさだと思ってたけど、なんでホンダは丸くなりたがる
この車に関してはデザインはマイチェンレベルに留めて中身改良のみで良かったと思うんだけどなぁ
ただしプレス工程は増やしてくれ、平面が多いからってプレス回数ケチるな


#9 匿名さん2017/07/18(Tue)09:00:36
♯4
グリーンハウスってなに?あんまり聞かない単語。
#10 匿名さん2017/07/18(Tue)11:14:36
※7
例外なのはワンダー~スポーツのシビックと先代フィットぐらいか?
#11 匿名さん2017/07/18(Tue)11:42:27
※9
簡単に言うと車室の上半分。ガラスで周囲が囲まれてる所から温室=グリーンハウスと。
#12 匿名さん2017/07/18(Tue)18:27:02
カスタムのデザインが大人しくすぎる
まあどうせマイナーチェンジでハデな外観にかわるんだろうけど
#13 匿名さん2017/07/21(Fri)15:20:17
イエロー/ブラックは無くなったのか。あれカッコいいと思ったんだけど。
#14 サーフィス2017/08/01(Tue)21:59:12
せめて全車マイルドハイブリッド車にした方が良いと思います。
#15 匿名さん2017/08/02(Wed)11:17:42
ハイブリット関連は各社の特許でガチガチ。
簡単に同じようなシステムは使えないからねえ。
#16 匿名さん2017/08/10(Thu)10:54:50
※11
ありがとう!勉強になった!
#17 匿名さん2017/08/12(Sat)11:39:30


名前(任意)
コメント
コメント投稿

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.