ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

アコード10代目モデルは4ドアクーペスタイル、スポーツセダン路線を強調

ホンダ・アコード北米仕様が2017年7月14日にフルモデルチェンジ発表となった。

(写真は新型アコード北米仕様)
アコード

アコードシリーズは本モデルで10代目となり、北米で需要が高い中型セダンのカテゴリで存在感を示してきた。今回のフルモデルチェンジでは、広い全幅と低く構えた全高により、スポーティなイメージを強化。近年のトレンドである4ドアクーペの要素が取り入れられたと考える。

アコード リアコンビネーションランプ アコード 北米仕様 ホンダ

新型アコード北米仕様は、1.5Lターボ、2.0Lターボ、2.0Lハイブリッドを用意

アコードと同じセグメントではトヨタ・カムリがフルモデルチェンジして間もない。カムリも北米で人気のある日系ブランド車であるが、キャビンスペースを大きく取ることで後席に余裕を持たせたボディスタイルが採用された。

アコードではむしろ上下方向にタイトさを感じさせるキャビンスペースが特徴的である。ルーフラインは後部をなだらかに傾斜させ、トランク部分の出っ張りは抑えられた。

アコード ホンダ アコード ホンダ

さらにフロントオーバーハングはFF車としてはかなり切り詰めたように見え、上級車の雰囲気を漂わせている。サイドからリアコンビネーションランプに繋がるキャラクターラインは、メルセデスベンツからの引用である感が否めない。フロントデザインはS660風のホンダ顔で、押し出し感は抑えられ近未来的なクールフェイスに仕上げられた。

アコード インテリア

新型アコード北米仕様に採用されるエンジンは、1.5L VTEC-TURBO(CVT)、2.0L VTEC-TURBO(10速AT)、2.0L SPORT HYBRID i-MMDの3種類となる。各排気量のVTEC-TURBO車には6速MTモデルも用意される。日本仕様は先代型同様にハイブリッド専用車となるかもしれない。2017年秋の北米発売がスケジュールされており、日本発売の時期は2018年が予想される。

関連するレポート

[ 2017/07/18 ]
#1 匿名さん2017/07/19(Wed)21:53:52
>日本発売の時期は2018年が予想される

ん?アコードって現行限りで日本から撤退するんじゃなかったの?
#2 匿名さん2017/07/19(Wed)22:34:05
なんかスタイリッシュになったね!
結構イケるんじゃないでしょうか。
#3 匿名さん2017/07/20(Thu)21:57:53
アコードの国内販売は再開するの?アメリカでの売上次第なのか?
2.0Lターボは10速ATやMT設定がある方が気になる。

#4 匿名さん2017/07/20(Thu)22:54:27
このアコードめちゃいい!
S660のデザインはアコードサイズになってやっとカッコよくなる
廃止とか2018年とか情報いろいろ
日本で売るかどうかは、まだ確定してないんだろね
シビックなんかよりアコード売れよ
#5 匿名さん2017/07/20(Thu)23:23:56
このデザイン、結構叩かれてるけど、個人的にはとても好きです。
新型シビックはやり過ぎでしょ。
#6 匿名さん2017/07/21(Fri)02:26:26
フロントグリル、変だよね。まだ、取り付けてない状態かな。それとも、ぶつけて外れたのか。いずれにしても、ダサい。テールランプのデザインもダサい。現行型のアコードのが良いエクステリアデザインですね。
#7 匿名さん2017/07/21(Fri)21:12:12
日本で発売されないかな。
かっこいいな。
#8 匿名さん2017/07/22(Sat)23:07:10
カムリほど攻めてないな。落ち着いたセダンらしいと言えば格好いいかな。
#9 匿名さん2017/07/23(Sun)07:15:34
カムリは攻めすぎて顔面崩壊してるよw
#10 ぺぺめめ2017/07/23(Sun)16:38:30
サイズはともかくデザインということであればなかなかいいと思う。かっこいいですね。カムリより上品でいい感じです。
#11 匿名さん2017/07/23(Sun)21:56:43
新型アコードのフロントグリル、変なデザインだな。センスなさすぎ。
新型カムリの実車を見たが、なかなかエクステリアデザイン良かったですよ。
まあ、ホンダ車は買う気にならないけどな。
#12 匿名さん2017/07/24(Mon)12:13:55
こんなとこにまでお疲れ様です!
#13 匿名さん2017/07/25(Tue)21:54:31
顔面崩壊ワロタ
#14 匿名さん2017/07/25(Tue)23:59:06
この顔はホンダの悪い癖だな。
この顔にピンときたら……と言われそうな使い回し。
ヴィゼル、S660と被っているでは無いか。
前回もエコ顔の使い回しして売れ行きダウンしたろ!
#15 匿名さん2017/07/26(Wed)05:09:24
ヴィゼルなんて車あったっけ?
落ち着けよ。
#16 匿名さん2017/08/25(Fri)00:43:52
フロントデザインの共通化は全メーカー同じ傾向じゃない?
ソリッドウイングフェイス、キーンルック、スピンドルグリル、シグネチャーウイングとかね

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.