car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

N BOX

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

投稿日:2017/03/02 更新日:

ホンダN-BOXがFMC、2代目モデルはキープコンセプト

ホンダの主力軽自動車のN-BOXが、2017年7月にフルモデルチェンジされる見込みとなっている。

(写真は現行N-BOX カスタム)
N-BOX カスタム

N-BOXはスーパートール軽ワゴンとも言われるカテゴリのモデル。軽自動車規格に収まりながらも広い室内空間が与えられており、登録車クラスからの乗り換え重要を上手く引き込むことができた。現在は軽自動車メーカー各社が力を入れて参入するカテゴリではあるが、元々はダイハツ・タントによって市場が開拓されてきた印象が強い。そんななか後発のN-BOXは、販売台数ではタントを凌ぐ成果を出した。

N-BOX カスタム リアコンビネーションランプ N BOX カスタム スライドドア

そして、販売5年半のタイミングでフルモデルチェンジを受け、N-BOXは2代目に切り替わることになる。

次期N-BOXは燃費性能の向上が課題、ホンダセンシング採用で商品力アップ

現行のN-BOXは既にモデル末期というわけであるが、販売台数は月販1万5千台規模を維持しており、2016年の車名別軽自動車販売台数でもトップの実績を誇る。こういった販売面での成功は次期型でも引き継いでいきたいはず。つまり、コンセプトは大きく変えられないことが予想される。その分、基本性能の向上が注目されることになるだろう。

(写真はダイハツ・タント)
タント

特に燃費性能については、タントが28.0km/L、ハイブリッド化したスズキ・スペーシアが32.0km/Lであるのに対し、N-BOXは25.6km/Lという状況。ここは大幅な改良を期待したいところだ。

(写真はスズキ・スペーシア カスタムZ)
spacia-custom-z-premium

この他に次期N-BOXでは、安全運転支援システムのホンダセンシングが軽自動車で初採用されるということで、商品力を上げてくる。

#1 匿名さん2017/03/03(Fri)18:56:23
燃費さえ良ければ1位獲れるとは限らない一例でしょうか。
#2 匿名さん2017/03/03(Fri)21:47:45
前作はターボ技術でハイトワゴンであることを感じさせない加速感が良かったな〜。次もキープコンセプトなんだろうが、燃費と加速の両立って難しいだろう…
#3 匿名さん2017/03/04(Sat)09:13:03
キープコンセプトで失敗例
オデッセイ
ステップワゴン
#4 匿名さん2017/03/04(Sat)16:08:09
結局、自社の登録車を食っているだけなんだよな。
#5 匿名さん2017/03/05(Sun)08:09:18
ホンダ車はメンテナンス性が悪い(耐久性も含め)維持費もかかる
#6 匿名さん2017/03/05(Sun)12:44:23
それより、+や/ の発生車のテコ入れが大事だろ?
バモスもロングにしたら、アクティはアップなんてな(;_;)
#7 匿名さん2017/03/05(Sun)17:13:24
初代フィットから二代目フィットになった時ぐらいの劇的なチェンジをすると思われる。

名前(任意)
コメント