N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

ホンダN-BOXがFMC、2代目モデルはキープコンセプト

ホンダの主力軽自動車のN-BOXが、2017年7月にフルモデルチェンジされる見込みとなっている。

(写真は現行N-BOX カスタム)
N-BOX カスタム

N-BOXはスーパートール軽ワゴンとも言われるカテゴリのモデル。軽自動車規格に収まりながらも広い室内空間が与えられており、登録車クラスからの乗り換え重要を上手く引き込むことができた。現在は軽自動車メーカー各社が力を入れて参入するカテゴリではあるが、元々はダイハツ・タントによって市場が開拓されてきた印象が強い。そんななか後発のN-BOXは、販売台数ではタントを凌ぐ成果を出した。

N-BOX カスタム リアコンビネーションランプ N BOX カスタム スライドドア

そして、販売5年半のタイミングでフルモデルチェンジを受け、N-BOXは2代目に切り替わることになる。

次期N-BOXは燃費性能の向上が課題、ホンダセンシング採用で商品力アップ

現行のN-BOXは既にモデル末期というわけであるが、販売台数は月販1万5千台規模を維持しており、2016年の車名別軽自動車販売台数でもトップの実績を誇る。こういった販売面での成功は次期型でも引き継いでいきたいはず。つまり、コンセプトは大きく変えられないことが予想される。その分、基本性能の向上が注目されることになるだろう。

(写真はダイハツ・タント)
タント

特に燃費性能については、タントが28.0km/L、ハイブリッド化したスズキ・スペーシアが32.0km/Lであるのに対し、N-BOXは25.6km/Lという状況。ここは大幅な改良を期待したいところだ。

(写真はスズキ・スペーシア カスタムZ)
spacia-custom-z-premium

この他に次期N-BOXでは、安全運転支援システムのホンダセンシングが軽自動車で初採用されるということで、商品力を上げてくる。

関連するレポート

[ 2017/03/02 ]
#1 匿名さん2017/03/03(Fri)18:56:23
燃費さえ良ければ1位獲れるとは限らない一例でしょうか。
#2 匿名さん2017/03/03(Fri)21:47:45
前作はターボ技術でハイトワゴンであることを感じさせない加速感が良かったな〜。次もキープコンセプトなんだろうが、燃費と加速の両立って難しいだろう…
#3 匿名さん2017/03/04(Sat)09:13:03
キープコンセプトで失敗例
オデッセイ
ステップワゴン
#4 匿名さん2017/03/04(Sat)16:08:09
結局、自社の登録車を食っているだけなんだよな。
#5 匿名さん2017/03/05(Sun)08:09:18
ホンダ車はメンテナンス性が悪い(耐久性も含め)維持費もかかる
#6 匿名さん2017/03/05(Sun)12:44:23
それより、+や/ の発生車のテコ入れが大事だろ?
バモスもロングにしたら、アクティはアップなんてな(;_;)
#7 匿名さん2017/03/05(Sun)17:13:24
初代フィットから二代目フィットになった時ぐらいの劇的なチェンジをすると思われる。

名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.