car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フィットSUVは11月発売が濃厚、1.5Lハイブリッド搭載のHR-V後継車

フィットSUVは11月発売、東京モーターショー2013にも出展

ホンダでは新型フィットの9月発売に向けての準備が進められている。既に新型フィットのエクステリア画像が公開され、ハイブリッドモデルのJC08モード燃費が36.4km/Lに達することが発表された。さらに、この新型フィットはSUVスタイルの派生車も計画されており、この発売日は2013年12月ということであった。これが11月発売に早まることが日経新聞によって報じられた。
やはり、11月に開催される東京モーターショーに間に合うようにスケジューリングされたようである。
(写真はフィットSUVの前身とされるURBAN SUV CONCEPT)
フィットSUV URBAN SUV CONCEPT

フィットSUVは新型フィットと同タイプのハイブリッドエンジンを搭載

この新型フィットがベースのコンパクトSUVは、フィットSUVとして呼ばれることが多いが、正式名称は未定。新型フィットと多くのパーツが共通となる。過去のホンダ車の中ではHR-VがコンパクトSUVとしてラインアップしていたが、このHR-Vの後継車という側面もある。
FIT SUV アーバンSUVコンセプト
フィットSUVはハイブリッドエンジン搭載モデルがラインアップする見込みで、新型フィットと同じ新開発システムが採用される。ホンダが新開発した小型車向けのハイブリッドエンジンは、従来型の1.3Lから新型では1.5Lへと排気量がアップしており、車体重量増となるSUVボディにも対応できる。
(2013年9月発売予定の新型フィット)
フィットHYBRID 2013
フィットSUVは新型フィットと同じく、操業開始したばかりの埼玉製作所寄居工場において生産される。最新鋭の設備が導入された同工場は、これまでにない高い生産効率により大幅なコストダウンが可能となった。次期フィットハイブリッドに高価なリチウムイオンバッテリーが採用できるのも、その効果の現れではないかと考える。もちろんフィットSUVハイブリッドもリチウムイオンバッテリーが搭載されることになるだろう。
(埼玉製作所寄居工場)
ホンダ寄居工場

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント