新型アコードハイブリッドが予想を裏切る好受注、発売後1ヶ月で7000台以上

アコードハイブリッドの販売が好調、ホンダは増産対応

アコードハイブリッドが先月2013年6月21日に発売された。ホンダ初の2モーター式ハイブリッドシステムの採用ということでJC08モード燃費は30.0km/Lを達成し、ミドルクラスセダンの中ではダントツの燃費性能となっている。そして、このアコードハイブリッドの売れ行きが予想以上に好調のようだ。
アコードハイブリッドEX
ホンダはアコードハイブリッドの月間販売台数として1000台を設定していたが、発売一ヶ月後にあたる7月21日の受注台数が7000台以上となっていたことを発表した。納期も遅くなるようで、5ヶ月待ちということ。納期については今後改善されることが予想されるが、単純に今注文すれば納車は年内ギリギリというタイミングである。とりあえずの増産対応は月産1500台に満たないペースに留まっており、ハイブリッド関連パーツの供給問題でこれ以上の増産はすぐには対応できないようである。
アコードハイブリッド i-mmd
アコードハイブリッド 2013

アコードハイブリッドの好受注は続くのか?

新型アコードハイブリッドについて、自動車リサーチではあまり多くの台数は売れないのではと感じていた。というのは、ライバル車のトヨタ・カムリハイブリッドに対して燃費性能は大きく勝るものの価格競争力という意味では弱いと考えたからだ。365万円スタートのアコードハイブリッドに対し、カムリハイブリッドは304万円からという価格設定である。
(写真はアコードハイブリッドのトランクルーム)
アコードハイブリッド トランク1
また、アコードハイブリッドはトランク容量が劣るという弱点もあり、アコードハイブリッドが398Lでゴルフバック3個、対しカムリハイブリッドが440Lでゴルフバック4個を積載できる。
アコードハイブリッド インテリア

これら弱点がありながらも、ひとまず好調な滑り出しとなった新型アコードハイブリッドであるが、課題はハイブリッドシステムの生産能力増強にあると考える。ホンダの2モーター式ハイブリッドは始まったばかり。アコードハイブリッドの納期の件だけでなく、今後はステップワゴンなど2.0Lクラス車種のハイブリッド化が計画されており、これを実現するためにもハイブリッドシステムの増産は必要である。

関連するレポート

[ 2013/07/28 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

RVRにプラグインハイブリッドが追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.