ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

フィット後期モデルはフェイスリフトとホンダセンシングの採用が目玉

ホンダではフィットのマイナーモデルチェンジに向けた準備が進められている。その発売日は2017年6月下旬となる。

(写真は新型フィットハイブリッド)
フィット マイナーモデルチェンジ

2013年に発売された現行フィットは、販売期間4年のタイミングで後期型に切り替わることになる。フェイスリフトが実施され、前期型のエコイメージから後期型ではややスポーティ路線にシフトされる。バンパーライン下のエアインテーク周辺に見られる新たな装飾により、アグレッシヴなイメージが付加される。

フィット 後期型

装備面では安全運転支援システムのホンダセンシングが採用される。衝突軽減ブレーキ、クルーズコントロールのほか、歩行者事故低減ステアリングや車線維持支援システムといった操舵補助が加わる。

後期型フィット、1.0Lターボは見送り、パワートレインは従来型キャリーオーバー

パワートレインについては、基本的には現行型からのキャリーオーバーとなる。1.5Lハイブリッド、1.3Lガソリン、1.5Lガソリン、RSを主軸とするラインアップに変わりはなし。後期型フィットは、1.0L VTEC-TURBO搭載モデルが追加されると期待されていたが、これは実現されそうにない。欧州シビックで採用実績がある1.0L VTEC-TURBOはなかなか普及が進まない状況となっている。

(写真は1.0L VTEC-TURBO)
シビックVTEC-TURBO 1.0

また1.5L VTEC-TURBOについては、ジェイドやステップワゴンで搭載実績があるが、いずれも販売が芳しくない。ステップワゴンハイブリッドが今秋に発売される見込みとなっており、このクラスもターボよりもハイブリッドを主軸としていく計画なのだろう。

(写真は1.5L VTEC-TURBO)
シビックVTEC-TURBO 1.5

スポーツエンジンの2.0L VTEC-TURBOは別として、燃費重視型の1.0Lと1.5LのVTEC-TURBOについてはハイブリッドが席巻するなかでは存在価値を見い出せない状況である。さらなるブラッシュアップが必要だろう。

関連するレポート

[ 2017/05/15 ]
#1 a2017/05/15(Mon)22:35:56
不人気車にターボ突っ込んで売れませ~んって、アホだわホンダ
普通にフィットRSやヴェゼルRSに採用すべきだろうに
1.5ターボがあればもっと売れたであろうCR-Z終了はすごい悲しかった
このエンジンに関してはめっちゃ怒ってるわ、私
#2 匿名さん2017/05/15(Mon)23:53:04
今のホンダには、かつてあったような、「オンリーワン」そう、小排気量ハイパワーVTECエンジン1.3L 130PSくらいの、どうして出さないのかな。

これこそ、ホンダっていうのが、もうないよね。
#3 とら2017/05/16(Tue)14:53:43
コンパクトカーを求める客なら税金が安い方がいいだろうと思うけど、ターボはやっぱりイメージの問題だろうかねぇ……。
#4 匿名さん2017/05/17(Wed)00:14:33
前回のリコールの連発は大きかった…
アクアの発表もあって、焦っていたのだろうが、結果がお粗末だったな〜
そろそろVTECに代わる新技術が欲しいね〜。
40年以上前の発明だっけ…逆に現在も続くって凄いな…
#5 匿名さん2017/05/17(Wed)11:16:17
ダウンサウジングターボって言うだけで
普通のエンジンとの違いとか燃費やら
税金やらの説明が足りない。
売る気ならしっかり広告が必要ですね
#6 ホンダファン2017/05/21(Sun)22:24:51
現行フィットはリコールのイメージが強く販売回復は難しいと思う…
次期モデルに期待しましょう…
#7 匿名さん2017/06/01(Thu)23:56:40
かたくなに1.5ターボを載せなかったりデザインだったり
ホンダはトヨタ以上に保守的な会社だと思う

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.