新型CX-60、直列6気筒ガソリン/ディーゼル エンジン車は遅れて導入【マツダ最新情報】

CX-60
CX-60 Europe 016

新型CX-60 欧州仕様

新型CX-60が欧州向けに発表された。

ただし、期待されていた直列6気筒エンジンについては、初期モデルには用意されず、後追いで発売される見込みとなっている。

新型CX-60に搭載される直列6気筒パワートレイン

新型CX-60を含むマツダのラージ商品群のパワートレインについては、2.5L 直4プラグインハイブリッド、3.0L 直6ガソリンマイルドハイブリッド、3.3L 直6ディーゼルマイルドハイブリッドの3種類が用意される見込み。

CX-60 Europe 023

新型CX-60 欧州仕様

また、2列シート装備の新型CX-60に対し、3列シート装備のクロスオーバーSUVとして新型CX-80の発売も後に控えており、その発売時期は2023年頃までとしていた。

新型CX-60はラージアーキテクチャを採用、FRレイアウト

マツダは次世代商品を2つの共通プラットフォームにより開発を進めている。一つはFFベースのスモールアーキテクチャで、これまでMAZDA3、CX-30、MX-30といったモデルが既に市販化されてきた。

MX-30

MX-30

そしてもう一つのプラットフォームはラージアーキテクチャで、エンジン縦置きのFRレイアウトとなる。

SKYACTIV-G 48V HYBRID

直列6気筒、SKYACTIV-G 48V HYBRID(ラージアーキテクチャ)

ラージアーキテクチャのクロスオーバーSUVとしてのボディタイプは2種類が設定され、2列シートの「CX-60」と、3列シートの「CX-80」が開発中となっており、これらは日本発売も予定されている。

SKYACTIV-D 48V HYBRID

直列6気筒、SKYACTIV-D 48V HYBRID(ラージアーキテクチャ)

またワイドボディバージョンとして、それぞれに「CX-70」と「CX-80」が用意されるが、これらは日本発売されない見込みとなっている。

マツダ、2022年以降導入予定クロスオーバーSUV一覧

【ラージ商品群】

  • CX-60 (2列シート)欧州、日本、他
  • CX-70 (ワイドボディ2列シート)北米、他
  • CX-80 (3列シート)欧州、日本、他
  • CX-90 (ワイドボディ3列シート)北米、他

【スモール商品群】

  • CX-50 米国
タイトルとURLをコピーしました