car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アルファロメオ・ジュリア クアドリフォリオが大阪モーターショー出品

アルファロメオ ジュリア、今秋発売の新型車が登場

開催中の大阪モーターショーでは新型ジュリア日本仕様が出品され注目を集めた。

(写真は新型ジュリア クアドリフォリオ)
ジュリア

出品されたのは、新型ジュリアのなかでも最上級となるクアドリフォリオ。アルミニウム製の2.9L V6ツインターボエンジン搭載で、そのスペックは510ps、最大トルクは600Nmとなる。このモンスターエンジンによるパフォーマンスは、0-100km/h加速が3.9秒、最高速度が307km/hとなる。

ジュリア シート ジュリア リアシート

新型ジュリアはドイツ系プレミアムブランドに対抗するFRセダン

アルファロメオとしては久しぶりのFRベースの新型車ということで、その存在感はラインアップのなかでも抜群。エクステリアではフロントオーバーハングの短さが効いており、クールなスポーツセダンとして引き締まった印象である。フロントデザインは、逆三角形の縦型グリルからボンネットに伸びるキャラクターラインによって、アルファロメオらしさが主張される。

ジュリア 大阪モーターショー2017 ジュリア インテリア

フロントリアの重量配分は50:50を実現。グレードラインアップと車両価格もメルセデスベンツ・Cクラスに直接対抗する内容で挑戦的だ。他、BMW・3シリーズ、アウディ・A4といった従来のドイツ車ユーザーからの引き抜きを明確に意図したものとなっている。

ジュリア フロントグリル

クアドリフォリオにはアクティブエアロスプリッターがフロント下部に装備される。時速100kmで自動的に作動する可動式カーボンファイバースポイラーによって最適なダウンフォースが得られる。

ジュリア リアコンビネーションランプ ジュリア トランク

トランクルームはクラス最大の開口部となり、ゴルフバッグの出し入れがしやすい。

#1 匿名さん2017/12/10(Sun)15:34:46
やっぱり、運転して楽しいクルマ、美しいクルマがいいわ
周りの目を気にすることなく、自分が乗りたいクルマに乗るのがベスト
#2 匿名さん2017/12/10(Sun)16:23:13
ジュリアを買うならクアドリフォリオにしたいところだが・・・
11,320,000円の価格がネック
せめて本体価格で600万以下(現在のヴェローチェなみ)にして貰えないと購入は厳しいな

時代は変わったな
セダンは今やクーペと同等の「スポーティさ」がウリなんだな
#3 匿名さん2017/12/10(Sun)19:06:06
だね。
今や6気筒は高嶺の花
#4 匿名さん2017/12/11(Mon)00:28:54
ミニバンやSUVの台頭で、セダンはスペース効率を追求する必要がなくなったのは大きい
おかげで、各社からミドルクラスのFRセダンが復活している状況
#5 匿名さん2017/12/11(Mon)10:18:36
欧州Dセグメントでの後輪駆動ベースのセダンまとめ
・アルファロメオジュリア
・メルセデスベンツCクラスセダン
・BMW3シリーズセダン
・ジャガーXE
・キャデラックATSセダン
・レクサスIS
・インフィニティQ50(日本市場のみ、日産スカイライン)

日本の2車が、あらゆる意味で劣勢と感じるのは気のせいではない
#6 匿名さん2017/12/12(Tue)09:39:32
経営の面では良いのかもしれないけど、
「魅力的な車」という点では、価格や利便性や燃費ばかり重視している国産が遅れているのは事実だと思います。
#7 匿名さん2017/12/13(Wed)10:38:04
他国に比べて、家屋が狭い日本は、
せめてクルマだけでも「室内が広い」タイプを選ぶそうだ
また、横並び思考の強い国民性から、「人と違う行動」も
自粛する傾向があるという
(隣がミニバンだから、ウチもミニバンにしようか)
このような理由から、国民の大半が似たようなデザインの
ミニバン・軽ばかり売れるということになる

確かにイオンモールの駐車場は、同じような形・無彩色のクルマ
ばかりが並んでいる
個人主義が強い外国人からすれば、奇異に感じる光景だろう

あと少し、ジュリアのような美しいクルマが増えてくると良いのだが
#8 匿名さん2017/12/14(Thu)07:36:42
半額なら欲しい
最近、クルマの価格が高すぎる・・・
#9 匿名さん2018/01/29(Mon)18:27:48
アルファはどんなデザインを実施しても批判されることはない

アキュラを批判する輩は、これを見ろ

一周回って、美しいデザイン
#10 匿名さん2018/02/07(Wed)23:37:04
大好きなデザイン。
好き嫌いが分かれるフロントデザインのはずだが、誰も何も言わない。
正直、現行プリウスとそんなに変わらないと思うのだが・・・

プリウスは叩かれ、ジュリアは賞賛される
なぜ?
#11 匿名さん2018/02/08(Thu)11:54:10
もし「プリウスと変わらない」という考えが大勢を占めるようになったら‥
1つの時代が終わったんだな と思う。
#12 ひとつの時代が終わったw2018/02/08(Thu)12:15:14
ヤフコメで「ひとつの時代が終わった」とコメントすると上位に配置されるそうだ
クソ定型文コメントの典型

何か新しい「旬」や「ブーム」が始まったから、その「時代」は終わるんだと思う
その「旬」や「ブーム」について来れないなら、そこまで
終了
#13 匿名さん2018/02/08(Thu)14:20:59
で、何が言いたいのかわからない 笑
#14 匿名さん2018/02/08(Thu)14:29:51
※13
なお、読解力が
#15 匿名さん2018/02/08(Thu)15:23:42
国産車もイタリア人デザイナーを引き抜けばいい!というのは安直か(笑)
#16 匿名さん2018/02/08(Thu)15:39:44
それはヒュンダイがよくやる手段です
おかげで、最近のヒュンダイ、キアのカッコいいこと
#17 匿名さん2018/02/08(Thu)21:08:22
イタリア人デザイナー?
そんなもん昔からの常套手段だろ
日系エンブレムがついた途端、評論家も一般もクソミソ言う
海外ブランド信仰w
#18 匿名さん2018/02/08(Thu)21:42:44
ジュリアのエンジンルーム、見た目もグッドルッキング
#19 匿名さん2018/02/09(Fri)10:13:03
MITO、ジュリエッタ、ジュリア、4C、どれもカッコ良いね~
知人のMITOを運転させてもらえる機会があったんだけど、運転してて楽しいクルマだった。
サイズも日本の道路にピッタリだし。たぶん燃費はかなりアレだけど・・

更に、今年、日本市場にも投入される「ステルビオ」にも期待。
ニュルで「SUV最速ラップ」を記録したそうだ。
SUVのフォルムで、なんでそこまでするの?と聞かれても、
「アルファ」だから、で納得してしまう1台。
600万以上ならとても買えない。値段設定が気になる。
#20 匿名さん2018/03/05(Mon)15:22:14
イタ車だけ別格扱い

名前(任意)
コメント

過去記事(2017/09/07)

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

新型ジュリア発売、最上級クアドリフォリオは2.9L V6ターボ搭載で1132万円

FCAジャパンからアルファロメオ新型ジュリアが2017年9月6日に日本発表された。10月14日の発売日がスケジュールされており、以下4つのグレードが用意される。

(写真はアルファロメオ新型ジュリア クアドリフォリオ)
アルファロメオジャパン ジュリア

まずは446万円に設定されたエントリーモデル「ジュリア」は、直4 2.0L ツインターボエンジンの搭載で最高出力200ps、最大トルク33.7kgmのパフォーマンスとなる。そして同パワートレインながらも充実装備のラグジュアリーグレード、「ジュリア スーパー」が543万円の設定となる。

アルファロメオ ジュリア 日本仕様

さらに上級の「ジュリア ヴェローチェ」は前述と同排気量ユニットながらもハイパフォーマンス4WD仕様となっており、最高出力280ps、最大トルク40.8kgmとなる。左ハンドル車のみが用意され597万円の値付け。

(写真は欧州仕様ジュリア クアドリフォリオ)
アルファロメオ ジュリア フランクフルトモーターショー2015 ジュリア フロントグリル

最上級は2.9L V6 ツインターボ搭載の「ジュリア クアドリフォリオ」で最高出力510ps、最大トルク61.2kgm。車両価格は1132万円となる。

アルファロメオ ジュリア シート ジュリア リアシート

日本仕様のトランスミッションは全て8速ATとなる。駆動方式は「ジュリア ヴェローチェ」を除き、FRとなる。

アルファロメオ ジュリア インテリア ジュリア アルファロメオ

アルファロメオ・ジュリアはDセグメント欧州プレミアムセダンの市場で存在感を示せるか

新型ジュリアのボディサイズは全長4645mm×全幅1865mm×全高1435mm、ホイールベースは2820mmとなる。メルセデス・Cクラス、BMW・3シリーズ、アウディ・A4が先行して開拓してきたプレミアムDセグメントセダンのマーケットに参戦することになる。

アルファロメオ ジュリア 発売 ジュリア リアコンビネーションランプ

これまでのアルファロメオのブランドイメージからすれば、Cクラスを選択してきたようなユーザーを振り向かせるには、ラグジュアリーやコンフォートさにおいてミスマッチがあるかもしれない。プレミアムスポーツのイメージが強い3シリーズやA4がより直接的なライバルとなるのではないか。

残念ながら、今秋の東京モーターショー2017には、FCAジャパンが参加表明を出しておらず、アルファロメオを含めたフィアット、アバルト、クライスラー、ジープの各ブランドは出品しない見込みとなっている。ただし、2018年までに日本国内のアルファロメオ正規店舗数を60にまで増やす計画としており、日本市場での躍進には意欲的。新型SUVのステルヴィオについても1年以内の日本発売が約束された。

過去記事(2017/06/29)

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

新型ジュリアが日本発売、プレミアムDセグメントに新たな選択肢

新型ジュリアは、アルファロメオがフラグシップFRスポーツセダンとして2015年に欧州市場に向けて発売したモデルである。欧州から2年遅れとはなるが、2017年内の日本発売がFCAジャパンより告知された。

(写真は新型ジュリア欧州仕様、フランクフルトモーターショー2015)
アルファロメオ ジュリア フランクフルトモーターショー2015

新型ジュリアは、アルファロメオブランドの特に米国市場での躍進を大きく意識したモデルと考える。メルセデスベンツ・Cクラス、BMW・3シリーズ、AUDI・A4らと肩をならべるプレミアムDセグメントセダンに属し、日本市場においてもこれらドイツ系プレミアムブランドに対するもう一つの選択肢として存在感を示すことになる。

ジュリア アルファロメオ ジュリア リアコンビネーションランプ

新型ジュリアのエンジンは2種類、280hp 2.0L 直噴ターボ、505hp V6 2.9L ツインターボ

新型ジュリア米国仕様のエンジンラインナップは2種類が用意される。標準グレードは直4 2.0L 直噴ターボエンジンが搭載され、そのスペックは最高出力が280hp、最大トルクが306lb-ft。車両価格は3万7995ドルからに設定される。Cクラス米国仕様のボトムラインであるC300をベンチマークとして相当意識したことが窺えるが、C300のエンジンスペックは241hp/273lb-ftとなっており、ジュリアはこれを上回るパフォーマンスが与えられている。

ジュリア フロントグリル アルファロメオ ジュリア インテリア
そして、ハイパフォーマンス版のジュリア クアドリフォリオでは最高出力505hp、最大トルク443lb-ftのV6 2.9L ツインターボエンジンの搭載で7万2000ドルに設定される。これもやはりCクラスのハイエンドモデルであるAMG C63 Sを意識したものだろう。AMG C63 SはV8 4.0L ツインターボ搭載で503hp/516lb-ft、特に車両価格は7万2800ドルとかなり近い。エンジンサイズはAMG C63 Sの方が大きいが、ジュリアはニュルブルクリンク北コースにおいてセダン最速を達成しており、むしろコンパクトなエンジンがメリットとして効いているようだ。

アルファロメオ ジュリア シート ジュリア リアシート

ジュリア日本仕様の車両価格はこれから発表を待つことになる。やはりCクラスに準じたものとなれば、販売面での成功も期待できそうである。

過去記事(2015/09/25)

アルファロメオ新型ジュリアが欧州発売、クアドリフォリオは1000万円超

アルファロメオ・ジュリアが復活、トップグレードは510hpのV6 2.9Lターボを搭載

アルファロメオ・ジュリアが開催中のフランクフルトモーターショー2015に出展された。

(写真は新型ジュリア)
アルファロメオ ジュリア 発売

新型ジュリアは2015年6月にミラノ国際博覧会にてワールドプレミアされたモデル。今回はモーターショーデビューということでより多くのファンに公開されることになった。

ジュリア リアコンビネーションランプ ジュリア アルファロメオ

新型ジュリアはギブリと共通のFRプラットフォーム採用、4WDモデルもラインアップ

車名のジュリアは1978年以来の復活採用となる。プラットフォームはマセラティ・ギブリと共通化されている。

アルファロメオ ジュリア インテリア アルファロメオ ジュリア シート

トップグレードとなるクアドリフォリオは、オールアルミ製のV6 2.9Lのガソリンターボエンジンを搭載。最高出力510hp、最大トルク600Nmのスペックで、0-100km/h加速は3.9秒、最高速度は307km/hといったパフォーマンスを誇る。チューニングは元フェラーリのエンジニアによって行われ、フィアットグループが総力を挙げた開発によって完成された。

ジュリア リアシート

新型ジュリアの駆動方式はFRと4WDがそれぞれ設定される。アルファロメオブランドでFRモデルがラインアップされるのは、1992年まで販売された75以来となる。

ジュリア フロントグリル アルファロメオ ジュリア フランクフルトモーターショー2015

アルファロメオ新型ジュリア クアドリフォリオの車両価格は7万9000ユーロ(日本円換算約1066万円)からに設定される。さらに9万5000ユーロの最上級スポーツモデルも設定される他、ガソリンおよびディーゼルの直4エンジン搭載モデルもラインアップされる。

(写真はメルセデスAMG C63 S)
AMG C63 S

欧州ブランドではBMW・M3やメルセデスベンツ・AMG C63といったプレミアムスポーツセダンが対抗モデルとなってくる。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先