新型【ZR-V】特別仕様車いつ?2024年夏発売予定【BLACK STYLE】早くも予約スタート、消費税込み車両本体価格 3,841,200~4,347,200円【ホンダSUV最新情報】

ZR-V

4231012-zr-v-001h

ホンダ・ZR-V 特別仕様車 「BLACK STYLE」が2024年夏に発売される。消費税込み車両本体価格は3,841,200~4,347,200円で、先行受注が2023年10月12日より開始された。

かなり気の早い段取りのように思えるが、ZR-Vの2023年10月5日時点の工場出荷時期目処として、ガソリン車が半年以上、e:HEVが1年程度と発表されている。特別仕様車を設定するにも、早い段階からオーダーを受付しなければ実現が難しそう。

2024年、ホンダのSUVラインアップでは、新型WR-Vの日本発売、ヴェゼルのマイナーチェンジが控えている。これらより先に、国内向けフラッグシップSUVのZR-Vに特別仕様車が発表され、商品力が強化された。

4231012-zr-v-011h

新型ZR-V 特別仕様車 BLACK STYLEでは、ブラックがアクセントとして使用され、スポーティーでスタイリッシュな内外装に仕上げられる。

4231012-zr-v-003h

また、e: HEV X BLACK STYLEでは、Honda CONNECTディスプレーと運転席/助手席シートヒーターなどの人気の機能が標準装備される。

4231012-zr-v-009h

エクステリアには、バンパーガーニッシュ、バンパーコーナープロテクター、ホイールアーチプロテクター、サイドシルガーニッシュにクリスタルブラック・パールの塗装が施され、ベルリナブラックのアルミホイールが採用される。

4231012-zr-v-012h

また、インテリアはブラック・ルーフライニングとされ、シックな室内空間が提供された。

新型「ZR-V」の<まとめ>は、次のページ

特別仕様車「BLACK STYLE」の主な装備内容

BLACK STYLE専用エクステリア

  • バンパーガーニッシュ(クリスタルブラック・パール)
  • バンパーコーナープロテクター(クリスタルブラック・パール)
  • ホイールアーチプロテクター(クリスタルブラック・パール)
  • サイドシルガーニッシュ(クリスタルブラック・パール)

その他の装備

  • 電動格納式リモコンドアミラー(クリスタルブラック・パール)
  • アウタードアハンドル(クリスタルブラック・パール)
  • リアバンパーロア―ガーニッシュ(アバンギャルドグレー・メタリック)
  • ブラック・ルーフライニング
  • 18インチアルミホイール(ベルリナブラック)

e:HEV X BLACK STYLE に標準装備

  • Honda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器
  • ワイヤレス充電器
  • マルチビューカメラシステム
  • 運転席/助手席シートヒーター

e:HEV Z BLACK STYLEに標準装備

  • リア左右席シートヒーター

特別仕様車「BLACK STYLE」 価格

  駆動方式 消費税込み車両本体価格
e:HEV X 特別仕様車 BLACK STYLE FF 3,841,200円
4WD 4,039,200円
e:HEV Z 特別仕様車 BLACK STYLE FF 4,149,200円
4WD 4,347,200円

新型「ZR-V」の<まとめ>は、次のページ

新型ZR-V 発売 2023年4月

zr-v-50

新型ZR-V

ホンダは新型SUV「ZR-V」を2023年4月21日に正式発売した。

当初予定は2022年秋の発売ということであったが、大幅に延期されていた。予約受付は2022年9月8日から開始しており、すでに3万台以上の受注がある。

zr-v-001

新型ZR-V 日本仕様

新型ZR-Vは、11代目新型シビックがベースで、ヴェゼルとCR-Vの間に位置するSUVモデルとなる。1.5リッターターボと2リッターハイブリッド(e:HEV)がラインアップされ、消費税込み車両本体価格は293万2600円から410万3000円となる。

zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-09

ZR-V e:HEV SPORTS ACCESSORY CONCEPT

グレードはXとZの2つが用意され、それぞれにe:HEVとターボ、FFと4WDが設定される。上級グレード「e:HEV Z」が、初期受注の約8割を占めている。

zr-v-mugen-custom-concept-21

ZR-V MUGEN CONCEPT

雪道での走行性能を向上させる「SNOW」モードが全車に設定される。さらに、4WDには新開発の「リアルタイムAWD」が採用される。これにより、様々な路面状況でも安定した走行が可能となる。

新型ZR-Vは、SUVのコア価値である「実用性」と、最新の安全装備と衝突安全性能が生み出す「信頼感」に加え、異彩を放つ存在感のある「デザイン」、そして爽快かつ快適な「走り」を高い次元で兼ね備えることを目指して開発された。

zr-v-017

新型「ZR-V」の<まとめ><価格リスト>は、次のページ

新型ZR-Vの価格について

新型ZR-Vの消費税込み車両本体価格は、1.5L ガソリンターボエンジン搭載車(FF)が、2,932,600円~3,532,100円に設定された。販売の中心となってくる、2.0L e:HEV搭載車(FF)は、3,282,400円~3,883,000円で用意される。

いずれのモデルもプラス22万円で4WD車が設定される。

新型ZR-Vは、シビックと共通プラットフォームで開発されたSUV派生車種という見方ができる。そういった意味では、新型ZR-Vの価格帯はシビックよりも高くなることが予想された。(シビックはFFモデルのみのラインアップで、ガソリン 3,190,000円~3,539,800円、e:HEV 3,940,200円)

しかし、新型ZR-Vのほうが価格は安く設定されており、人気車種となることが予想される。

新型「ZR-V」の<まとめ><価格リスト>は、次のページ

新型ZR-Vは日本独特デザイン、バーチカルグリル採用(先行展示会 画像)

2022年8月に東京、大阪、名古屋の三大都市で先行展示会が実施された。

新型ZR-V 先行展示会画像&動画(2022年8月13日 大阪)

新型ZR-Vのフロントグリルは、日本仕様専用の独自デザインとなるバーチカルグリルが採用される。

zr-v-012

国内ブランドのSUVとしては珍しいグリルデザインではあるが、ピアノブラック塗装により上品に仕上げられているせいか嫌味は感じない。ただし、メッキ塗装バージョンも存在するとすれば、かなりの威圧感となりそう。

zr-v-014

10.25インチの液晶メーターパネルはシビックからの流用が予想される。ステアリングヒーターも装備されるようだ。

zr-v-007

エアコン吹き出し口とハザードボタンが備わるラインには、ハニカムメッシュで装飾される。

zr-v-008

センターコンソールには、ワイヤレス給電のQiが装備される。そして、シビックのe:HEVモデル同様に、スイッチ式シフトが採用される。続いて「DRIVE MODE」の切り替えレバー、ヒルディセントコントロール、電動パーキングブレーキ、オートホールドのスイッチが配置される。

センターコンソール下段の小物入れは運転席側と助手席側で貫通している。運転席側にはUSB TYPE-Aが1ポート、助手席側にはUSB TYPE-Cが1ポート備わる。

zr-v-009

さらに後席にはUSB TYPE-Aが2ポート設置される。

zr-v-018

2台の新型ZR-V展示車両はいずれも「e:HEV」モデルとなる。基本的には、シビックのパワートレインが流用されるが、SUVということでシビックには無かったe:HEVの4WD車も用意される。また、排気部分に関しては、新型ZR-Vでは独自デザインが採用されている。

zr-v-006

タイヤはブリヂストン/ALENZA 225/55R 18インチが履かされる。

zr-v-001 zr-v-010 zr-v-011 zr-v-012 zr-v-013 zr-v-015 zr-v-014 zr-v-004 zr-v-003 zr-v-002 zr-v-006 zr-v-005 zr-v-007 zr-v-017 zr-v-008 zr-v-018

ZR-V日本仕様は、縦桟グリルを採用、2022年9月8日より先行予約開始

新型ZR-V 日本仕様のエクステリアデザインが公開された。新型ZR-Vは、ボディの大部分が米国仕様HR-Vと共通化される。しかし、特にグリルデザインについては日本仕様専用の縦桟(バーチカルグリル)タイプとなることが判明した。

zr-v-05 zr-v-04 zr-v-03 zr-v-02 zr-v-01

バーチカルグリルのクロスオーバーSUVと言えば、マセラティの両モデルを思い出させる。

maserati-grecale

マセラティ GRECALE

maserati-levante

マセラティ LEVANTE

コンパクトなグレカーレのグリルと、横長ヘッドランプのレヴァンテを足し合わせたようなイメージに近いか。

zr-v-hr-v-05

HR-V 米国仕様

米国仕様HR-Vのフロントグリルで採用された、大柄のハニカムメッシュパターンも非常に斬新なものであったが、日本仕様ZR-Vもかなり注目を集める顔付きとなった。

新型ZR-Vは2WD/4WDあり、2.0Lハイブリッドのe:HEVと1.5Lターボを搭載

新型ZR-V 日本仕様に搭載されるパワートレインについて。

ハイブリッドは2.0L e:HEVの採用となる。また、低価格なコンベンショナルエンジンモデルとして、1.5L VTEC TURBO搭載車もラインアップされる。

駆動方式としては、ハイブリッド、1.5Lターボともに2WD/4WDからの選択が可能となる。

また、シビックの1.5L VTEC TURBOは燃料がハイオク指定であった。新型ZR-Vでは1.5Lターボとハイブリッドのいずれもレギュラーガソリン仕様となった。

日本発売される新型ZR-Vは、米国新型HR-Vと共通ボディ

国内向け新型「ZR-V」は、米国新型「HR-V」と車体の大部分が共通化される見込み。米国HR-Vについては、2022年6月に発売され、メーカー希望小売価格は$24,895~$28,950(日本円換算 約337~392万円)に設定されている。

従来から「HR-V」というモデルネームは、2006年まで国内販売されたコンパクトSUVのほか、現在もヴェゼルの海外仕様車の名称として使われている。しかし、米国でフルモデルチェンジ発表された新型HR-Vの2023年モデルは、ヴェゼルとは全く異なるエクステリアデザインと、一回り大きいボディが与えられた。

ZR-Vの商標登録

ホンダは2020年10月に日本国特許庁に「ZR-V」の商標を出願していたが拒絶されており、一時は査定不服審判中となっていた。その後、商標登録され発売に至った。

ZR-Vは、生産終了となるCR-Vを実質的に後継する

ホンダの国内向けSUVラインアップは、これまでコンパクトSUVの「VEZEL」、中型SUVの「CR-V」が販売されてきた。前者のVEZELは2021年にフルモデルチェンジを受けて2代目モデルが登場してからまだ日が浅く、もちろんこれからも販売継続される。

後者のCR-Vについては2022年8月に生産終了となった。ただし、ミドルクラスSUVということで北米では需要が多く、新型6代目CR-Vがフルモデルチェンジ発売された。この新型CR-Vの日本仕様はFCEVモデルのみが発売予告されており、ガソリン車やハイブリッド車は日本発売されない可能性がある。

cr-v

新型CR-V(北米)

つまり、ホンダの国内向けラインアップでは、5代目CR-Vの後継モデルとしての役割も担うことになる。

新型ZR-Vと従来型CR-Vのボディサイズを比較

ZR-Vのボディサイズは、先行販売される米国HR-Vの仕様によれば以下の通りとなる。また従来型CR-Vと比較すると、ボディサイズが近くなるのがわかる。ただし、ZR-Vのほうが全高が低く、居住空間はややタイトながらもスタイリッシュとなる。

米国HR-V(国内向け新型ZR-V)のボディサイズ

  • ホイールベース 104.5インチ(換算2,654mm)
  • 全長 179.8インチ(換算4,567mm)
  • 全幅 72.4インチ(換算1,839mm)
  • 全高 63.4~63.8インチ(換算1,610~1,621mm)

従来型5代目CR-Vのボディサイズ

  • ホイールベース 2,660mm
  • 全長 4,605mm
  • 全幅 1,855mm
  • 全高 1,680~1,690mm

新型ZR-Vはシビックのプラットフォームがベース、エンジンも共通化

新型ZR-Vはシビックのプラットフォームがベースとなっている。

civic

シビック

米国HR-Vでは、2.0L NAエンジンが搭載された。国内向けZR-Vのエンジンラインアップとしては、1.5Lターボと2.0L e:HEVの2種類が発表された。これらはやはりシビックからの流用となるだろう。先に発表されたZR-V中国仕様については、1.5Lターボの採用となっている。また欧州でも販売される見込みであるが、やはりCO2排出量規制のなかではe:HEVの搭載となるだろう。

一方で駆動方式については、シビックは2WDのみの設定であった。SUVモデルであるZR-Vには、e:HEVと1.5Lターボともに4WDの設定があることが発表された。

新型ZR-Vの価格帯は、ヴェゼルやカローラクロスよりワンクラス上

新型ZR-Vは国内ブランドのSUVラインアップの中でどういったポジションとなるのか。現在販売中のヴェゼルは、トヨタ・カローラクロスとほぼ同じ価格帯でラインアップされており、これらは実質的に直接競合する車種となっている。

VEZEL Modulo X CONCEPT 001

VEZEL Modulo X CONCEPT

後から出してくる新型ZR-Vは、これらより一段上の価格帯を狙ってくることになり、ゆとりのある居住性とハイレベルな走行性能を備えて差別化されることになりそうだ。

新型「ZR-V」の<まとめ><価格リスト>は、次のページ

 

新型ZR-V 日本発売 まとめ、価格リスト

まとめ更新日: 2023/10/12

  • ホンダは新型SUV「ZR-V」を2023年4月21日に正式発売
  • 特別仕様車「BLACK STYLE」が2024年夏に発売予定、2023年10月12日より先行予約受付中
  • 新型ZR-Vは11代目新型シビックがベース、ヴェゼルとCR-Vの間のSUVモデル
  • 1.5リッターターボと2リッターハイブリッド(e:HEV)がラインアップ
  • グレードはXとZの2つ、それぞれにe:HEVとターボ、FFと4WDが設定
  • 上級グレード「e:HEV Z」が約8割の受注を占める
  • 4WDは新開発の「リアルタイムAWD」を採用
  • 全車に「SNOW」モードを設定

新型ZR-V 日本仕様 価格表

グレード エンジン 駆動方式 WLTCモード燃費(km/L) 消費税込み車両本体価格(円)
X 1.5Lターボ FF 14.6 2,932,600
4WD 13.9 3,152,600
Z FF 14.5 3,532,100
4WD 13.9 3,752,100
e:HEV X 2.0L e:HEV FF 22.1 3,282,400
4WD 21.7 3,502,400
e:HEV Z FF 22.0 3,883,000
4WD 21.5 4,103,000

新型ZR-V 画像 2023年1月

zr-v-01 zr-v-17 zr-v-23 zr-v-32 zr-v-34 zr-v-36 zr-v-45 zr-v-50 zr-v-51 zr-v-56 zr-v-14 zr-v-55 zr-v-54 zr-v-53 zr-v-52 zr-v-49 zr-v-48 zr-v-47 zr-v-46 zr-v-44 zr-v-43 zr-v-42 zr-v-41 zr-v-40 zr-v-39 zr-v-38 zr-v-37 zr-v-35 zr-v-33 zr-v-31 zr-v-30 zr-v-29 zr-v-28 zr-v-27 zr-v-26 zr-v-25 zr-v-24 zr-v-22 zr-v-21 zr-v-20 zr-v-19 zr-v-18 zr-v-16 zr-v-15 zr-v-13 zr-v-12 zr-v-11 zr-v-10 zr-v-09 zr-v-08 zr-v-07 zr-v-06 zr-v-05 zr-v-04 zr-v-03 zr-v-02

ZR-V e:HEV SPORTS ACCESSORY CONCEPT 画像 東京オートサロン/大阪オートメッセ 2023

zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-01 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-28 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-12 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-09 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-08 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-29 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-27 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-26 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-25 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-24 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-23 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-22 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-21 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-20 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-19 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-18 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-17 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-16 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-15 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-14 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-13 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-11 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-10 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-07 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-06 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-05 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-04 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-03 zr-v-e-hev-sports-accessory-concept-02

ZR-V e:HEV 画像 東京オートサロン2023

zr-v-ehev-07 zr-v-ehev-08 zr-v-ehev-06 zr-v-ehev-05 zr-v-ehev-04 zr-v-ehev-03 zr-v-ehev-02 zr-v-ehev-01

ZR-V MUGEN CONCEPT 画像 東京オートサロン/大阪オートメッセ 2023

zr-v-mugen-custom-concept-46 zr-v-mugen-custom-concept-45 zr-v-mugen-custom-concept-44  zr-v-mugen-custom-concept-42 zr-v-mugen-custom-concept-41 zr-v-mugen-custom-concept-40 zr-v-mugen-custom-concept-39 zr-v-mugen-custom-concept-38 zr-v-mugen-custom-concept-37 zr-v-mugen-custom-concept-36 zr-v-mugen-custom-concept-35 zr-v-mugen-custom-concept-34 zr-v-mugen-custom-concept-33 zr-v-mugen-custom-concept-32 zr-v-mugen-custom-concept-31 zr-v-mugen-custom-concept-30 zr-v-mugen-custom-concept-29 zr-v-mugen-custom-concept-28 zr-v-mugen-custom-concept-27 zr-v-mugen-custom-concept-26 zr-v-mugen-custom-concept-25 zr-v-mugen-custom-concept-24 zr-v-mugen-custom-concept-23 zr-v-mugen-custom-concept-22 zr-v-mugen-custom-concept-21 zr-v-mugen-custom-concept-20 zr-v-mugen-custom-concept-19 zr-v-mugen-custom-concept-18 zr-v-mugen-custom-concept-17 zr-v-mugen-custom-concept-16 zr-v-mugen-custom-concept-15 zr-v-mugen-custom-concept-14 zr-v-mugen-custom-concept-13 zr-v-mugen-custom-concept-12 zr-v-mugen-custom-concept-11 zr-v-mugen-custom-concept-10 zr-v-mugen-custom-concept-09 zr-v-mugen-custom-concept-08 zr-v-mugen-custom-concept-07 zr-v-mugen-custom-concept-06 zr-v-mugen-custom-concept-05 zr-v-mugen-custom-concept-04 zr-v-mugen-custom-concept-03 zr-v-mugen-custom-concept-02 zr-v-mugen-custom-concept-01 zr-v-mugen-custom-concept-43

新型ZR-V プレスリリース引用

ZR-Vの主な特長

ZR-Vの開発コンセプトは「異彩解放」。ドライバーがクルマを自在に操ることで自信と余裕を持ち、自分らしさを解放して新たな行動を起こしてほしい、という想いを込めています。

パッケージング

  • ヒールポイントからヒップポイントの高低差を小さくすることで、クルマとの一体感を高めたドライビングポジションを実現しました。
  • 運転のしやすさに寄与する爽快な視界を徹底追及しました。視線移動時の、「流れを乱さない」、「流れを切らない」、「挙動変化をつかみやすくする」という3つをポイントに、自車の向きや車両感覚を把握しやすい基調線をクルマの内外に用いるなど、運転のしやすさにつながる工夫を施しています。
  • 美しさと使い勝手を両立させた多彩な収納スペースを用意し、お客様のさまざまなニーズに応えられるユーティリティーを確保しました。荷室空間については限りなくフラットに近くするとともに、サイドに波形の幾何学模様を施したデジタル造形デザインを国内Honda車として初採用し、統一感のある「デザイン性」と傷が目立ちにくい「機能性」を兼ね備えた造形としています。また、パワーテールゲートを全タイプ標準装備としています。

デザイン

  • エクステリアは、フロントからリアにかけてボリューム豊かで滑らかな面が特徴の流麗なプロポーションとしました。
  • フロントは、周囲の形状と連続性を持たせたバーチカル(垂直)グリルと、横長でシャープなヘッドライトにより、上質さと凛々しさを表現しています。
  • リアは、ボディの下まわりにボリュームを持たせつつ、上に向かってなめらかに絞り込むことでワイドトレッドを強調した造形となっています。
  • インテリアは、左右に伸びやかに広がるインストルメントパネルを採用。細部にわたる部品の仕立ても機能的で緻密な仕上げとし、造形の美しさを際立たせることで、上質な室内空間を目指しました。また、運転席と助手席の間に配置したハイデッキセンターコンソールにより、各乗員に適度なパーソナル感も提供しています。

ダイナミクス

  • お客様に一番感じていただきたい価値として「自在に操る自信と余裕」を最上位に置き、ドライバーの意思がそのままクルマの挙動に直結しているような一体感のある走りを目指しました。不要なクルマの動きやノイズを徹底的に抑え、路面を常に捉える高い接地性を確保し、安心感を提供します。

パワートレーン

  • ハイブリッドモデルには、CIVIC e:HEVで新開発した2.0L直噴エンジンと2モーター内蔵電気式CVTの「スポーツe:HEV」をSUVに初搭載。ハードと制御ソフトの両面で進化させることによって、従来のe:HEVに対して燃費、排出ガスクリーン性能、静粛性を向上させるとともに、V6 3.0Lエンジンに匹敵するモーターならではの力強い加速を実現しました。市街地から郊外、高速道路、ワインディングなど、さまざまなシーンにおいて、上質で爽快な走りを提供します。
  • ガソリンモデルには、1.5L直噴VTEC TURBOエンジン+CVTを採用。2.4Lエンジンに匹敵する低速トルクがもたらす力強い加速と、高回転までよどみなくパワーが増大するリニアな出力特性を実現しています。
  • ハイブリッドモデル・ガソリンモデルともに、リアルタイムAWDを全タイプに設定。前後駆動力配分の最適化によりタイヤがしっかり路面を捉えることで、雪上など滑りやすい路面でも安心して走行できることを目指しました。また、積雪した坂道での発進時も、後輪駆動力を増大させたことにより、安心感のある発進・加速が可能です。
  • ドライブシーンによって選択が可能な「SPORTモード(ガソリンモデルのXを除く全タイプに設定)」、「NORMALモード」、「ECONモード」、「SNOWモード」の4つのドライブモードを搭載。国内Honda SUV初採用となる「SNOWモード」は、アクセルペダルの踏み込みに対する駆動力を抑えることで、雪道など滑りやすい路面においてもスムーズな発進・加速をサポートします。

安心・安全領域

Honda SENSING

安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の最新機能を装備。フロントワイドビューカメラは、約100度の有効水平画角を持つ広角カメラと高速画像処理チップにより、衝突軽減ブレーキ(CMBS)などにおける対象物の検知精度を高めています。また、前後バンパーに4カ所ずつ設けられたソナーセンサーは、近距離における外壁やガラスなどを高い精度で検知し、踏み間違いなどによる誤発進の抑制や衝突の回避に貢献しています。さらにリアバンパーに内蔵されたレーダーで、車両の後側方25m以内に接近する車両を検知し、斜め後ろにいるクルマの存在をドアミラーのインジケーターで知らせる、ブラインドスポットインフォメーションを標準装備しています

  1. 衝突軽減ブレーキ<CMBS>
  2. 誤発進抑制機能
  3. 後方誤発進抑制機能
  4. 近距離衝突軽減ブレーキ
  5. 歩行者事故低減ステアリング
  6. 路外逸脱抑制機能
  7. 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール<ACC>
  8. 車線維持支援システム<LKAS>
  9. トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
  10. 先行車発進お知らせ機能
  11. 標識認識機能
  12. オートハイビーム
  13. アダプティブドライビングビーム
  14. ブラインドスポットインフォメーション
  15. パーキングセンサーシステム
  16. 後退出庫サポート

ヒルディセントコントロール(HDC)

滑りやすい急な下り坂や荒れた急勾配な道でも設定した速度を自動でキープ。ドライバーはステアリング操作に集中することができます。

充実の装備

BOSEプレミアムサウンドシステム

ZR-Vの室内環境に合わせBOSE(ボーズ)社と共同開発した12スピーカー搭載のプレミアムサウンドシステムを採用。スピーカーの位置を感じさせない包まれるようなサラウンド体験や、走行状況の変化に影響されにくい快適なリスニング空間により、まるでコンサート会場にいるような臨場感を全席で味わえます。

新型ZR-V(米国新型HR-V)画像 2022年 米国発表

zr-v-usa-hr-v-01 zr-v-usa-hr-v-sport-25 zr-v-usa-hr-v-sport-24 zr-v-usa-hr-v-sport-23 zr-v-usa-hr-v-sport-22 zr-v-usa-hr-v-sport-21 zr-v-usa-hr-v-sport-20 zr-v-usa-hr-v-sport-19 zr-v-usa-hr-v-sport-18 zr-v-usa-hr-v-sport-17 zr-v-usa-hr-v-sport-16 zr-v-usa-hr-v-sport-15 zr-v-usa-hr-v-sport-14 zr-v-usa-hr-v-sport-13 zr-v-usa-hr-v-sport-12 zr-v-usa-hr-v-sport-11 zr-v-usa-hr-v-sport-10 zr-v-usa-hr-v-sport-09 zr-v-usa-hr-v-sport-08 zr-v-usa-hr-v-sport-07 zr-v-usa-hr-v-sport-06 zr-v-usa-hr-v-sport-05 zr-v-usa-hr-v-sport-04 zr-v-usa-hr-v-sport-03 zr-v-usa-hr-v-sport-02 zr-v-usa-hr-v-sport-01 zr-v-usa-hr-v-ex-l-22 zr-v-usa-hr-v-ex-l-21 zr-v-usa-hr-v-ex-l-20 zr-v-usa-hr-v-ex-l-19 zr-v-usa-hr-v-ex-l-18 zr-v-usa-hr-v-ex-l-17 zr-v-usa-hr-v-ex-l-16 zr-v-usa-hr-v-ex-l-15 zr-v-usa-hr-v-ex-l-14 zr-v-usa-hr-v-ex-l-13 zr-v-usa-hr-v-ex-l-12 zr-v-usa-hr-v-ex-l-11 zr-v-usa-hr-v-ex-l-10 zr-v-usa-hr-v-ex-l-09 zr-v-usa-hr-v-ex-l-08 zr-v-usa-hr-v-ex-l-07 zr-v-usa-hr-v-ex-l-06 zr-v-usa-hr-v-ex-l-05 zr-v-usa-hr-v-ex-l-04 zr-v-usa-hr-v-ex-l-03 zr-v-usa-hr-v-ex-l-02 zr-v-usa-hr-v-ex-l-01 zr-v-usa-hr-v-05 zr-v-usa-hr-v-04 zr-v-usa-hr-v-03 zr-v-usa-hr-v-02

zr-v-hr-v-08

zr-v-hr-v-09

zr-v-hr-v-05

zr-v-hr-v-03

米国HR-V(新型ZR-V)内装画像(先行公開)

zr-v-hr-v-06 zr-v-hr-v-04 zr-v-hr-v-02 zr-v-hr-v-01

タイトルとURLをコピーしました