スズキ【新型アルト】フルモデルチェンジ発売日2021年12月22日、車両価格ハイブリッド車約109.8万円~、ガソリン車約94.4万円~

アルト

スズキ・アルトがフルモデルチェンジを受けて、2021年12月22日に発売日を迎える。

スズキ新型アルト

新型アルト

アルトシリーズは、初代モデルが1979年5月に発売。その後42年間、8代にも及ぶ販売が続けられてきた。今回、発売される新型で9代目モデルとなる。

アルト ハイブリッドX

新型アルト ハイブリッドX

新型アルトからは、いよいよハイブリッドシステムが導入される。その仕様は、R06D型NAエンジンと、ISGのWA04C型モーターを使ったマイルドハイブリッドシステムとなっており、これまでハスラー、ワゴンRのNA車で採用されてきたものと同じ型式となる。燃費性能はWLTCモードで27.7km/Lを達成し、これは軽自動車で最高性能となった。

アルト A インパネ

アルト A (ガソリン車)

また、従来型アルトから引き続き、R06A型エンジンを搭載する通常ガソリンエンジン車もラインアップされる。これには、オルタネーターを使った減速エネルギー回収システムの「エネチャージ」が継続採用される。鉛バッテリーに加え、小型リチウムイオンバッテリーへの充電も行われるが、その電力の用途は電装品類にとどまり、駆動力には使われない。アイドリングストップ機構などの装備で必要発電量が増えるなか、エンジン出力による発電をなるべく減らすことで燃費性能を向上させるシステムとなる。燃費性能はWLTCモードで25.2km/Lを達成する。

アルト A インテリア

アルト A (ガソリン車)

また、トランスミッションは全車CVTとなり、先代モデルにあった5速AGSや5速MTは廃止となる。

アルト ハイブリッドX インパネ

アルト ハイブリッド X

装備面では「スズキ セーフティ サポート」と「6エアバッグ」が全車標準となる。これには夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートなども含まれる。

アルト ハイブリッド X インテリア

アルト ハイブリッド X

安全面では、ガラスエリアが拡大され、視界が向上している。

新型アルト、消費税込みメーカー希望小売価格

新型アルトの車両価格は、ガソリン車(FF)が943,800~998,800円に設定され、上位グレードも100万円未満に抑え込まれた。ハイブリッド車は1,097,800円からとなっている。

  駆動 WLTCモード燃費(km/L) 価格(円)
A(ガソリンNA) 2WD 25.2 943,800
4WD 23.5 1,075,800
L(ガソリンNA) 2WD 25.2 998,800
4WD 23.5 1,129,700
HYBRID S 2WD 27.7 1,097,800
4WD 25.7 1,228,700
HYBRID X 2WD 27.7 1,259,500
4WD 25.7 1,379,400

従来型アルトには廉価モデルとして、Fグレード 2WD(5MT/5AGS)の863,500円があった。エントリーモデル同士の新旧を比較すると、値上げ幅は約8万円となる。

アルト white

アルト A

新型エントリーモデルのAグレードにも安全装備などは標準化されている。ただし、ホイールキャップ無し、ドアハンドルは未塗装の樹脂ブラックなど、ビジネスカー並に簡略化された部分がある。商用車のアルトバンが2021年8月に販売終了となっていたが、これを引き継ぐグレードとみなすこともできるだろう。

新型アルトのボディサイズ

新型アルトのボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1525mmとなる。全長と全幅については、お決まりの軽自動車規格の最大値である。全高は従来型の1475mmからプラス50mmの拡大となり居住性は向上する。これによりボディスタイルは従来型のスポーティーで低く構えたイメージとは大きく変わる。多くのタワーパーキングで制限を受けない範囲で、なるべく乗客スペースを多く取る設計が採用された。

アルト L

アルト L

新型アルト、ハイブリッド化によるコストアップに見合うプレミアムなエクステリアデザイン

エクステリアはロールーフタイプのプレミアム軽として上手く纏まっている印象である。

新型アルト スズキ

新型アルト

台形横置きのヘッドランプデザインは、先代型からのキープコンセプトで一瞬ビッグマイナーチェンジなのかと見紛うほどだが、全くの新デザインになっている。主張が強かった先代型に対してアクが抜けており、アグレッシブなイメージは後退している。親しみやすい仕上がりとなったことで、より多くのユーザーから支持を得そうだ。

アルト ハイブリッド S

アルト ハイブリッド S

ハイブリッドモデルは左右ヘッドランプを繋ぐ、一文字のメッキガーニッシュがフロントデザインを引き締めている。

ルーフ別色の2トーン仕様も用意される。

新型アルト、ボディ骨格も変更有り、Aピラー傾斜角が立てられる

Aピラーの角度も先代型と新型で大きく異なっている。先代型では、Aピラー傾斜角を寝かせることで、空力特性の向上と室内から前方への開放感が演出されていた。

スズキ アルト

先代型アルト 8代目

新型アルトでは、昨今のデザイントレンドの従い、Aピラー傾斜角は立てられた。これにより運転席からの視界が向上するほか、余裕のあるヘッドクリアランスとキャビンの絶対容積を確保することで、窮屈なイメージのあったベーシック軽のデメリットを抑えている。

新型アルトのリアデザインはスモールカーらしい仕上がりに

新型アルトのリアスタイルはハスラーやK13マーチ風で、スモールカーらしく纏められた。先代型にあったホットハッチらしい特徴的な雰囲気は無くなっている。

新型アルトいよいよハイブリッド導入、スズキの電動化計画

スズキはこれまでISGを使ったマイルドハイブリッドを軽自動車の電動化に採用してきた。ベーシック軽自動車のアルトへのマイルドハイブリッド導入は、この新型9代目モデルが初となる。

他ブランドの軽自動車セグメントでは、日産が2022年春にEVを発売予定。さらにダイハツがシリーズ式ハイブリッドの導入を予告しているなど、マイルドハイブリッドの性能を超える電動化技術採用の動きがある。

IMkコンセプト

日産・IMkコンセプト

そんななか、スズキはの軽自動車EVを2025年までに発売することを予告した。EVパワートレインはダイハツとの共同開発が発表されていたから、ダイハツの軽自動車EVも同時期のデビューとなるだろう。

タイトルとURLをコピーしました