car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

フォルクスワーゲン新型クロスポロ発売、消費税込み車両価格275万円から

VWがクロスポロのマイナーモデルチェンジモデルを日本導入

フォルクスワーゲンは新型クロスポロを2014年11月6日に発売した。

(写真は新型クロスポロ、ジュネーブモーターショー2014)
クロスポロ

新しくなったクロスポロは今年3月に開催されたジュネーブモーターショー2014にてワールドプレミアされたモデルである。今回早くも日本市場での発売が実現された。

クロスポロは、ポロをベースにクロスオーバーSUVテイストの外観に仕上げられたモデルとなる。

新型クロスポロ VW crosspolo

新型クロスポロはアイドリングストップの装備などでJC08モード燃費21.9km/Lに

クロスポロのボディサイズは全長4000mm×全幅1710mm×全高1490mmと標準車のポロから少しだけ大きくなる。ポロでは5ナンバーサイズに収まっているが、クロスポロでは3ナンバーサイズとなる。これはエクステリアパーツの違いによるもので、ホイールベースは共通の2470mmのままである。

フォルクスワーゲン クロスポロ クロスポロ リアコンビネーションランプ

専用の17インチアルミホイールを装備。最低地上高は145mmとポロTSIコンフォートラインと比較して15mmだけ上げられている。

クロスポロに搭載されるパワートレインは1.2 TSIの直噴ターボエンジンで、トランスミッションは7速DSG。これらはポロTSIコンフォートラインに準ずるものとなる。

アイドリングストップシステムが標準装備されJC08モード燃費は21.9km/Lに向上される。

ボディカラーは、新色のハニーオレンジメタリックを筆頭に全5色展開される。

クロスポロ インテリア CROSS polo

ベース車のポロは今年の夏にマイナーモデルチェンジを受けて新型に切り替わっており、その派生モデルのクロスポロについても刷新が待たれる状況であった。新型クロスポロの消費税込み車両価格は275万円からに設定された。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2014/03/14)

フォルクスワーゲン・ポロ、4モデルがジュネーブモーターショー2014で一新

ポロ後期モデルがジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン(VW)は、スイスで開催中のジュネーブモーターショー2014で、ポロの大幅アップデートを初公開した。

(写真は新型ポロ)
新型ポロ

今回の改変はマイナーモデルチェンジに相当し、TSIブルーモーション、TDIブルーモーション、ブルーGTさらにクロスポロと4タイプが一堂に刷新される。2009年のデビューから5年目ということで、後期モデルとしてのリニューアルとなった。

VW ポロ

ポロ後期モデルは燃費性能を中心にテコ入れ、エクステリアはプレミアム感を増す

ポロ TSIブルーモーションでは、新開発の3気筒1.0Lのガソリンターボエンジンが新たに加わる。小排気量ながらも最高出力90psを発生。燃費性能は欧州複合モードで24.4km/Lを達成する。日本でも導入が開始されれば、こちらが一番人気のグレードとなりそうだ。エクステリアではグリルの横桟にアクセントが置かれ、コンパクトでも力強くプレミアムな雰囲気を感じさせるフロントデザインとなった。

フォルクスワーゲン ポロ

ポロ TDIブルーモーションについても新開発エンジンとして、1.2Lの3気筒エンジンを採用。欧州複合モードで32.3km/Lという数値は、5人乗りディーゼルエンジン車としては世界最高となる。

(写真は新型ポロ ブルーGT)
ポロ ブルーGT

ブルーGTは燃費性能こそ従来モデルと変わらないが、最高出力は140psから+10psアップの150psへと引き上げられた。

(写真は新型クロスポロ)
クロスポロ 新型クロスポロ

CROSS polo クロスポロ インテリア
また派生SUVのクロスポロについてもリアコンビネーションランプ、ホイールデザイン、インテリアなどに小変更が加えられた。
フォルクスワーゲン クロスポロ VW crosspolo

過去記事(2011/08/14)

フォルクスワーゲン窓落ちのDIY修理ゴルフ、ポロ

定番故障、VW窓落ちを自分で修理

窓落ち部品
フォルクスワーゲン車は、このプラスチックの部品が割れて窓落ちします。
プラスチック製の部品が劣化して割れるのが直接的な原因だが、日本の暑さでグリスが溶け落ちて無理な力が加わったのもあるかもしれない。
ゴルフVの世代からは金属製の部品に変更し、窓落ちトラブルは激減しているようです。
窓落ち修理費用は3万~5万円。無理に動かしてモーターが焼けた場合はさらに高額な修理代となります。
古い車に、これだけの修理代を出すのも馬鹿馬鹿しいので、次の車までの繋ぎとしての自分で修理をしてみます。
この修理をすると窓は閉まったままの状態で開かなくなります。あくまで簡易修理なので。

角材の加工

vw-window-part1 vw-window-part2 vw-window-part2
角材を使って下から落ちた窓ガラスを支えます。
長さは63.5cmですが、斜めにして窓ガラスを支えるので多少の誤差は問題ないです。
窓ガラスの底辺と角材がずれないように切れ込みを入れる加工が肝です。

ドア内張り剥がし方

写真は6N前期ポロ(6NAHS)
ゴルフ、パサート、ニュービートルなど他のVW車種の窓落ちでも、ほぼ同じように応用が利くはず。
まずドアの内張りをはがします。
vw-6nahs-window-uchibari
プラスチックのドアロックピンを回して外します。
前方の三角形のプラスチックを引っこ抜く。(ネジ止めは無し)
ドアノブの割れ目にマイナスドライバーを差し込んではずすと、プラスネジが2本見えるのでこれを外します。
後は力でパキパキと引っ張って外します。
vw-6nahs-window-uchibari2
ミラーリモコンの配線があるのでこれも外します。
スピーカーもネジ5本と配線を外して取り出します。
ドアを開けるノブは外さないほうがいいと思います。取り付けがかなり困難なので。
内張りのスポンジはぐるぐると巻いてガムテープで固定しておきます。
vw-6nahs-polo-window
ガムテープでガラスを仮止め。

角材で落ちた窓を支える

polo-6nahs-window 6nahs-polo-window-repair
あらかじめ角材に切れ込みを入れておき、窓落ちしたガラスの底辺に合わせます。
針金を使って角材を右方向にテンションを掛けます。
テンションを掛けやすい位置にドリルで角材に穴を開けます。
角材の上端はガラスに付けられている金具にひっかかり、角材は右側に倒れません。

過去記事(2011/04/09)

ポロ新型5代目6R型(VW)の口コミ評価

新型ポロTSIコンフォートラインはDSG&TSIエンジン搭載

燃費が良くなった

かつてのドイツ車は日本車に比べ、燃費の悪さがネックだった。
環境意識の高まりから、近年のVWは燃費性能を重視するクルマづくりをするようになり、ドイツ車が燃費が悪いという傾向がなくなりつつある。
特に、6Rポロに関しては小排気量ターボエンジンとDSGトランスミッションを採用し、日本車を凌ぐ実燃費性能を持っている。

1.2LのTSIエンジン

ポロはこれまでエンジン排気量を小さくするモデルチェンジを行ってきた。
6Nポロでは1.6L、9Nポロの1.4L、そして新型の6Rポロでは1.2Lとなっている。
6Rに関してはポロでは初めての採用となるTSI(Turbo Sparked Injection)が装備されている。
小排気量化によるトルク不足を補うために、ターボチャージャーを搭載している。
1.2L TSIエンジンのユーザーからの評価は高い。4人乗車でもしっかり坂道を登る。

7速DSGトランスミッション搭載

6RポロではトランスミッションにDSG(Direct-Shift Gearbox)を採用している。
DSGとは従来のMTとATのいいとこ取りのようなトランスミッションで、使い勝手と燃費特性の良さを両立させている。

実燃費

新型6Rポロのユーザーによる実燃費レポートは街乗りで12~14km/L、高速で18~21km/Lぐらいの報告が多い。
国産コンパクトカーと比較しても、それらを上回る実燃費を記録している。
特に高速巡航での燃費の伸びは、DSGの効率の高いトランスミッションが数値に表れている。

polo-6r-spec6Rポロ

Polo TSI Comfortline 213万円は高いか?

ポロ・コンフォートラインの車体価格が213万円であることについて考えてみた。
まず足回りやボディ剛性感は少なくとも約170万円のFIT RSに相当すると考える。
実燃費はポロの方がいい数字を出すはずだ。
納車から廃車まで乗り潰したとして、差額はざっくり10万円とする。
安全装備については、FITにサイドエアバッグ、カーテンエアバッグを付けると8.5万円程度の差になる。
VWのエントリー車種でも、やはり輸入車だけあって、日本車と比較すれば出費は20万円ぐらいの割高になると考えて良いだろう。
乗り心地はポロの方がいいが、213万円あれば日本車ならCセグメント車も十分買える価格だ。
Cセグメントの日本車とポロの乗り心地を比較すれば、具体的な車種による判断が必要だが、大まかに言えば同等がポロが少し劣ると感じる。

日本車よりは間違いなく高い

ポロは輸入車だけに関税分+αの贅沢料とも言える出費は必要になる。
車を単なる移動の道具として考えるなら、許しがたい出費になる。
しかし、洋服や髪型のように、車を身に付けるものの一つとして考えるなら、価値のある出費とも言える。

ポロは全輸入車の中では最もお買い得感のある車種であることは間違いない。
車の信頼性に関しては、VWは決して故障しにくいメーカーではないが、プジョーやアルファロメオにくらべて、修理できる工場が多いのはメリット。
メンテナンス費用さえ惜しまなければ、日本車に近い感覚で安心して乗れる。
ポロは街中にあふれた日本車コンパクトカーではつまらない、というユーザーには丁度いい選択と言える。

過去記事(2010/12/27)

ポロ(ABA-9NBJX)Polo GTI vs フィット(DBA-GE9)Fit RS 比較評価

コンパクトカーのスポーツ仕様の2台、フォルクスワーゲン VW Polo GTI CUP editionとホンダ HONDA フィット RSを比較研究してみた。どちらもノーマルバージョンに対して、エンジンの排気量アップ、タイヤのインチアップなどのほか外観にもスポーティーさをプラスしたもので、トランスミッションは5MTとなっている。

とことんスポーツを追及したいならVWポロGTIカップエディション

フィットRSより100万高い polo GTI CUP edition であるが、それに相応しい存在感、スポーティーな雰囲気がある。
限定200台の特別仕様であり、色も赤と黒の2色のみとなる。レースカーのデザインテイストがいい。

インチアップしたタイヤは17インチ

ハンドリングのよさは確実にいい。意のままに操れる感覚があり、高速コーナーも不安感がない。
タイヤ剛性が上がっている反面、振動をよく拾い荒れた路面では気になる場面もある。

エンジンは1.8Lのターボ

ノーマル車では1.4LのNAなのに対し大幅なグレードアップがはかられた。
1.5LフィットRSに対しても動力性能面ではおおきなアドバンテージとなっている。
ただし、スポーツな加速感を味わうには適正なシフトダウンが必要が出てくる。
エンジン形式はBJX、直列4気筒DOHCターボで1780ccであり最大150psの出力となっている。

運転の楽しさフィーリング

ポロの5MTのシフトフィーリングは個人的には非常に心地よい。
シフトのノブの形状もよく、クラッチの重さも渋滞でも苦にならない。
エンジン音は聴かせるタイプで、エンジンの爆発がはっきり聴こえるのがスポーティーさを演出している。
スポーティーさとコンパクトさを兼ね備えた運転の楽しさがある。
ただし、惜しいのは、リアのローター径が小さいことである。当然、実用では十分すぎるぐらいの性能があるが、ドレスアップ的な要素としてはもう一声欲しいところである。

スポーツ性に加え実用性、経済性も兼ね備えたフィットRS

実際fitは積載能力も高く、このクラスでトップクラスの燃費性能もある。
スポーツさもほどほどで、女性が乗っても不満が出ない乗り心地がポロに対して優れた点とも言える。
ノーマル車は街じゅうで見かけるのがエクステリア面での特別感を喪失させている。

エンジンは1.5LのNA

ノーマル仕様の1.5LエンジンのL15A直列4気筒SOHCと同じである。
ノーマルとの違いはインチアップした足回りと、トランスミッションの違い、そしてスポーティーな外観である。

ポロとのドライブフィーリングの違い

乗り心地はポロに対してしなやかである。
パワフルなエンジンに引っ張られる感じのPOLO GTI に対し、転がり抵抗が少なく加速が乗る感じで出足は軽い。
エンジンの回転フィールがよく、ふけ上がりもスムーズでホンダの得意分野であることがわかる。
ハンドリングもグリップ感がしっかりありよい。ポロの方が路面のインフォメーションをしっかり伝える傾向がある。
また、シフトストロークのフィールはポロの方がよい。

どちらも貴重なマニュアルトランスミッション車

実際、この2台で悩むとすれば、金銭的な問題である。poloはFitに対し100万高い価格設定であり、今後のメンテナンス費用も二割増ぐらいに考えなければならない。